スポンサー

[6/12更新]V-Ray 5 For 3ds Max & Maya のベータ版が利用可能に!

プラグイン
6月12日更新:V-Ray 5 for Mayaのベータ版もリリースされました。更新部分へ

Chaos Groupは、V-RAY 5 FOR 3DS MAX のベータ版をリリースしました。

V-ray 5 For 3ds Max

V-Ray 5 for 3dsMax の新機能には次のようなものがあります。

LIGHT MIX(ライトミックス)

1 つのレンダーからさまざまな照明オプションを探ります。LightMixレンダーエレメントでレンダリングしなくても、インタラクティブにライトを調整できます。

LAYERED COMPOSITING(レイヤー合成)

新しいレイヤーコンポジターは、V-Rayフレームバッファ内で直接画像を微調整して仕上げることができ、別のポストプロセスアプリを使う必要はありません。

MATERIAL LIBRARY & BROWSER

金属、ガラス、木材など、500種類以上のレンダリング可能なマテリアルのライブラリから選択できます。

MATERIAL PRESETS

アルミ、クローム、ガラスなどのプリセットを使用して、一般的なマテリアルを設定する時間を節約できます。

MATERIAL PREVIEWS

新しいレンダリングされたマテリアルの見本は、あなたのマテリアルがどのように見えるかを正確に示しています。

・COAT LAYER

V-Rayマテリアルに直接反射コーティングを追加します。ブレンドマテリアルよりも最適化され、レンダリングが高速です。

・SHEEN LAYER

V-Rayマテリアルの新しい光沢オプションを使用して、ベルベット、サテン、シルクなどの柔らかいマイクロファイバー生地をレンダリングします。

・TEXTURE RANDOMIZATION

新しいVRayUVWRandomizerマップや新しい拡張されたVRayMultiSubTexコントロールを使用して、シーンに多様性を追加します。

・STOCHASTIC TEXTURE TILING

VRayUVWRandomizerの新しいStochasticタイリングオプションを使用して、テクスチャタイリングアーティファクトを自動的に削除します。

Chaos Groupによると、

完全に再設計されたフレームバッファ(VFB2)*や、強力なツールを搭載した新しいマテリアルライブラリを試してみて、新世代のV-Rayレンダラーを作るのに協力してください。

ということです。

V-RAY 5 FOR 3DS MAX のベータに参加する(サインインが必要)

V-RAY 5 FOR 3DS MAX BETA LAUNCHED

6/12更新:V-ray 5 For 3ds Maya の新機能

V-Ray 5 for Maya の新機能には次のようなものがあります。

LIGHT MIX(ライトミックス)

1 つのレンダーからさまざまな照明オプションを探ります。LightMixレンダーエレメントでレンダリングしなくても、インタラクティブにライトを調整できます。

LAYERED COMPOSITING(レイヤー合成)

新しいレイヤーコンポジターは、V-Rayフレームバッファ内で直接画像を微調整することができます – 別のポスト処理アプリを使用する必要はありません。

・EXTRA COMPOSITING CONTROL(追加のコンポジティングコントロール)

合成での細かいコントロールを可能にするLight Path Expressionsを使って、あらゆるライティングの寄与を出力します。ブール演算を使用してLPEを簡単に組み合わせたり、内蔵プリセットでクイックスタートしたりできます。

・FASTER V-RAY PROXY WORKFLOW(より速いV-RAY PROXYワークフロー)

新しいVRay Proxyノードでビューポートとレンダリング速度を向上 – 使いやすいルールベースのマテリアルと可視性の割り当てを備えたシンプルな単一ジオメトリノード構造。

・その他の機能

V-Ray 5 for Maya のベータに参加はこちらから

JOIN THE V-RAY 5 FOR MAYA BETA

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました