スポンサー

Reallusion、Cartoon Animator の新しい 2D Mocap システム 「2D Motion LIVE」をリリース!

CGソフト

Reallusionは6月15日(現地時間)、Cartoon Animator 4.2と、ライブパフォーマンスとモーションキャプチャーのためのフル2Dアニメーションシステムである「2D Motion LIVE」のリリースを発表しました。

Cartoon Animator

Cartoon Animator 4は、入力能力と生産性の両方のために設計された2Dアニメーションソフトウェアです。ユーザーは、イラストやアートワークをアニメーションキャラクターに変えたり、表情のモーションキャプチャでキャラクターを制御したり、オーディオからリップシンクアニメーションを生成したり、3D視差シーンを達成したり、2D視覚効果を生成したり、コンテンツリソースにアクセスしたり、キャラクターを迅速にカスタマイズしてコンテンツを作成するための包括的なアニメーションパイプラインを振り回したりすることができます。

2D Motion LIVE

「2D Motion LIVE」は、Cartoon Animatorのプラグインです。以前は、フェイシャル Mocap のみに対応していたように思いますが、今回のリリースでは専用のデバイスを使用することで、手や体のモーションキャプチャにも対応しています。

これによって、業界をリードするモーションキャプチャデバイスを接続してCartoon Animator 内のキャラクターやパペットをコントロールし、顔、体、手のトータルソリューションを実現することができる独自の完全な 2D mocap ソリューションとなりました。 2D Motion Liveは、キャラクターのセットアップ、モーションキャプチャー、編集のための高速な制作ワークフローで、キャラクターをライブパフォーマンスとしてステージに登場させます。

ワークフローの高速化

Cartoon Animator 2D Motion LIVEは、カスタムリギングされたキャラクターの作成から mocap デバイスを使用してキャラクターに命を吹き込み、タイムライン編集でアニメーションを作成するまでの完全な2Dキャラクターアニメーションパイプラインであり、従来のキーフレームアニメーションを効率化しスピードアップします。

2D Motion LIVEアニメーション・ワークフローにより、2Dアニメーション・プロセスにリアルタイムの生産性を追加し、迅速な反復とコラボレーションを実現します。 リアルタイムのキャラクターモーションキャプチャーにより、フィードバックを迅速に得て、アニメーションをより速く配信することができます。

顔、体、手のモーションキャプチャのトータルソリューション

2D Motion LIVEの同期データストリーミング設計により、上半身から全身の mocap シナリオに合わせて異なる mocap デバイスを自由に組み合わせることができます。 iPhoneやWebcamを選択することで、3Dのようなフェイシャルパフォーマンスを実現。指や腕の動きにはLeap Motion Controllerを使用したり、Perception Neuronモキャップデバイスを装着して全身モーションキャプチャー、人形使い、ライブアクターのパフォーマンスを可能にします。

ハンドトラッキングとデジタルパペット

ハンドアニメーションは退屈な作業ですが、2D Motion LIVEを使用したハンドアニメーションは手頃な価格で合理化されています。2Dボーンハンド用のシンプルなLeap Motionコントローラーまたはモーショングローブから繊細なハンドアニメーションを生成します。自然な手と指のモーションキャプチャを生成するだけでなく、あらゆる種類の生き物やオブジェクトをリアルタイムパペット操作で生き生きとさせます。

2Dフルボディモーションキャプチャ

Motion LIVE 2Dの統合モーションキャプチャインターフェースを通じて、主流のボディモーションキャプチャシステムは、顔と手のキャプチャデバイスと同期して動作し、全身モーションキャプチャソリューションになります。さらに、ボディ、顔、手のモーションキャプチャデータは、さらに編集するために別々のレイヤーに個別に保存できます。

Noitom International 代表取締役社長 Roch Nakajima氏は次のように述べています。

「Cartoon Animator 4は、アニメーションのワークフローを簡素化したいと考えているすべてのコンテンツ制作者にとって、ゲームチェンジャーです。本当に信じられません。当社のPerception Neuronモキャップ・スーツを使用して体の動きをキャプチャすることで、複雑な2Dキャラクターもリアルタイムで簡単に操作することができます。また、Perception Neuronのポイント・ツー・ポイント・リモート・ブロードキャスト・ツールを使えば、自宅からでも、どこからでも、遠隔地からでも操作が可能です。これで、2Dアニメを作るのがまるで子供の遊びのようになりました。」

価格情報の詳細については、こちらから

Cartoon Animator 4の詳細は こちらから

2D Motion LIVEの詳細は こちらから

NEW 2D MOCAP SYSTEM ELEVATES 2D ANIMATION

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました