スポンサー

次世代の新技術を搭載したUnreal Engine 5 デモが初公開!2つの新しいコア技術が明らかに

CGソフト

Epic Gamesは、ゲームエンジンとリアルタイムレンダリングシステムの次世代リリースである Unreal Engine 5 のデモ動画を公開しました。また、同時にロイヤリティを免除の収入額の変更やEpic Online Services のローンチのニュースも合わせて紹介します。

 Unreal Engine 5 Demo「Lumen in the Land of Nanite」

このデモは、新しい2つのコア技術 Lumen と Nanite を中心にUnreal Engine 5の新しい技術で可能になる表現の紹介がされています。また、このデモはPlayStation 5 でリアルタイムに実行されているということです。

Unreal Engine 5 新機能

Nanite:仮想化マイクロポリゴンジオメトリ

Naniteによって、数億、あるいは数十億ポリゴンの映画品質のソースアート、ZBrush のスカルプト、フォトグラメトリスキャン 、CAD データであっても Unreal Engine に直接インポートできるようになり、すぐに機能します。

また、Nanite ジオメトリはリアルタイムでストリーミングされスケーリングされるので、ポリゴン数もドローコール数もメモリも気にする必要がなくなります。ディテールをノーマルマップにベイクしたり、手動で LOD を作成する必要もなく、クオリティが保たれます。

デモの最初の崖シーンは、大部分がゲーム向けバージョンのアセットではなく通常は映画でのみ利用される Quixel Megascan アセットで作られており、各フレームのソースジオメトリのポリゴン数合計は10億を超えますが、Nanite はこのソースを劣化なしに2000万の描画ポリゴンへと変えています。

上のシーンで出てくる像は ZBrush から直接インポートされたものをそのまま使用しており、ひとつの像の三角ポリゴン数は 3300万超えています。部屋全体には同じ像が500個近くあるので、それだけでも合計すると160億の三角ポリゴンになるということです。

Lumen:ダイナミックグローバルイルミネーション ソリューション

このシステムは、シーンやライトの変更に対して即座に反応します。レイトレーシング向けの特別なハードウェアは必要とせず、キロメートルからミリメートルまでの規模の巨大で詳細な環境において、無限のバウンスと間接スペキュラ反射を利用して、ディフューズ相互反射をレンダリングします。

例えば、時間経過による太陽角度の変化、懐中電灯の点灯、天井に穴を開ける爆破などに対して、間接ライティングが適応的に変化します。Lumen によってライトマップのベイクが終わるまで待つ必要も、ライトマップ UV の作成の必要もないので、時間が大幅に削減されます。アーティストが Unreal Editor の中でライトを動かすだけで、ライティングの見た目はゲームをコンソールで実行した場合と同じになります。

その他の改善など

・ナイアガラVFXの改善

デモ内で出てくるコウモリの群れは Niagara エフェクトシステムで制作されています。Niagara のパーティクルは互いに通信を行えるようになり、環境も知覚します。また、流体シミュレーション実行のための機能も追加され、デモ内では水の表現に使用されています。

・アニメーションシステムの強化

環境がとても複雑になっため、アニメーションシステムの大幅な改善がされています。

予測に基づく足配置とモーションワープを追加され、自然に見えるように IK や身体姿勢を動的に調整します。また、キャラクタと環境が現実的なインタラクションを行うようにシームレスなコンテキストベースのアニメーションイベントをトリガーできるようになっています。

・オーディオの進歩

Convolution Reverb によって実際の空間から計測したリバーブ特性を仮想空間で再現できます。サウンドフィールド レンダリングでは空間化されたオーディオを録音し、再生することができ、より没入感が高まります。

 Unreal Engine 4 と 5 の今後の予定

Unreal Engine 5 は2021年初頭にプレビューとして利用可能になり、フルリリースは2021年後半を予定しているということです。Unreal Engine は既に Sony と Microsoft の次世代コンソールプラットフォームをサポートしており、Unreal Engine 5 も次世代コンソール、現世代コンソール、PC、Mac、iOS、Android をサポートします。

Epic Gamesが販売・配信するアクションビルディングゲーム「フォートナイト」は、UE4 で作られていますが、社内での実際の開発使用を通じて業界最先端の機能を実証するという約束の通り、次世代コンソールに対してローンチでリリースし、2021年の中期に UE5 に移行する予定ということです。

その他のニュース

ゲームからの収入が 100 万ドルに到達するまで Unreal Engine のロイヤリティを免除

今までは四半期ごとの総売上が3000ドル(約36万円)を超えた分に関して5%のロイヤリティをEpic Gamesに支払うということでしたが、これが粗収入が 100 万ドルを達成するまでロイヤリティが免除になりました。

新しい Unreal Engine ライセンス条項はすでに変更されており、遡って2020年1月から適用されます。

詳細はこちらから

Epic Online Services がローンチ

フォートナイトのために構築したフレンド、マッチメイキング、ロビー、アチーブメント、リーダーボード、アカウントといったこれらのオンラインサービスが、PlayStation、Xbox、Switch、Mac、iOS、Android の7のメジャープラットフォームで利用可能になりました。これらのサービスを好きに選んで、アカウントサービス、プラットフォームのアカウントや Epic Games アカウントと組み合わせて使用することができます。

Epic Online Services はすべてのデベロッパーに無料で解放されるということです。

Unreal Engine 5 初公開

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました