スポンサー

Substance Alchemist 2020.2 (2.2) アップデートがリリース!新しいAI活用や2Dペインティング導入など

CGソフト

Adobeは6月15日(現地時間)、Substance Alchemist 2020.2 (2.2)をリリースしました。

このリリースでは、単一の画像入力を完全なPBRマテリアルに変換する新しいAI駆動の Image to Material プロセス、改良されたマテリアル作成テンプレート、多くのワークフローと使いやすさの向上、新しいフィルターなどの新しいコンテンツが導入されています。ちなみに、このリリースのコードネームは「うどん(Udon)」です。

主な新機能

Image to Material (AI Powered)

Image to Material テンプレートに AI Powered という新しい設定が追加されました。この新しい設定は、単一の入力画像から高品質のPBRマテリアルを生成するためのより良い結果を提供します。

AI Powered設定では、機械学習を使用して形状やオブジェクトを認識し、高さや法線情報を正確に生成します。また、この設定には、シャドウやハイライトを除去するディリーラーフィルタも含まれています。この新しい設定は、地面、小石、樹皮、石、その他の自然光で照らされたエクステリアベースの表面でアルゴリズムが訓練されているため、屋外の素材に最適に機能します。今後のアップデートでは、サポートされる素材の柔軟性と多様性が向上する予定ということです。

上の動画で使用されている画像をここからダウンロードすることができます。ぜひ自分で試してみてください。

また、GTC 2020でSubstance Alchemistがアルゴリズムをどのようにトレーニングしたかについてのプレゼンテーションをしています。詳細はこちらから確認できます。(登録が必要)

AI Poweredの設定には、特定のハードウェアが必要です。これは、Nvidia GPUを搭載したWindowsとLinuxでのみ利用可能です。詳細については、こちらを参照してください。

新しいテクスチャ インポート テンプレート

イメージインポートのポップアップウィンドウが改善され、 Texture Import という名前の新しいタイプのプロセスが利用可能になりました。

  • インターフェイスの改善:
    インターフェイスが更新され、利用可能な各オプションの詳細な説明が表示され、より使いやすく、学習しやすくなりました。
  • 新しいテクスチャインポートオプション:
    テクスチャインポートという新しいオプションが利用可能になり、イメージのセットをインポートして、その名前に基づいて適切な出力チャンネルに直接接続することができます。これにより、既存のイメージのグループからマテリアルを簡単に設定することができます。詳細については、専用のドキュメントページを参照してください。

Textures.com、Poliigon、Quixel Megascans、ScansLibrary、Arrowayなどオンラインで利用できる質の高いコンテンツのソースをドラッグアンドドロップすることで簡単に使用することができます。チャンネルマッチングは Alchemist が自動でしてくれます。

フィルター・マスク入力のための新しい2Dペインティング

このバージョンでは、外部画像をインポートすることなく、2Dビューで直接フィルターマスクをペイントして編集することが可能になりました。ペイントは自動的にタイル化され、シームレスな素材の作成が可能になりました。

新しいツールと改善

・遠近補正ツール

「Perspective Correction 」という新しいツールがフィルターリストに追加され、 画像の遠近感を調整したり補正したりすることができるようになりました。

このフィルターを使えばスキャン画像や写真画像のデフォルト値を固定して素材作成に適したものにすることができます。このフィルターには画像の初期の角を表す 4 つの制御点があります。ポイントを動かして遠近感を調整したり、補正したりできます。

・クローンツールの改善

 

新しいコンテンツ

次の新しいデフォルトメッシュやフィルターが追加されています。

新しいデフォルトメッシュ:ビューポートにマテリアルを表示するための3つの新しいメッシュが用意されています。

  • 靴の形
  • 男性用Tシャツ
  • 女性用Tシャツ

新しいフィルター:このバージョンでは、新たに5つのフィルターが用意されています。

  • ひび割れ
  • キルトステッチ
  • 床タイル
  • PBR Validate

この他にも、チャンネルごとのブレンドが可能な新しいブレンドモード、テキスト入力パラメータのサポートなどがされています。

すべての詳細を含む完全なリリースノートはこちらから

AI Power, 2D Painting: a Massive Boost for Substance Alchemist

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました