スポンサー

Adobe After Effect 17.1、Premiere Pro 14.2、Character Animator 3.3 がリリース!

CGソフト

Adobeは、プロフェッショナルビデオツールの3製品、Adobe After Effect 17.1、Premiere Pro 14.2、Character Animator 3.3(2020年5月)をリリースしました。

このリリースでは、After Effectsの新しいクリエイティブツール、Character Animatorのワークフローの改善、Premiere Proでのより高速なAuto Reframeなどのパフォーマンスの改善をサポートしています。

Adobeによると、より頻繁なリリーススケジュールに移行するにあたって、安定性とパフォーマンスの向上に重点を置いているということです。

After Effects 17.1

After Effect 17.1では、シェイプレイヤーを操作するための新しいオフセットオプションとテーパオプションが追加されています。

【アップデート内容】

テーパー形状のストローク

シェイプレイヤーのストロークを作成する際に、新しいパラメータである Taper と Wave を使用して、波状、先細り、または丸みを帯びたストロークを作成できます。シェイプストロークの太さを変えたり、テーパの強さを変更したり、ストロークの外観をアニメーション化してユニークなグラフィック要素を作成したり、より表現力豊かなシェイプアニメーションを作成したりすることができます。

詳細についてはこちらから

同心円状のシェイプリピーター

オフセットパスシェイプエフェクトには、2つの新しいパラメータがあります。

  • コピー
  • コピー オフセット

これらの新しいパラメータを使用して、幾何学的なパターンや図形の同心円状の複製を作成します。これらを使用して、レトロな雰囲気のデザインや曼荼羅模様を作成することができます。

詳細については、シェイプを変更するためにオフセットパスシェイプエフェクトを使用を参照してください。

ProRes RAW インポートのサポート

After Effectsでは、適切に設定されたシステムでApple ProRes RAWメディアをインポートして編集できるようになりました。

詳細についてはこちらから

オーディオデバイスの自動アップデート(macOSのみ)

オーディオハードウェア環境設定をmacOSのシステムデフォルトに設定すると、ヘッドフォンやAirPodsを接続したときやUSBマイクを接続したときなど、OSのオーディオデバイス設定の変更を切り替えることができます。入力デバイスと出力デバイスに分けて設定することができ、さまざまな編集環境に対応したコントロールと柔軟性を提供します。

その他の機能強化

  • Minimaxエフェクトは、処理とレンダリングを高速化するためにGPUアクセラレーションをサポートするようになりました。
  • セット チャンネル エフェクトは 32-bpc カラーをサポートするようになりました。

すべてのアップデート内容の確認はこちらから

Premiere Pro 14.2

Premiere Pro 14.2では、グラフィックの改善やオートリフレーム機能の改善が行われています。

また、このPremiere ProとAfter Effects の最新リリースによって、MacOSとWindowsシステムのすべてでH.264、HEVC形式のハードウェアエンコーディングを提供できるようになっています。

【アップデート内容】

ProRes RAW サポート

Premiere Pro は現在、カメラメディアから配信まで、Apple ProRes ワークフロー向けの包括的なクロスプラットフォーム(Windows および macOS)ソリューションを提供しています。

詳しくはこちらから

グラフィックの改善

Premiere Pro では、ペンツールを使用したベジェ曲線のサポートが向上し、エフェクトをフィルタリングするための新規オプションが追加され、キーフレームまたは調整されたパラメーターを持つ属性のみを表示できるようになりました。これにより、グラフィックを作成しエッセンシャルグラフィックスパネルのツールを使用して、Premiere Pro でグラフィックを作成する際の作業効率が向上します。

詳しくはこちらから

オートリフレーム機能の改善

  • オートリフレームでは、ビデオシーケンスを 2 倍の速さで分析するようになりました。Adobe Sensei 機械学習技術を搭載したオートリフレームは、正方形や垂直方向のビデオなど、さまざまな縦横比の中で自動的にビデオを再フォーマットおよび再配置するので、さまざまな視聴プラットフォームに最適化されたビデオを配信できます。オートリフレームは、Quibi コンテンツの作成などのワークフローを加速し、モバイル表示プラットフォーム用にペアの水平ファイルと垂直ファイルを必要とします。
  • オートリフレームエフェクトを使用してクリップを編集中にキーフレームをコピーおよび編集できるようになりました。この機能を使用すると、他のモーションキーフレームとは別に編集できます。

詳しくはこちらから

ハードウェアアクセラレーション対応の H.264 および HEVC エンコーディング

Windows の NVIDIA と AMD GPU の新しいサポートにより、H.264 および H.265(HEVC)のハードウェアエンコードがすべてのプラットフォームで利用可能になりました。これは、広く使用されている形式での書き出しが常に高速になることを意味します。

すべてのアップデート内容の確認はこちらから

Character Animator 3.3

Character Animator 3.3では、複雑なプロジェクトで作業するときにキーワードでトラックをフィルタリングしたり、各オーディオトラックのボリュームを個別に調整するオプションなど、ワークフローの改善がされています。

【アップデート内容】

Dynamic Link によるマーカー

Character Animator シーンのマーカーは、Dynamic Link を使用する他のアプリケーションで表示されるようになりました。たとえば、Character Animator のプロジェクトパネルから After Effects のプロジェクトパネルにシーンをドラッグすると、シーンのマーカーが After Effects に表示され、シームレスに編集を続けることができます。

タイムライン検索フィルター

検索用語に基づいてタイムラインパネルをフィルタリングします。検索フィルターは、タイムラインパネルのヘッ​​ダーエリア(左側)の名前と一致します。トラック名とビヘイビアー、およびテイクとキーフレームのビヘイビアーパラメーター名が一致します。

オーディオトラックの音量調節

シーンのタイムライン内の各オーディオトラックに、トラックの音量レベルを個別に制御するための独自の音量設定が追加されました。スライダーを使用して、デシベル dB で指定した値を調整できます。

詳しくはこちらから

テーパーされたモーションラインパラメーター

モーションラインビヘイビアーのこの新規パラメーターは、モーションラインの太さを徐々に減少させ、フェードするだけでなく、見栄えを良くします。

コントロールパネルのスライダーおよび角度コントロールの現在値

「コントロール」パネルでスライダーおよび角度コントロールとして表されるビヘイビアーパラメーターは、コントロールの左上隅に現在値を表示するようになりました。ホットテキスト値を入力するかスクラブして、プロパティの値を変更できます。

レイヤーの切断された領域の輪郭メッシュ形状を改善しました

「輪郭のメッシュ形状」を使用してレンダリングすると、不透明なピクセルの分離されたレイヤーと切断された領域を含むプロジェクト内で、最大の領域だけでなく、すべての領域がレンダリングされます。

すべてのアップデート内容の確認はこちらから

Performance and Stability: Our Highest Priority

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました