スポンサー

Apple、Mac の CPU を Intel製 から独自のARMベースのプロセッサ「Apple silicon」に移行

PC関連

Appleは6月22日(現地時間)、開発者向け会議「WWDC20」の基調講演をオンラインで配信し、OSの最新のアップデート macOS Big Sur、iOS 14、iPadOS 14、watchOS 7、tvOS 14 の詳細やMacに搭載されているCPUをIntel製から、独自のARMベースのプロセッサ「Apple silicon(シリコン)」を採用することを発表しました。

また、Appleは、開発者がAppleのシリコンを使い始められるように、ドキュメントやフォーラムサポート、macOS Big SurとXcode 12のベータ版へのアクセス、AppleのA12Z Bionic System on a Chip(SoC)をベースにしたMac開発システムであるDeveloper Transition Kit(DTK)の限定使用などを提供する「Universal App Quick Start Program」も開始しています。

Appleは、年内にApple製シリコンを搭載した最初のMacを出荷し、約2年で移行を完了させる予定ということです。

Appleの最高経営責任者(CEO)ティム・クックはこの発表について次のように述べています。

「Macは当初から、パーソナルコンピューティングの最前線であり続けるために、常に大きな変化を受け入れてきました。今日、Appleのシリコンへの移行を発表し、Macにとって歴史的な日となりました。Appleのシリコンは、そのパワフルな機能と業界をリードするパフォーマンスで、Macをこれまで以上に強力で高性能なものにしてくれるでしょう。Macの未来にこれほど興奮したことはありません」

独自のARMベースのプロセッサ Apple silicon

10年以上にわたってアップルのワールドクラスのシリコン設計チームは、アップルSoCの構築と改良に取り組んでおり、それによってiPhone、iPad、Apple Watch用に設計されたスケーラブルなアーキテクチャカスタムが生まれました。Appleは、このアーキテクチャに基づいてMac用のSoCファミリを設計することでMacの業界最高レベルのワットあたりのパフォーマンスとより高いパフォーマンスのGPUが実現し、アプリ開発者はさらに強力なプロアプリやハイエンドゲームを作成できるようになるとしています。

またAppleは、ニューラルエンジンなどのテクノロジーにアクセスできるため、Macは開発者が機械学習を使用するための素晴らしいプラットフォームとなるとしています。これはすべてのApple製品に共通のアーキテクチャとなるので、開発者がAppleエコシステム全体のソフトウェアを作成して最適化することがはるかに容易になるということです。

macOS Big Sur で Apple silicon への移行が可能に

10年以上ぶりの大型アップデートとなるmacOSの次期メジャーリリース「macOS Big Sur」には、Appleシリコンへのスムーズでシームレスな移行を実現するための技術が盛り込まれています。ネイティブコンパイラ、エディタ、デバッグツールなど、すべてがXcode 12に組み込まれているため、ほとんどの開発者は数日でアプリケーションを実行できるようになるということです。

Universal 2アプリケーションバイナリを使用することで、開発者は、IntelベースのMacをサポートしながら、Appleのシリコンを搭載した新しいMacのネイティブパワーとパフォーマンスを利用した単一のアプリケーションを簡単に作成することができるようになります。Rosetta 2の翻訳技術により、ユーザーはプラグインを含む、まだアップデートされていない既存のMacアプリを実行できるようになります。また、仮想化技術により、ユーザーはLinuxを実行できるようになり、開発者は、iOSやiPadOSのアプリをそのままMacで利用できるようにすることもできます。

PhotoshopなどのAdobe Creative Cloudアプリも対応

基調講演ではFinal Cut Pro、Lightroom、Photoshopが動作している様子が確認できましたが、AppleはすでにFinal Cut Proをはじめとする自社アプリのすべてを、新しいCPUで動作するように変換しています。新バージョンは、macOS 11.0 Big Surと同時に利用可能となる予定ということです。

また、Appleは、Adobeと共同で主要なCreative CloudアプリケーションのApple Siliconへの変換作業を行っており、「彼らのアプリの多くはすでに素晴らしい状態で稼働している」としています。

Rosettaエミュレーションシステム

新しいRosetta 2システムはApple Siliconを搭載した最初のMacがリリースされるまでに変換できないソフトウェアを実行できるようにします。これは、AppleはPowerPCからIntelチップへの移行時に使用していたRosettaエミュレーション技術を復活させたものです。

Appleは基調講演の中では、Rosetta 2エミュレーションの下で動作するMayaのビューポートの様子が確認することができます。

Blenderなど主要なオープンソースツールのためのAppleのサポート

Appleは、今年末にリリースされるApple Siliconの搭載Macを前に、サードパーティの開発者がアプリを変換するのを支援するためのクイックスタートプログラムを開始しました。

AppleのVPであるAndreas Wendker氏は、「最も広く使われているオープンソースプロジェクトについては、すでにいくつかの初期作業を行っており、今後数日のうちにパッチを公開する予定です」と述べています。

クイックスタートプログラム

Apple Developer Programのメンバーは、Universal App Quick Start Programに申し込むことで、今日からアプリをAppleのシリコンに移行することができます。このプログラムでは、ドキュメント、フォーラムサポート、macOS Big SurとXcode 12のベータ版へのアクセス、限定的に使用できるDTKが提供され、開発者はUniversal 2アプリをビルドしてテストすることができます。

プログラム終了時にAppleに返却しなければならないDTKは、AppleのA12Z Bionic SoCを内部に搭載したMac miniと、16GBのメモリ、512GBのSSD、各種Mac I/Oポートなどのデスクトップ仕様で構成されています。開発者はdeveloper.apple.comで申し込むことができ、プログラムの総費用は500ドルとなっています。

詳しい情報はこちらから

Unity&Otoy、Apple Silicon への対応を発表

Unityはブログを更新、OtoyはTwitter上でApple Silicon への対応を発表しています。

Unityの発表

開発中のプロジェクトを Apple Silicon 上でも動作させるための準備として、プロジェクトを Unity 2020.2 にアップグレードして、その上でゲームが既存の Intel ベースの Mac ハードウェア上で正常に動作することをご確認されることをおすすめします。Unity は Mono と IL2CPP の両方のスクリプティングバックエンドをサポートする予定ですが、OpenGL グラフィックス API はサポートしない見込みです。そのため、開発中のゲームが Metal を使って実行できる状態にしておく必要があります。また、お使いのネイティブプラグインが再コンパイルできることもご確認ください。

Unity は今後数週間のうちに Unity 2020.2 ベータ版を公開する予定です。これによって Apple Silicon 搭載 Mac への移行をシームレスに進めていただけます。次世代の Mac で皆様が創り出した作品に出会う日を楽しみにしています!

Otoyの発表

OtoyはTwitter上で次のように述べています。

私たちは、Appleのシリコンがどれだけワットあたりの性能が優れているかを何年もかけて共有してきました。iOS / iPhone / arm64上でOctane Xが最高速度で動作するようになるということは、Octane XがApple SoC上で今年の新しいMac用に1日目に完全に最適化されることを意味します。その他のニュースは近日中に」

Unity、Apple Silicon に対応へ

AppleのWWDC20からの発表についての詳細はこちらから

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました