スポンサー

ハイフレームレートやタイムラプス映像からフリッカーを除去するためのプラグインセット「DEFlicker 2」がリリース

プラグイン

RE:Vision Effectsは6月19日(現地時間)、ハイスピードやタイムラプス映像からフリッカーを除去するための合成・編集ソフトウェア用プラグインセットの最新バージョンである DEFlicker 2 をリリースしました。

DEFlicker

2014年に初めてリリースされたDEFlickerは、After Effects、Fusion、Nukeなどの一般的な合成アプリ用のプラグインセットで、ビデオ映像のフレーム間のフリッカーを除去します。

初のメジャーアップデートとなる今回の新バージョンによって、既存のHighspeed、Timelapse、Auto-Levelsと新しいRolling Bandsを合わせて4つのプラグインを提供するようになりました。

DEFlicker 2 新機能

今回のアップデートでは、新しいプラグインの追加や、既存の3つのプラグインのが改善されています。

【新機能】

Rolling Bands:主に照明やローリングシャッター速度の時間同期の問題によって引き起こされるダークバンドをモデル化し、減衰させることができます。High-Speedと組み合わせて使用することもできます。

【改善】

  • High-Speed:グリーンスクリーンショットのアルファチャンネルを管理するための新しいツールが追加や、ノイズリダクションが改善され、ソースのフレームレートを指定するオプションが追加されています。
  • Timelapse:4K以上のシーケンスのレンダリング速度を改善や、カラーとライティングのシフトの処理の改善がされています。
  • Auto-Levels:欠けているフレームや破損したフレームを修正または交換するための新しい方法が追加されました。

この他にも多くの改善や修正が行われています。すべてのアップデートの確認はこちらから(AfterEffect リリースノート)

価格とシステム要件

DEFlicker 2は、After Effects、DaVinci Resolve、Fusion、Flame、HitFilm、Natron、Nuke、Silhouetteなど、様々なホストアプリケーションに対応しています。

ノードロックライセンスは249.95ドル、フローティングライセンスは374.95ドルで、他にもレンダリングのみのライセンスもあります。1 つのライセンスはすべてのホストプラットフォームで動作します。

詳しい情報はこちらから

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました