スポンサー

ルックデベロップメント&ライティングツール Katana 3.6 がリリース、Hydraビューアでのスナップのサポートなど

CGソフト

6月16日(現地時間)Fonudryは、ルックデベロップメント&ライティングツールの最新アップデート Katana 3.6 をリリースしました。

このリリースは、基本的なUIとワークフローの更新を特徴としており、ライト配置などのタスクを加速するスナップ機能が追加されています。

新機能と機能強化

主要な新機能と機能強化は次のとおりです。

スナッピング

Katana 3.6は、USD 19.11 から派生したFoundry技術をベースにしたHydraパワーのビューアにスナップを導入されました。Katanaでのスナップは、ライティングやルック開発の課題を念頭に置いて開発された多くのツールとワークフローの一つであり、ライトの配置からレイアウトの修正まで、アーティストは自分の仕事に最適なツールを手に入れることができます。

複数の強力なオプション
10種類の操作モードで、幾何学的な頂点、辺、面、面、オブジェクト、ライト、カメラにフォーカスしたスナップが可能です。オプションには、必要に応じて法線に基づいて方向を指定して配置することもできます。トランスフォームツールの軸ハンドルを使用すると、1つの軸を基準にしたスナップが可能になります。

視覚的な手がかり
アーティストは、シェーディングされたモデル上に表示される自動ワイヤーフレーム、オブジェクトの周りのアウトライン、顔やエッジのハイライトなど、直感的な視覚的手がかりにより、何をスナップしているのかを正確に把握できます。カーソルのヒットエリア表示と相まって、どのようなオブジェクトが検討されているかを正確に知ることができます。

幾何学的な前処理とキャッシング
幾何学的な前処理とターゲット領域に基づくキャッシングにより、複雑なモデルであっても、オブジェクトやライトがサーフェス上を移動する際にスムーズに実行されます。

Network Material Edit

Katana 3.6の新しいネットワークマテリアル編集ツールでは、アセットのルック開発のためにライブラリ内のマテリアルを微調整したり、ショットライティングの段階でアセットのルックを修正したりと、アーティストはすでに存在するネットワークマテリアルを編集することができます。この革新的なUXは、制約が少なくクリエイティブな自由度が高いことを意味し、ルック開発とライティングチーム全体のプロシージャルパワーを向上させます。

ノードパラメータの編集
すでにネットワーク・マテリアルの一部であったノードは、そのパラメータを調整することができます。これらのノードには黄色のフッターが表示され、この編集された状態が強調表示されます。調整されていないノードの表示が暗くなっているのに比べて、編集されたノードははっきりと表示されます。

ネットワーク構造の変更のシェーディング
ネットワークマテリアル編集では、アーティストは、新しいノードの追加、削除、既存の個々のノードの置き換えを行うことができます。ワークフローは、シェーディングネットワーク全体の変更にも適用されます。追加されたノードは、編集されたノードや未調整のノードから目立つように緑色のフッターが付けられます。

ドッキング可能なウィジェット

Dockable Widgetsを使ってUIを作業方法に合わせてカスタマイズできます。この機能は、Katana 3.5で追加されたモニターレイヤーをフルスクリーンタブとして使用して、ルック開発やライティングワークフローと組み合わせて使用すると、より効果的になります。また、この機能は今後のKatanaのアップデートでの改善のベースとなります。

3Delight NSI 2.0

3Delight NSI 2.0は、Katanaのバルクアセットルック開発とシーケンスベースのライティングの利点をすべて活用できる強力なトゥーンシェーディングワークフローに加えて、ライブレンダリングの見直しとテクスチャベースのルック開発のための強力な新しいツールを搭載しています。

改良されたライブレンダリング体験
3Delight NSIは、ライブレンダリングはシーンのどの部分の変化にも反応するという原則に基づいて作られました。より速く、よりスムーズに洗練されるように調整された新しいアルゴリズムを搭載しており、ワークフローの改善につながります。

高速で柔軟なトゥーンシェーディング
3Delight NSI 2.0は、前世代の3Delightの制作実績のあるテクノロジーをベースに構築された新しいトゥーンシェーディングワークフローを導入しています。トゥーンシェーディングツールは、Katanaのプロシージャルルック開発とシーケンスベースのライティングワークフローのすべての利点を活用しています。ラインとシェーディングのコントロールのための柔軟なオプション、Nukeの2D美学をマッサージするための洗練されたAOVのセット、より複雑なルックのためのPBRシェーディングとトゥーンシェーディングをブレンドするための機能により、多くのオプションが可能になります。

グッドルック開発は3つのものがあります
3Delight NSI 2.0は、テクスチャ駆動のルック開発のための3つの非常に強力なツールを導入しています。dlTriplanar, dlTexture, そしてdlUVです。強力なプロシージャルタイル除去と高さベースのブレンディングにより、ファイルテクスチャはトリプラナー投影を使用しても見栄えが良くなりました。dlTextureノードにはタイル除去機能があり、標準化されたマテリアルネットワークでのテクスチャマップライブラリの使用を支援するためのテクスチャ値の正規化などの強力な機能が含まれています。dlUVノードは、一般的な2D配置操作とUVセットの制御を組み合わせたもので、dlTriplanarノードとdlTextureノードをサポートするその他の強力な機能を備えています。

改善されたAOVサポート
ロバストなコンポジットワークフローとトゥーンシェーディングなどの新しいツールをさらにサポートするために、3Delight NSI 2.0には、ユーザー定義のAOV、トゥーンシェーディングに特化したAOV、NukeのVector Blurノードと直接互換性のある新しいMotion Vector AOVのオプションが追加されました。

その他にも多くのアップデートがあります。すべてのアップデート内容の確認はこちらから(リリースノート)

Foundryのプロダクトディレクター、プリプロダクション、ルック開発、ライティング担当のJordan Thistlewood氏は次のようにコメントしています。

「Katana 3.6は、Foundryのビジョンである未来のデジタルシネマトグラフィープラットフォームに近づくためのリリースです。 スナッピングのようなツールへの取り組みは、それ自体が単なるツールではなく、将来的にさらに多くのものを生み出す基礎となるものです。 新しいNetwork Material Editツールは、複雑な制作シナリオにおいても、アーティストに焦点を当てたUXへの当社の取り組みを示しています。」

Katana 3.6 raises the bar on traditional workflows with powerful UI updates

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました