スポンサー

Radeon ProRender の開発者向けの機能とBlenderなどのプラグインがアップデート!Unreal Engineもサポート

フリーコンテンツ

AMDは、フィジカルベースのレンダリングエンジン Radeon ProRender の デベロッパーアップデート、既存のプラグインの更新と新しいプラグインのリリースを発表しました。

このリリースでは、Radeon ProRenderをアプリケーションに統合しようとしている開発者のための大きな変更点、次世代レンダリングエンジンのプレビュー、新しいUnreal Engine用のプラグインの追加やBlender、Houdini、Maya用のプラグインの更新が行われています。

アップデート内容

開発者の実装がさらに簡単に

AMD Radeon ProRender Developer Suiteは、アプリケーションのワークフローにフィジカルベースのレンダリングを追加しようとしている開発者向けの完全なSDKツールキットで、GPUOpenの新しいホームに移されました。これに伴い、開発者向けのRadeon ProRenderのライセンス方法にも重要な変更が加えられ、より簡単に作業できるようなりました。

SDKは、Apacheライセンス2.0の下で自由に利用できるようになり、アプリケーションでRadeon ProRenderを使用するためのライセンス契約が簡素化されました。

GPUOpenとは – 2016年から開始された、ノベーションを推進するため、開発者の問題解決に焦点を当て、AMDのゲーム開発およびコンテンツ制作ソフトウェアのツールと技術を共有しているウェブサイトです。このたびウェブサイトが使いやすくリニューアルされています。

GPUOpenでは、この新しいライセンスモデルに加えて、すべてのRadeon ProRenderプラグインのオープンソース版も公開しており、開発者は、レンダラーをアプリケーションに統合する方法の例として使用することができます。

次世代のAMDレンダリング・ソフトウェアを含むSDKの更新

開発者Suiteは、AMD Radeon ProRender、AMD Radeon Rays、AMD Radeon Image Filter Library SDKの3つのSDKで構成されており、新しいホームとライセンスの変更に加えて、いくつかの実質的なアップデートが行われ、レンダリングソフトウェアの次世代版であるRadeon ProRender 2.0 SDKのベータ版が公開されています。

AMD Radeon ProRender 2.0

AMD Radeon ProRender 2.0では、柔軟性の高い新しいシェーダー・ノード・システム、重いジオメトリのアウトオブコア・サポート、ピクセルあたりのサンプル数が同じで収束性が高いように設計されたレンダリング・アルゴリズムの改良など、いくつかの重要な新機能と改善が追加されています。例えば、発表されたばかりのAMD Radeon Pro VIIとAMD Ryzen Threadripper 3990Xを併用した内部レンダリング・テストでは、レンダリング時間が最大47パーセント短縮されました。

AMD Radeon Rays 4.0

AMD Radeon Rays 4.0は、高性能レイ交差点アクセラレーション・ライブラリのアップデートです。この最新バージョンでは、Vulkan APIに加えてDirectX 12を使用している他のベンダのGPUとCPUの両方をサポートし、カスタムAABB階層を持ち、GPU Bounding Volume Hierarchy (BVH)の最適化が含まれています。Radeon Rays 2.0は、OpenCLのサポートを必要とする開発者向けにまだ利用可能だ。

Unreal Engine の新しいプラグイン

Unreal Engine 用の新しい Radeon ProRender プラグインが発表されました。このプラグインは、Vulkan API ベースのフル スペクトラム レンダリング テクノロジーとフル OpenCL パストレース レンダリングの両方を追加するものです。

プラグインは Unreal Engine に完全に統合されており、作成したシーンの既存のライト、マテリアル、テクスチャを使用します。また、Unreal の Datasmith ツールにより、Unreal Engine を製品や AEC のビジュアライゼーション ワークフローの一部として簡単に利用できるようになったため、デザイナーや建築家は Radeon ProRender を使用して、作品の高品質なフォトリアリスティックなレンダリングを簡単に作成できます。

Radeon ProRender for Unreal Engineには、AIによるノイズ除去、アダプティブ・サンプリング、ネイティブ・トーン・マッピングやガンマ・コントロールなど、当社の他のプラグインに期待される多くの機能が含まれています。

Blender 2.83 のサポートを含む更新されたプラグイン

既存のBlender、Houdini、Maya用のプラグインも多くのアップデートが行われています。

Radeon ProRender for Blender

Blenderの2.83リリースをサポートしました。また、OpenVBDボリュームノードの追加、イメージファイルのエクスポート時間の改善(2.83使用時)、ObjectIDとMaterialIDのAOVのサポート、Blenderアドオンの環境設定メニューからプラグインを読み込むためのインストールプロセスの更新も行っています。

Radeon ProRender for Maya

Autodesk Maya 用のプラグインは最新バージョンの 2020 をサポートしており、今回のアップデートでは、Maya 用の  Esphere の Ornatrix  ヘア プラグインのサポート、OpenVBD ボリュームのレンダリングのサポート、Maya Light Editor と HyperShade での Radeon ProRender ライトの表示、より多くの Maya シェーダ ノードのサポート、カメラのモーションブラー、様々な UI の改善など、多くの新機能と更新機能が追加されています。

Radeon ProRender for Houdini

新しいUnreal Engine用のプラグインは、SideFX Houdini 18のUSドルベースのルックデバイス、レイアウト、ライティングツールセットであるSideFX Solarisと連携します。今回のアップデートでは、Houdiniプリンシプルシェーダのサポート、Radeon ProRenderエリアライトの改良、モーションブラーのサポート追加、OpenVDBボリュームレンダリングの改善が行われています。

次世代レンダリングエンジンを試す

次世代レンダリングエンジンRadeon ProRender 2.0レンダリングのプレビューが利用できるようです。Blender と Maya 用の更新されたプラグイン (Windows バージョンのみ)には、「実験的」Radeon ProRender 2.0モードがあり、次世代レンダリングエンジンがもたらす改善の一部をプレビューすることができます。「実験的」機能であるので、不安定でありまだ制作ワークフローでの使用は推奨されていません。

AMD RADEON PRORENDER DEVELOPER SUITE の詳細へ

RADEON PRORENDER 2.0 SDK BETA をダウンロード

RADEON RAYS 4.0 の詳細へ

更新されたプラグインをダウンロード

Take Your Rendering to the Next Level with AMD Radeon ProRender Developer Updates and New Plug-Ins

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました