スポンサー

[7/17更新]高速リアルタイムボリューメトリック流体シミュレーションツール EmberGen Beta版 がリリース

CGソフト
7/17更新:JangaFXは、EmberGen Beta 0.5.5.0 のリリースを発表しました。更新部分へ

JangaFXは5月4日(現地時間)、リアルタイムボリューメトリック流体シミュレーションツール EmberGen Beta版 のリリースを発表しました。

JangaFXについて

JangaFXは、オンラインゲームを専門とするノルウェーのビデオゲームFuncomに所属していたこともあり、スタートアップやリアルタイムにも精通している Nick Seavert によって2016年に設立されました。最初のツールは2017年にリリースされたVectorayGenで、現在はEmberGen中心に開発をしています。

リアルタイムVFX制作のほとんどのワークフローは、映画/ CG業界のみを対象としたソフトウェアパッケージの使用で構成されており、ゲームの場合には時間と費用がかかります。この状況を変えるためにビデオゲームや映画業界で働くアーティストやデザイナーにリアルタイムのVFXツールを提供することを目的としています。

また直近のニュースとして、先月、JangaFXはOtoyと提携し、OctaneRenderやOtoyの他のツールと直接統合されたソフトウェアEmberGen FXの開発を発表しています。

OTOYのOctaneRender 2020.1、RNDR Network のリリースとGTC2020の情報
現地時間4月27日OTOY, Inc.は、アンバイアスパストレースレンダラーの最新アップデートである OctaneRender 2020.1 と次世代GPUクラ...

EmberGen とは

EmberGenは、フリップブック、イメージシーケンス、VDBボリュームを瞬時にシミュレーション、レンダリング、エクスポートできるリアルタイム流体シミュレーションツールです。他のツールでは、パラメータを変更すると、結果を見るために何時間も待つ必要がありますが、EmberGenでは、パラメータを変更すると、シミュレーションとレンダリングがすぐに更新されます。

JangaFXは「世界最速のボリューメトリック流体シミュレーションプラットフォーム」と表現しており、ユーザーはFumeFXのようなオフラインツールに匹敵する複雑な煙や火のエフェクトを作成することができるとしています。

EmberGenの燃焼システムは、気体流体のダイナミクスを単純に再現するだけでなく、実際の火球が燃料と酸素を消費する方法を模倣しており、風の力や乱流の影響を受けたり、地上面や外部境界との衝突によって制約を受けたりすることもできます。

結果として得られたデータは、OpenVDB形式で他のDCCアプリケーションにエクスポートしたり、EmberGen内で直接レンダリングすることができます。

EmberGen Beta

今回リリースされたベータ版では、EmberGenの基本的な機能が大きく変更されているため、昨年12月以来のアップデートとなっています。このリリースでは、プロシージャルシミュレーションを数秒で簡単に構築するための新しいノードグラフシステムを中心に多くの更新が行われています。

【新機能】

シミュレーションをより正確にコントロールできるようになっただけでなく、シミュレーション内で複数の流体エミッターを使用したり、カスタムエミッター形状を使用したりすることが可能になりました。また、メッシュやテクスチャマップから流体をエミッタすることができるようになっています。

さらに、エクスポート前にシミュレーションをアップレゾ処理できるようになりました。これは単にポストプロセスの効果ではなく、より低い解像度で迅速なテストシミュレーションを実行し、最終的な品質でエクスポートすることが可能です。

  • 機能的なノードグラフ
  • より良いシミュレーションとレンダリング
    ループシミュレーション
  • エミッタとコライダーとしての静的メッシュ
  • コライダー
  • カメラ
  • カラーピッカー
  • カラーグラデーション
  • タイムライン用のカーブ
  • 自動保存/回復
  • HiDPI対応
  • 統合されたグラフィックカードよりもディスクリートグラフィックカードを優先
  • UIの改善

EmberGen Beta 0.5.2.0 (5/18更新)

この新しいビルドは、多くの変更点、改善、バグ修正があります。新機能ハイライト動画も投稿されています。

【変更点

  • Shape、Force、Windなどの全てのノイズ機能は、シーディングの問題が修正され、バイアスを除去するために作り直されています。これにより、特定のノイズパターンに依存するいくつかのプリセットが壊れる可能性がありますが、パラメータを調整することで修正可能なはずです。付属のプリセットはそれに応じて調整されています。

【新機能

  • ポイントライトノード
  • シャドウキャッチャー:影のある透明な地面
  • 均一な色の地面
  • Sceneノードの背景にUniform Colorが使用されている場合、カスタムのエクスポート背景色。これは、完全に透明なピクセルのカラー値をレンダリングされた煙に似たものに設定するのに役立ちます。
  • 利用可能な新しいアップデートがあるときにポップアップします。
  • スライダーウィジェット式。
    3 * 4 + 1のようなものを入力すると、13と評価されます。
    sqrtやlogなど、多くの一般的な機能をサポートします。

EmberGen を起動し、左上の Update Available をクリックするか、インストールフォルダ内の wyupdate.exe を実行することでアップデートをすることができます。

すべてのアップデート内容の確認は、EmberGen Beta 0.5.2.0リリースノートへ

EmberGen Beta 0.5.5.0(7/17更新)

JangaFXは7月16日(現地時間)、EmberGen Beta 0.5.5.0 のリリースを発表しました。

このリリースでは、実験的なGPUパーティクル機能が導入されています。現在、GPUパーティクルをエクスポートするには画像を使用するしかありませんが、今年の後半には、alembicエクスポートをサポートする予定ということです。また、GPUパーティクル機能の導入にともない、新しいGPUパーティクルレンダラを使用するプリセットが追加されています。

変更ログ:

  • 実験的なGPUパーティクルの導入:シミュレーションデータを使用してGPUパーティクルが描画される新しいレンダリングモードです。単独で、またはハイブリッドモードでボリューメトリックレンダリングと併用して使用することができます。このモードは不安定で、一部の機能が不完全な場合があります。レンダリングモードのドロップダウンでGPUパーティクルを選択すると、ボリュームノードのGPUパーティクルにアクセスできます。GPUP “で始まるプリセットは、これらの新しいGPUパーティクルを使用していることを意味します。
  • 画像エクスポート用に再調整されたアルファブレンディング:ブレンドモードは、[Settings]ではなく[ Capture]ノードにあります。Straight Alpha モードには、透明な背景色の基本的な色の塗りつぶしがあり、ブレンド後の色は以前よりもわずかに良くなります。
  • 個々のウィンドウのサイズを変更できますが、まだレイアウトは変更できません:ビューポートのサイズを変更すると、レンダーターゲットサイズのプレビューが表示されます。これは、ビューポートに直接表示するスクリーンショットまたは記録機能を使用する場合に生成される画像のサイズになります。
  • エクスポートモード時にカメラが誤って移動することがなくなりました。
  • 基本的なログシステムを追加:毎日エンコードされたログが「log」フォルダーに表示されます。
  • 基本的なタイルレンダリングを追加:これにより、長いレンダリングでUIのストールが少なくなることはなく、最悪の場合、時間がかかりすぎてOSがドライバーをクラッシュして強制的に回復するため、クラッシュしなくなりました。
  • すべてのエクスポートイメージノードが完了したときにシミュレーションを一時停止するオプションを追加。
  • EmberGenが起動時に更新された有効期限をチェックするように。
  • タイムラインズームの改善。
  • ノードグラフの相互作用の改善。
  • ウィンドウタイトルのリフレッシュレートが改善されました。
  • 19の新しいプリセットが追加され、合計で104になりました。

EmberGenをアップデートするには、ソフトウェアの起動後、左上のファイルメニューの近くにある “update “をクリックしてください。

すべてのアップデート内容の確認は、EmberGen Beta 0.5.5.0リリースノートへ

スルーしましたが、6月には大幅にソフトウェアの安定性を向上させる EmberGen Beta 0.5.3.0 がリリースされています。詳しいアップデート内容はこちらから(リリースノート)

価格とシステム要件

EmberGenはWindowsのみで使用できます。スタンドアロンのサブスクリプションは月額2,759円、年間26,484円です。Vectorygenとのバンドル製品もあり、現在の価格は以下のようになっています。

ユーザーは12ヶ月間の連続支払いで永久ライセンスの資格を得ることができます。

ベータ版は14日間、制限なく無料で試用することができ、ゲームエンジンや他のDCCアプリケーションにファイルをエクスポートすることが可能となっています。

EmberGenの14日間の試用はこちらから

EMBERGEN BETA IS OUT NOW!

 

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました