スポンサー

[無料] 火花を簡単に追加することができるNuke用ツール「DB Sparky」

フリーコンテンツ

Weta Digital のデジタルコンポジター Dimitri Breidenbach 氏がNukepediaで公開しているNuke用ツール「DB Sparky」の紹介です。

DB Sparky

このツールは、いくつかのアニメーションプリセットを含む、火花を作成するための使いやすいパーティクルセットアップです。

お気に入りのライブラリからプリレンダーされたシンプルな2D要素のように使うことができますが、主な違いは、スパークを回転させることができ、必要な向きを正確に与えることができるということです。

主なノードの説明

  • Axis and Cam input:2Dプリレンダーのオプションが主な目的ですが、3Dカメラを使用してショットを適切にトラッキングすることもできます。この場合、3D空間で火花を動かすためには、カメラとAxisを接続する必要があります。
  • Presetsパーティクルの外観は非常に重要ですが、放出率は間違いなくスパークルックの販売において非常に重要な部分です。そのため、2番目のタブからロードできる6つのプリセットを追加することにしました。これらのプリセットは、最初のフレームを提供するように要求し、次に「放出量」設定にアニメーションを適用します。
  • Output As Particlesパーティクルをシーンノードに接続できます。したがって、2Dプレビューはレンダリングされなくなります。Sparkyが何もレンダリングしない場合は、このボックスを誤ってチェックしていないことを確認してください。
  • Advanced Settings火花の幅を広げたい場合、または火花が接続されている軸をアニメーション化する場合は、ここで興味深いいくつかの設定にアクセスできます。

システム要件

Linux、Mac、Windows で動作するNuke 8.0以降が必要です。

注:一部のPythonの制限により、Nuke Non-Commercialではプリセットが機能しません

無料の DB Sparky のダウンロードはこちらから(登録が必要)

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました