スポンサー

AMD、プロフェッショナル向けグラフィックス・カード「AMD Radeon™ Pro VII」を発表

PC関連

AMDは5月13日、放送・エンジニアリングのプロフェッショナル向けワークステーション・グラフィックス・カード「AMD Radeon™ Pro VII」を発表しました。

また、AMD Radeon™ Proグラフィックス・カードのパフォーマンスを向上させる新しいAMD Radeon™ Pro Software for Enterprise 20.Q2もリリースされています。

AMD Radeon™ Pro VII

この新しいグラフィックス・カードは、今日最も要求の厳しい放送やメディア・プロジェクト、複雑なCAE(Computer Aided Engineering)シミュレーション、AMD搭載のスーパーコンピュータで科学的発見を可能にするハイパフォーマンス・コンピューティング(HPC)アプリケーションの開発に対応するように設計されています。

AMD Radeon Pro VIIグラフィックスカードは、16GBの超高速HBM2(高帯域幅メモリ)を搭載し、6倍速同期ディスプレイと高帯域幅PCIe® 4.0インターコネクト技術をサポートしています。統合型のポストプロダクションソフトウェアBlackmagic Design DaVinci Resolveでは8K画像処理性能が最大26%向上し、競合製品と比較して倍精度(FP64)性能が最大5.6倍/ドルになります。

AMD Infinity Fabric™ Linkは、マルチGPUシステム構成でGPU間の高速通信を可能にすることで、アプリケーションのデータスループットを高速化します。

MDのコーポレート・バイス・プレジデント兼グラフィックス・ビジネス・ユニット・ジェネラル・マネージャーであるスコット・ハーケルマン(Scott Herkelman)は、次のように述べています。

「今日のプロフェッショナルは、世界クラスの結果を出すことを目標にしながら、ますます厳しい予算の中で高いプレッシャーのかかる納期に対応しなければならないという課題に直面しており、そのなかで、グラフィックス・カードには、より多くのことを求められています。AMD Radeon Pro VIIは、ユーザーが大規模で複雑なシミュレーションを簡単に管理し、非常に高解像度のデジタル・メディアやデジタル・サイネージ・コンテンツを作成して管理し、高度なHPCアプリケーションを開発して、大規模なスーパーコンピュータの導入で科学的発見の新しい波を推進することを可能にする革新的で高性能なテクノロジーを提供します。」

AMD Radeon Pro VIIグラフィックス・カードの主な機能と特徴は以下の通りです。

  • Leading Double Precision Performance(業界をリードする倍精度性能) – Radeon Pro VIIグラフィックスカードは、要求の厳しいエンジニアリングや科学的なワークロードに対応する最大6.5 TFLOPS(FP64)の倍精度性能を備え、AMD Internal Benchmark for Altair® EDEM “Screw Auger “ビューセットの競合製品と比較して、1ドルあたり5.6倍の性能を実現しています。
  • High-speed Memory(高速メモリ) – 1TB/秒のメモリ帯域幅とフルECC機能を備えた16GBのHBM2が、大規模で複雑なモデルやデータセットを低レイテンシーでスムーズに処理します。
  • AMD Infinity Fabric Link – 2つのAMD Radeon Pro VII GPU間のメモリ共有を可能にする高帯域幅、低レイテンシーの接続により、ユーザーはプロジェクトのワークロードのサイズとスケールを拡大し、より複雑な設計を開発し、より大規模なシミュレーションを実行して科学的発見を促進することができます。AMD Infinity Fabric Linkは、最大5.25倍のPCIe® 3.0 x16の帯域幅を提供し、GPU間で最大168GB/sのピアツーピア通信速度を実現します。
  • Remote Working – AMD Radeon Pro Software for Enterpriseドライバ4に組み込まれたリモート・ワークステーションIPにより、ユーザーは事実上どこからでも物理的なワークステーションにアクセスし、自由に生産性を向上させることができます。
  • High-bandwidth PCIe 4.0 Support(高帯域幅PCIe 4.0サポート) – PCIe 4.0は、PCIe 3.0の2倍の帯域幅を提供し、8K、マルチチャンネル画像のインタラクションのためのスムーズなパフォーマンスを可能にします。
  • Frame Lock/Genlock – ディスプレイウォール、デジタルサイネージ、その他のビジュアルディスプレイの正確な同期出力を可能にします(AMD FirePro™ S400同期モジュールが必要です)。
  • High-resolution/Multi-display Support(高解像度/マルチディスプレイのサポート) – 最大6倍の同期ディスプレイ・パネル、フルHDRおよび8Kスクリーン解像度(シングル・ディスプレイ)をサポートし、超高速エンコード/デコード・サポートを組み合わせることで、マルチストリーム・ワークフローの強化を実現します。
  • プロフェッショナル・アプリケーション認証 – 安定性と信頼性のために、主要なプロフェッショナル・アプリケーションで最適化され、認証されています。Radeon Pro Software認定のISVアプリケーションのリストはこちらから
  • ROCm™ オープン・エコシステム – 加速計算のためのオープン・ソフトウェア・プラットフォームは、OpenMP、HIP、OpenCL™をサポートし、TensorFlow™、PyTorch™、Kokkos、RAJAなどの主要な機械学習およびHPCフレームワークをサポートすることで、簡単なGPUプログラミング・モデルを提供します。
 Radeon™ Pro VII
Stream Processors
3840
演算性能Up to 6.5 (FP64)
Up to 13.1 (FP32)
周波数1705MHz
HBM2 メモリ16GB with ECC
メモリ帯域
1 TB/s
メモリインターフェイス4096-bit
PCI-Express電源コネクタ8-pin+6-pin
Typical Board Power250W
ディスプレイ出力(Mini-DisplayPort 1.4)6x

【提供開始時期】

AMD Radeon Pro VIIグラフィックスカードは、6月中旬から主要な販売店や小売店から1899ドルで発売される予定です。AMD Radeon Pro VIIを搭載したワークステーションは、主要なOEMパートナーから2020年後半に発売される予定ということです。

AMD Radeon Pro VIIグラフィックカードの詳細はこちら

AMD Expands Professional Offerings with AMD Radeon™ Pro VII Workstation Graphics Card and AMD Radeon™ Pro Software Updates

AMD Radeon Pro Software for Enterprise 20.Q2

AMD Radeon Proワークステーション・グラフィックス・カードは、Radeon Pro Software for Enterpriseドライバでサポートされており、エンタープライズ・グレードの安定性、パフォーマンス、セキュリティ、画質、その他の革新的な機能(高解像度スクリーン・キャプチャー、録画、ビデオ・ストリーミングなど)を提供しています。

【更新内容】

  • パフォーマンスの向上 – 四半期ごとにリリースされるエンタープライズ・ドライバでは、主要なISVアプリケーション開発者との緊密な協力関係のおかげもあって、すべてのリリースで継続的にパフォーマンスを最適化しています。最新のリリースでは、現行世代のAMD Radeon Proグラフィックスカードに対して、前年比で最大14%のパフォーマンス向上を実現しています
  • 電源管理で電力効率を再考 – ドライバのインテリジェントな電力使用量管理により、選択されたAMD Radeon Proグラフィックスカードは、さまざまなプロフェッショナルアプリケーションのワークフローに最適な電力を選択することができ、SOLIDWORKSのような製造アプリケーションだけでなく、Adode Photoshopのようなクリエイティブアプリケーションを使用する場合も含まれます。
  • マルチタスク用に設計 – 今日のクリエイティブなワークフローでは、一度に1つのアプリケーションで作業することはほとんどありません。マルチタスクに関しては、AMD Radeon Pro Software for EnterpriseとAMD Radeon Proグラフィックスを併用することで、競合他社を凌ぐ優れたパフォーマンスを実現します。

新しいソフトウェア・ドライバーは、こちらからダウンロードできます。

AMD Radeon Pro Software for Enterprise 20.Q2の詳細についてはこちらから

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました