スポンサー

シーン作成を効率化する 3ds Max 用プラグイン Scene Manager 1.5 がリリース

プラグイン

pulzeは、3ds Max のシーン作成を効率化するプラグインの最新版 Scene Manager 1.5 をリリースしました。

pulzeは、以前紹介した「Render Manager」の開発です。

3ds Max用の新しいレンダー管理ソフトウェア「Pulze Render Manager」
2月12日(現地時間)建築ビジュアライゼーション会社Brick Visualのツール開発から派生したPulzeは、3ds Max用の新しいレンダー管理ソフトウェ...

Scene Manager

Scene Managerを使用すると、「3ds Max全体に散らばっているすべての重要な設定」を統合されたインターフェイスでまとめることができ、ワークフローの時間節約につながります。主に建築事務所やarchvizスタジオの市場リーダーによって使用されています。

【主な機能】

  • フレッシュでモダンなUI:使いやすいレスポンシブユーザーインターフェースを作成し、ニーズに合わせてカスタマイズできるようにしました。
  • モジュール:Scene Managerのすべてのオプションは、モジュールに編成およびグループ化されています。カメラ、ライト、レイヤー、出力設定は、現在のワークフローに合わせて整理できます。
  • フェッチ設定:プロジェクトの最初からScene Managerを使用していない場合、数十のカメラと照明の状況を転送して配置するのに時間がかかります。これは、フェッチ設定機能がワークフローを高速化できる場所です。
  • HDRIブラウザ:組み込みのブラウザからHDRIを検索して適用するか、統合されたHdri Heavenライブラリから新しいものをダウンロードします。
  • バッチレンダー:解像度、照明、出力パス、またはレイヤー設定が異なる画像を1つずつレンダリングします。
  • ルールベースのレンダリング出力:レンダリング出力パスは、事前定義されたルールを使用して作成できます。これは、プロジェクトの命名規則に適合する複雑な出力を設定するための直感的なツールです。以前に作成したルールをエクスポートして再利用できます。
  • レンダリング設定-オーバーライド:カメラごとのレンダリングプロパティを非常に簡単で直感的な方法で変更および視覚化できます(*現在、V-Ray、Corona、およびFStormの場合)。
  • レンダーマネージャー:最高のエクスペリエンスを得るには、レンダーマネージャーを使用してバッチジョブを作成し、作業をオフロードします。
  • スクリプトエディター:元の機能が十分ではなく、特定のプロセスの前または後に追加の微調整を行う場合は、組み込みのスクリプトエディターを使用して、すぐにオートコンプリートを実行できます。

Scene Manager 1.5

このリリースでは、Scene ManagerのUIが更新、CoronaレンダラーのLightMixシステムと、Arnold、Redshift、FStormレンダラーのサポートが追加、高度なシーン管理モジュールの導入など、更新が行われています。

【新機能】

新モジュール

  • オブジェクト
  • アトモスフィア
  • スクリプトエディタ
  • レンダリングの設定と要素

新しいエンジンの追加と最新の3ds Maxのサポート

  • 3ds Max 2021のサポート
  • V-Ray 5 ベータ版サポート
  • Fストーム、アーノルド*、レッドシフト*を追加。

リフレッシュされたUI

  • 暗いテーマ
  • 新しいサイドバー
  • レスポンシブなレイアウト
  • 連結設定

UXの改善

  • 自動ログイン
  • セットアップリスト
  • バッチ編集

セットアップ作成の更新

  • フェッチセットアップ
  • 多重化
  • クリエイトカメラを更新

Hdriライブラリの更新

  • レスポンシブレイアウト
  • Hdri Heavenの統合
  • 閲覧とダウンロード

ポストプロセシングとライトミックス

  • 設定ごとに複数のバリエーションを保存
  • トーンマッピング、LUT、ブルーム&グレア、ノイズ除去
  • Lightmixで強度と色をコントロール

未分類 涼しさ

  • JPG、PNG、EXRなどのフォーマット設定を追加しました。
  • 静止画ビューポートのプレビュー
  • maxscript のスクリプトエディタ自動補完

価格とシステム要件

Scene Managerは、3ds Max 2014+およびArnold 4.0以降、Corona Renderer 4.0以降、FStorm 1.3 以降、Redshift 2.6以降、V-Ray 3.0以降と互換性があります。サポートされているライティングとレンダリング機能の詳細はこちらから

価格は、サブスクリプションライセンスのみで。月額7ドルまたは年額59ドルとなっています。

購入ページへ

30日間の無料体験版の試用はこちらから

Scene Manager 1.5 is out now!

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました