スポンサー

iCloneやCharacter Creator の開発で知られるReallusionが、Epic MegaGrant を受賞

CGソフト

5月15日、Character Creator と iClone の開発者である Reallusion は、Epic Games から Epic MegaGrant を受賞したことを発表しました。

Reallusion は、Epic Gamesと同様にインディークリエイターのサポートに力を入れており、このMegaGrantの獲得はその共通の関心を証明するものであるとしています。

iClone と Unreal Engine の融合

Reallusion は現在、 iClone Unreal Live Link によってデジタルヒューマンを実現するためのキャラクター作成とアニメーションのパイプラインを Unreal Engine に提供しています。インディーンディーデベロッパー、ゲームスタジオ、Unreal Engineのすべてのユーザーは、Character CreatorとHeadshotによるキャラクター生成、UE4と互換性のあるモーション、無数のデバイスを使った全身モーションキャプチャ、顔と手のアニメーション編集、Face/Bodyアニメーションの編集など、iCloneに不可欠な機能を、ワンクリックでUnreal Engineに転送し、自動でセットアップすることができます。

インディースタジオはReallusionとUnreal EngineによってAAAにせまる?

Reallusionは、インディー系スタジオやクリエイターが iClone、Character Creator、Unreal Engine などのツールを利用するようになるにつれ、インディーズとプロのスタジオの間での競争が激化しているといいます。

AAAスタジオのプロジェクトと比較して重要な違いは、インディーズのプロジェクトが必要とする人員の数です。FYQD Studioは、FPSとアクションジャンルの一人称シューティングゲーム「Bright Memory」の作成のおいて、iCloneのリアルタイムゲームキャラクター作成プラットフォームを利用してキャラクターデザインとアニメーションプロセスの開発時間を約2か月に短縮しており、予算と人員の制限を克服して成功を収めました。顔のアニメーションはiPhoneでキャプチャ、iCloneのLIVE FACE内でモーションキャプチャされ、Unreal Engine 4で使用されています。

MegaGrantでインディーコミュニティをサポート

MegaGrantで得た資金は、Unreal EngineユーザーがReallusionからのプロダクションスポンサーシップサポートのためのプロジェクトを提案するための基金を設立し、インディーコミュニティをサポートすることに使用されます。

Pitch and Produce

基金を使用し、開発者の支援を目的としたPitch and Produce」というキャンペーンが開始しています。

Reallusion は、Unreal Engine ユーザーに、Character Creator と iClone を利用したプロジェクトに対して、プロジェクトを制作するための資金を得る機会を提供します。

Reallusionによって設立された基金は、開発者に無料ツールを提供するか、1,000ドルから10,000ドルの範囲のスポンサーシップを提供します。

Reallusion Pitch and Produceプログラムへの応募に興味のある方はこちら

Reallusion Receives Epic MegaGrant Award

 

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました