スポンサー

VUE、PlantFactory、PlantCatalog R5がリリース!40%オフのサマープロモセールも開催

CGソフト

e-on Softwareは6月23日(現地時間)、自然な3D環境の作成、アニメーション、レンダリング、統合のためのソリューション VUE と植物を作成する PlantFactory、植物モデルライブラリ PlantCatalog の最新アップデートであるR5バージョンをリリースしました。

このリリースはレンダリングの改善に重点が置かれ、これまでの四半期ごとのリリースの中でも最も充実した内容となっているということです。

VUE

大幅に改善された変位(displacement)

R5では、変位が大幅に改善され、メモリ消費量も少なくより高速に動作し、より良い変位ジオメトリが生成されます。

マテリアルエディタには 【no subdivision】、【dynamic subdivision】、【uniform subdivision】 の3つの新しい変位細分化オプションが追加されました。

【dynamic subdivision】モードは特に地形上での変位に、【uniform subdivision】モードは低~中程度の解像度のオブジェクトの変位に適しており、【no subdivision】モードは、ベースジオメトリが微細な変位の詳細を実現するのに十分なポリゴン密度を提供している場合に、すでに高度に詳細なメッシュの時間とメモリを大幅に節約することができます。

メッシュベイキングダイアログの追加

ディスプレイスメントの改善に伴い、任意のオブジェクトを右クリックしてアクセスできるメッシュベイキングダイアログが追加されました。このダイアログは、オブジェクトのエクスポートオプションとは独立しており、変位やその他のフィーチャのメッシュベイク品質を定義します。ディスプレイスメントは内部的にポリゴンにベイクされるため、パストレーサーでも、プロシージャルなディスプレイスメント関数を使用しても動作します。使用する品質は、レンダリング前の準備時間に比例します。クオリティが低いほど、ベーク時間と準備時間が短くなります。シーンで作業している間は、低いベーク品質を使用することで、プレビューレンダリングを高速化することができます。最終的なレンダリングでは、品質を最大にすることができます。

シャドウターミネーターの改善

シャドウターミネーターの取り扱いを大幅に改善しました。シャドウターミネーターは、多くのレンダリングエンジンで共通の問題です。ソフトなシャドウで滑らかなフォールオフを表示するはずの特定の角度では、ライトエリアとダークエリアの分離線は、その下にある法線のためにギザギザした結果を生成します。

R5 では、レイトレーサーとパストレーサーの両方でこのシェーディングアーテファクトを解決するための新しい補間方法が導入されました。新しい置換方法の詳細については、以下の動画で確認できます。

パストレーサー用のNvidia OptiXとIntelオープンソースイメージデノイザー

パストレーサーには、Nvidia OptiXとIntel Open Source Image Denoisers の2つのデノイザーが搭載されています。デノイザーは、機械学習技術に基づいて、パストレースされたレンダリングからノイズを除去します。レンダリングに使用するサンプル数を減らし、レンダリングが終了した後に自動的にノイズを除去することができるため、レンダリング時間を大幅に短縮することができます。

デノイジングは、ビューポート内のインタラクティブなパストレーサーとオフラインのパストレーサーの両方でサポートされています。インタラクティブなパストレーサーでデノイザーを使用することで、OpenGLが提供できるものよりもはるかに優れた品質で、ほぼリアルタイムでシーンをプレビューすることができます。

チェックボックスを設定すると、アルベドとノーマルパスを自動的に計算することで、ノイズ除去の品質がさらに向上します。

さらに、このリリースには、多数のパフォーマンスの強化と最適化が含まれており、パストレーサーのレンダリングがより速く、より堅牢になっているということです。

現実世界の地形のためのサテライトマップ

The real-world terrain importでは、衛星地図をインポートして、インポートした地形データを自動でテクスチャリングできるようになりました。sentinel-2またはUSGSから衛星データを選択すると、VUEは選択したエリアの高さフィールド情報とともに、利用可能な最大テクスチャ解像度をインポートします。

インポートしたテクスチャ マップと高さフィールドをプロシージャル関数と組み合わせると、最初にデザインしなくても見栄えの良い地形を作成することができます。詳細については、以下の動画で確認できます。

Cloud Morphing v2

R4でリリースされたメタクラウドを別のメタクラウドにモーフィングすることができる cloud morphing 機能を使うと、オブジェクトをメタクラウドに変換する機能と組み合わせることで、スタイル化されたアニメーションや精巧な積乱雲の形状を簡単に作成することができます。

R5 では、マテリアルアニメーションをサポートすることで、この機能が改善されました。雲の形状のモーフィングだけでなく、シェーディング、色、すべてのモジュレーション機能も可能になりました。

350 の新しいコンテンツアイテム

今回のリリースでは、新しいVueソリューションに合わせて再構築された350以上のアセットが追加されました。ポーズをとることができるハンマーヘッド・シャークからベル・ヘリコプター、コンドッティエリ宮殿などの3Dモデルが含まれています。

その他の機能強化

VUE R5には他にも多くの機能強化やパフォーマンスの修正が含まれています。

  • VUEは、テクスチャマップを使用して新しいマテリアルを設定する際に、テクスチャマップの種類(カラー/アルベド、法線、粗さ、その他多数)を自動的に認識するようになりました。VUEが検索する命名規則は設定可能です。

  • パストレーサーは、半透明および半反射マテリアルと同様に、テクスチャマップを介した可変強度のPBRチャンネルをサポートするようになりました。
  • Python のドキュメントが書き直され、新しい関数が追加されました。また、Python 2.7からより多くのスクリプトオプションを提供するPython 3.8に移行。このバージョン変更により、以前に書いたスクリプトを確認して現在のPython標準にアップデートしないと正常に動作しない場合があります。
  • Substance Supportは、新しい回転オプション、より良いパフォーマンス、VUE R5の強化された変位でいくつか恩恵を受けています。

  • ファンクションエディタでは、 接続可能なコンスタントカテゴリに新しいコンスタントスライダーノードが追加され、カスタム範囲とカスタムトップレベル(公開されている)インターフェースを作成するためのステップを持つスライダーの作成を可能にしました。

この他にも、シーンプレビューの改善、より多くのイメージフォーマット(Terragen *.terのサポートが復活)、バグフィックスやその他のパフォーマンスの改善が行われました。

PlantFactory

PlantFactory の R5 リリースは、PBR ワークフローとパイプラインの統合に焦点を当てています。パストレーサーのためのデノイザーやマテリアル内での新しい変位メソッドなど、VUEからのすべての追加機能も含まれています。

新しいビューポート

新しいビューポートは次の特徴があります。

  • 正確なPBR材料のプレビューが可能な完全なPBR対応。
  • 応答性とパフォーマンスが向上。
  • 直射日光に加えて、周囲の光をシーンに投射するカスタマイズ可能な空のモデルを導入することで、間接照明を搭載しています。

新しいビューポートは、3Dビューの中で右クリックして、コンテキストメニューの「Options」を選択することで有効にすることができます。そこでは灰色の空と、設定可能な色を切り替えることができます。空の色を編集するには、「File」-「Options」に移動し、「interface colors」を編集します。

ビューポートが強化されたことで、マテリアルの作成と微調整(PBR)がより快適になっています。

Technology preview: Arnold とV-Ray NextをMaya & 3DS Maxでサポート

このリリースでは、Maya と 3DS Max の両方で、Arnold マテリアルと V-Ray Next のサポートが追加されました。ターゲットのレンダーエンジンを設定すると、PlantFactory プラントを統合プラグインでロードし、それをネイティブの Maya 、3DS Max オブジェクトに変換します。変換中、プラグインは選択したレンダーエンジンに適したマテリアルを自動的に生成します。

これは技術プレビューであるため、3DS MaxでArnoldを使用した場合、OpenGLビューポートでの表示上の問題(プラント内のすべてのマテリアルが両面マテリアルで表示されないなど)がいくつか確認されています。レンダリングに悪影響を及ぼすことはありませんが、この問題を解決するためにオートデスクと積極的に協力しており、それに応じてプラグインをアップデートする予定ということです。

この他にもR5には、より良いUVコントロール、クロスしたリーフプレーンの変形、PBRチャンネルによるビルボードエクスポート、カスタムユニットによる編集可能なランダムレンジスライダーや様々なパフォーマンスとバグの修正が含まれています。

PlantCatalog

今回リリースされた新しい植物は、グランドカバーや森林によく合うものとなっています。なかでもリードカナリア草 (phalaris arundinacea) は、内部生物学者フレデリック・ベックがこれまでに作成した草の中でも最も優れた種の一つであり、内蔵の植物エンジンのおかげで、一つの草の中に何十種類もの草の種類を得ることができます。

次に、森や森の風景に最適なタマリスク・チュイディウム・モス(Tamarisk thuidium tamariscinum)があります。

新しい針葉樹が全部で15の新種があり、こういったシダやコケが成長するのにちょうど良い量の日陰をつくります。

ディレクトリの統一

VUE と PlantFactory の両方が共通の PlantCatalog ディレクトリを指すようになりました。両方のプログラムの[File ]-[Options]でファイルパスを編集することができます。そのため、PlantCatalog のプラントを 2 つの別々のディレクトリにコピー&ペーストする必要はもうなく、両方のプログラムは同じフォルダを共有します。

カラーバリエーションを内蔵

このリリースから、すべてのプラントは、VUE の Ecosystems のためのカラーバリエーションを内蔵しています。多年草には、壁や他の離れた障害物に沿って成長させるスライダーとプリセットが追加され、崖の端などでも自然な成長行動をシミュレートします。

エンタープライズソリューションのユーザーであれば、ソフトウェアセンターですぐに新しい植物をダウンロードすることができます。CreatorまたはProfessionalプランの下にある場合は、別途PlantCatalogサブスクリプションプランの下に入ることができます。

PlantCatalogの購入ページへ

サポートされているソフトウェア

R5 では、以下のホストアプリケーションとレンダーエンジンがサポートされています。

VUE

Max 2016 – 2021 (勝利)
Maya 2015~2020(win)/Maya 2015~2019(mac
C4D R16 – S22 (win) / C4D R16 – R20 (mac)
LightWave 11.6 – 2019 (win/mac)

TPF統合プラグイン

Max 2019 – 2021 (Win)
Maya 2019 – 2020 (win)/Maya 2019 (mac)

セール情報

サマープロモで、VUEとPlantFactory年間ライセンスの40%オフとなっています。

価格の確認はストアページへ


R5をダウンロードは、ソフトウェアセンターまたはトライアルページから可能です。

VUE, PlantFactory and PlantCatalog のリリースノートの確認はこちらから

R5 is out! Make some noise for the new denoisers.

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました