スポンサー

デスクトップ版とiPad版の Photoshop 2020年6月リリースが利用可能に!AIを活用した人物選択機能の強化など

CGソフト

Adobeは6月16日、デスクトップ版とiPad版のPhotoshopの最新バージョンをリリースしました。

このリリースは、Adobe Sensei AI機械学習を活用した人物選択機能の強化、ワークフローの生産性を向上させるパフォーマンスの大幅な改善など多岐にわたっており、2019年11月に開催されたAdobe MAXカンファレンス以来、最大の規模ということです。

Photoshop デスクトップ版

Photoshop デスクトップ版の 2020年6月リリースはバージョン21.2となります。

【新機能と機能強化】

人物写真(ポートレート)の選択の向上と高速化

人物写真用に「被写体を選択」コマンドが最適化され、ワンクリックで画像内の人間の被写体を正確に選択できるようになりました。

「被写体を選択」では、人物写真内の人物が自動的に検出され、髪の毛のようなきめ細かいディテールや高画質のエッジを含む画像で、より正確な選択ができます。

次がこのリリースの2つの主な変更点となります。

  1. 選択されたサブジェクトはコンテンツを認識し、人物がシーン内にいることを検出すると、新しいカスタムアルゴリズムを適用。
  2. 髪と髪の周りのトリートメントが大幅に改善。

Photoshop での「被写体を選択」を使用した選択方法について詳しくはこちらから

Adobe Camera Raw の機能強化

直感的で効率的なユーザーインターフェイスを使用して、必要なツールを簡単に探して見つけることができます。また、1 枚の画像または数百枚の画像をバッチ処理する場合でも、作業時間を節約できます。

ユーザーインターフェイスの主な機能強化には、以下が含まれます。

  • 複数の編集パネルを同時に操作できます。
  • ISO 割り付けプリセットを作成し、Raw の初期設定として設定できます。
  • 部分補正パネルの新しい色相スライダー。写真の他の部分に影響を与えずに、特定の領域のカラーを変更します。
  • 中央に配置された切り抜き 2×2 グリッドオーバーレイを使用すると、写真の中央のフレームを正確に切り抜くことができます。
  • カーブパネルの機能が強化され、パラメトリックカーブチャンネルとポイントカーブチャンネルを簡単に切り替えられるようになりました。ポイントカーブと赤、緑、青の各チャンネルの入力値を使用して、正確な調整をおこないます。
  • 水平方向、画像重視、または画像の名前と評価を含む垂直方向などのフィルムストリップの方向のオプションを使用できます。

このリリースでは Raw の初期設定も強化されており、環境設定パネルで、Raw ファイルの初期設定の調整をカスタマイズできるようになりました。Adobe 初期設定、カメラ設定、または独自のプリセットを選択します。

詳しくはこちらから

Adobe Fonts の自動アクティベーション

Adobe Fonts の検索と同期が、かつてないほど簡単にできるようになりました。インターネット接続中にドキュメントを開くだけで、使用可能なすべての Adobe Fonts が自動的に検索され、ライブラリに追加されるようになりました。

ドキュメントで他のソースのフォントを使用する場合、見つからないフォントに関するメッセージは、関連するテキストレイヤーを編集したときにのみ表示されるため、作業を迅速におこなえます。

Photoshop での Adobe Fonts の自動アクティベーションについて詳しくはこちらから

回転可能なパターンの追加

パターンを任意の角度で回転できる機能が追加されました。これにより、パターンオーバーレイ、パターンストローク、パターン塗りつぶしの各レイヤーでパターンの方向を簡単に変更し、周囲の方向に合わせて揃えられるようになりました。このパターンの回転は非破壊的で、簡単にリセットまたは変更できます。

マッチフォントの機能強化

Adobe Sensei 搭載の「Match Fonts(マッチフォント)」機能は、高度な機械学習アルゴリズムを使用して、写真に使用されているフォントをコンピューターまたは Adobe Fonts で使用可能なフォントと照合して検出し、似ているフォントを候補として表示します。このリリースでは、サポートするフォント数の増加および縦書きテキストと複数行検出のサポートにより、マッチング機能が強化されました。

その他の機能強化

  • オブジェクト選択ツール:特に大きな画像を処理する場合に、オブジェクト選択ツールを使用して選択する際のパフォーマンスが大幅に向上しました。
  • 選択とマスクワークスペース選択とマスクワークスペースの「グローバル調整」の下にあるエッジをシフトスムーズコントロールスライダーが最適化され、速度が向上しました。高解像度画像にこれらのスライダーコントロールを適用する際のパフォーマンスが大幅に向上しました。

Photoshop iPad 版

Photoshop iPad版の 2020年6月リリースはバージョン1.5となります。

このリリースでは、写真を編集、管理ソフトウェア Lightroom との連携が強化されています。

Photoshop で Lightroom の写真を簡単に編集

LightroomからPhotoshopに画像をシームレスに移動し、Lightroomで画像の大きなセットを簡単に処理し、iPadのPhotoshopを使用してまったく新しいものに変換することができます。この統合の最初のバージョンでは、次のことが可能になっています。

  • 画像を編集できるように、LightroomからPhotoshopに画像を送信します。
  • Photoshopのすべてのツールは、Lightroomから写真を編集するときに使用できます。
  • 写真をLightroomからPhotoshopに送信したら、それを直接Lightroomに送信するか、新しいクラウドドキュメントとして保持できます。


Photoshopの新機能の確認はこちらから

Photoshop Releases its Largest Set of Features Since Adobe MAX

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました