スポンサー

V-Ray for Unreal update3 がリリース!Chaos Cloudのサポートや3dsMaxと連携強化など、大幅値下げも

プラグイン

chaosgroupは6月24日(現地時間)、V-Ray for Unreal update 3 をリリースしました。

V-Ray for Unreal

V-Ray for Unrealを使用すると、リアルタイムとレイトレーシングの両方の長所を手に入れることができます。 V-Rayシーンをリアルタイムにしたり、レイトレースされた画像を Unreal から直接レンダリングします。以下特徴の一部の紹介です。

マテリアルとライトのスマートな変換

3ds Max、Maya、SketchUp、Rhino の V-Ray シーンを Unreal エディタに直接取り込むことができ、シーンをインポートすると、マテリアルとライトを UE ワークフロー用のリアルタイムの同じものに自動的に変換します。

Unreal Engineで直接、フォトリアリスティック レンダリングを実現

V-Ray for Unrealでレンダリングすると、V-Rayで知られるフォトリアリスティックな品質を得ることができます。V-Ray は、GPU と CPU の能力をフルに活用して、超高速のレイトレーシングを実現します。

バーチャルリアリティ

インポートしたV-Ray シーンはUnreal Editor の VR 機能をフルに活用できます。V-Ray for Unreal によって、高品質で没入感のある VR を素早く簡単に作成することができます。

詳しい機能の確認はこちらから

V-Ray for Unreal ,update 3

このアップデートでは、Unreal Engine に Chaos Could が追加され、ボタンをクリックするだけで簡単にプロジェクトをレンダリングしてベイクできるようになりました。3ds Max からのプロジェクトの持ち込みがより簡単になり、Sun & Sky、メッシュ ライト、ランドスケープなど、Unreal の最新機能の一部をサポートしています。

新機能
Chaos Cloud

高速でシンプルなクラウドレンダリングとライトベイクを、Unreal Engine から直接行うことができます。シーンのライセンス取得やアップロードから、仮想マシンへのジョブの分散まで、Chaos Cloud がすべてを自動的に処理します。

3DS MAXからの自動データ作成

新しいスクリプトを使用すると、3ds Max のデータを簡単に変換することができます。オブジェクトを自動的にアンラップし、マテリアルを最適化するので、すぐにインポートして Unreal Engine で使用することができます。

最新の技術とシームレスに連携

SUBSTANCE サポート:SubstanceとV-Rayで作成したお気に入りのテクスチャを追加することができます。

UNREAL SUN & SKY:V-Ray は、Unreal の Sun & Sky にさらなるリアリズムを追加しました。さまざまな時間軸で、自然光と影がデザインに与える影響を探り、視覚化することができます。

MESH LIGHT:新しいメッシュライトサポートにより、あらゆる物体を効率的な光源に変えることができます。

ランドスケープ(部分的サポート):V-Rayでは、異なるマテリアル、斜面、高さなど、様々な地形をレンダリングできるようになりました。*制限事項 – ランドスケープ特有のマテリアル表現はサポートされていません。

ワークフローの改善

CRYPTOMATTE(クリプトマット)

オブジェクトまたはマテリアルベースのマスクを自動的に生成して保存します。ポストプロダクションでオブジェクトを正確に選択する必要がある場合に最適です。

V-RAY STANDALONE BAKING

V-Ray Standaloneでライトベイクすることで、コンピュータのメモリを解放します。Unreal Engineから.vrsceneをエクスポートし、それを開いてV-Ray Standaloneでベイクします。

ライトマップ アトラスのロード

以前にレンダリングしたライトマップアトラスをロードして、ワークフローをスピードアップ。別々のイメージファイルにライティングをキャッシュして後で再利用したり、前回のアトラスから以前のベイク処理を再開したり、レベルの一部だけをベイクしたり、インポート前にライトマップを修正したりすることもできます。

価格とシステム要件

年間サブスクリプションの価格が 470ドル/年 から 219ドル/年 に値下げされています。

V-Ray for Unreal Update 3は、V-Ray for 3ds Max、Maya、Rhino、SketchUpおよびUnreal Engine 4.23.1以降と互換性があります。

サブスクリプションライセンスにみで、価格は月額80ドル/月、または219ドル/年です。

リリースノートの確認はこちらから

V-Ray for Unreal プロダクトページへ

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました