スポンサー

[7/4更新]Cinema4D用パーティクルとVFXプラグイン X-Particles の新機能ベータ版が利用可能に

プラグイン
[7/4更新] X-Particles の最新アップデート Build 884 がリリースされました。更新部分へ
[6/30更新]新しいSneak Peekが公開されたので追加しました。

INSYDIUM LTDは、高度なパーティクルとVFXシステムを備えたMAXONのCinema 4D用のプラグイン「X-Particles」の新機能ベータ版をリリースしました。

Beta Access ページは、Update – Coming Soon ページになっており、次の X-Particles Update は7 月初旬にリリースされる予定ということです。

X-Particlesの最新アップデートにアクセスするには、保守期間中のX-Particlesライセンスを所持している必要があります。

ベータアクセスについて

ベータ版はまだ品質保証に合格していないので、アクセスは完全に任意となっており、次の特徴があります。

  • あなたは、オプトインするかどうかを選択することができます。
  • ベータアクセスはオンラインでの使用のみとなり、ベータアップデートのオフライン期間はありません。
  • テクニカルサポートやカスタマーサービスではなく、DiscordチャンネルやINSYDIUM Onlineを使ってチームにフィードバックすることができます。
  • X-Particles Bug Reporterを介してバグレポートを提出することができます。

【アップデート方法】

環境設定(preferences)で「Show Early Access Updates」にチェックを入れることで、X-Particlesベータ版にアップデートすることができます。

新機能

INSYDIUMから新機能のSneak Peek動画が公開されています。

xpExplosiaFX (6/30更新)

xpExplosiaFXは強力な新機能とシミュレーション設定でアップデートされました。

  • 新しいUpres機能で低解像度のシミュレーションに詳細を追加します。元のシミュレーションの動作を変更することなく、ボクセル数、渦度、乱流を増加させることができます。
  • OpenGLビューポート表示モードで、シミュレーションを美しく視覚化します。燃料と煙のチャンネルは、色と不透明度を別々に調整でき、リアルな火災またはスタイル化された火災のために2つの燃料表示モードから選択できるようになりました。
  • 新しいコリジョンシステムは、流体とシーンオブジェクトの間に高精度な相互作用をもたらします。
  • xpExplosiaFXボリュームを曲げたり、ひねったり、巻いたりできます。Cinema4D Deformerのサポートにより、複雑なアートディレクションがこれまで以上にシンプルになりました。
  • 新しいエミッタータグオプションは、シーンオブジェクトからのベロシティ転送とパーティクルエミッターのカールノイズを可能にします。
xpFluidFLIP (6/30更新)

xpDomainは一から書き直され、全く新しいxpFluidFLIPとなりました。

  • 計算が速くなり、シミュレーションがより現実的になり、FLIPとAPIC流体ソルバーの選択が可能になりました。
  • APICシミュレーションは流体の角速度をより良く維持し、よりエネルギッシュでありながら非常に安定したシミュレーションを生成します。
  • 正確な新しいコリジョンシステムは、静的、並進、回転するオブジェクトを簡単に処理します。
  • 新しいシミュレーション設定は、各解をより芸術的にコントロールできるようになりました。
  • X-ParticlesモディファイアやxpFoamのような他の動的オブジェクトを使って、 xpFluidFLIPシミュレーションを強化してください。
xpFlowField (6/30更新)

新しい xpFlowField レイヤリングシステムでパーティクルのフローをコントロールしましょう。

  • 新しいインターフェースでは、複数のフロータイプをブレンドすることができます。
  • オブジェクト法線、スプライン方向、フィールド、そしてExplosiaFXのベロシティもフロータイプとして使用できます。
  • 計算が高速化され、ビューポートでの再生がよりスムーズになりました。
  • Trail Displayのような新しい表示モードは、フローを視覚化するのに役立ちます。
xpScatter (6/30更新)

xpScatter は、任意のシーンジオメトリ上にオブジェクトを散布することができます。

  • ランドスケープの勾配、高さ、曲率を使って、リアルなエコシステムを作ることができます。
  • テクスチャ、モディファイア、エフェクタを使って成長をアニメーション化します。
  • 複数の表示モードを使用して、ビューポートのパフォーマンスを高速化。
  • オブジェクトの散乱をカメラの視野内に制限して、最適な効率を得ることもできます。
Intersections (6/30更新)

新しい交差点検出設定を使用して交差点を回避します。

  • xpNetwork、xpBranch、xpAvoid モディファイアで利用できます。
  • 交差点検出でパーティクルの方向をフリーズ、キル、変更することができます。
  • この機能により、見事なネットワーク、ブランチ、成長システムを作成することができます。
xpOcean

xpOceanは新しいジェネレータでリアルな海面を作成することができます。

  • 波の高さ、風速、波の揺れを完全にコントロール。
  • 高さと消散をコントロールしてフォームマップを作成。
  • Loop End Frame設定を使って、完璧なループを設定。
  • xpOceanをデフォーマモードを使用すると、どんなシーンジオメトリでも使用できます。
  • サーフェスモードを含むいくつかの変位空間オプションがあり、xpOceanを他のデフォーマと一緒に使うことができます。
xpPushApart

xpPushApartはX-Particlesの新しいモーションモディファイアです。

  • 距離やパーティクル半径に基づいてパーティクルを押しのけます。
  • 交差点を取り除き、ダイナミックなパッキング効果を作るためにパーティクルを操作します。
  • 他の xpScale のようなモディファイアと一緒に使うことで、ダイナミックな成長システムを作ることができます。
xpVertexMap

新しく更新されたxpVertexMapにより、パラメトリックオブジェクトやジェネレータもカスタムアニメーションの頂点マップを持つことができるようになりました。

  • ウェイトペインティング効果には、オブジェクトのポリゴンや頂点、パーティクル、トレイル、さらにはxpExplosiaFXシミュレーションも含まれます。
  • 新しいエフェクトには、アンビエントオクルージョンとオブジェクトの曲率が含まれます。
  • ブレンドモードを使って、まったく新しいインターフェースで複数のウェイトペイントエフェクトをレイヤー化してミックス。
  • パーティクルカラー駆動のウェットマップのためのカラー頂点マップを作成します。
xpEmitter

xpEmitter がアップデートされました。ルックの開発がより直感的になり、ワークフローがより効率的になりました。

  • 新しいエミッションスシミュレートモードでは、タイムラインを再生せずにパーティクルを誕生させることができます。
  • エミッターの設定、調整、微調整を行うと、リアルタイムでパーティクルが更新されます。
  • 頂点マップのエミッションスライダーが新たに追加され、アーティスティックなコントロールと繊細さが追加されました。
  • ワークフローの改善では、ModifiersタブとQuestionタブが統合され、特定の動作を分離して調整するのに最適なアクティベーションと非アクティベーションが簡単になりました。

 

Trail Display

xpFlowField と ExplosiaFX は、アップデートされ、いくつか新しい強力な表示機能が追加されました。

  • 新しいトレイル表示モードで、あなたのベロシティフィールドを視覚化してレンダリングします。
  • トレイルの長さ、透明度、カラーグラデーションを調整します。
  • Trail Display はすべての xpFlowField モードで使用でき、xpExplosiaFX シミュレーションの表示にも使用できます。
xpFlock

xpFlockはX-Particlesの新しい最先端の群れシステムです。魚の群れ、昆虫の群れ、鳥の群れを簡単に作ることができます。

  • アラインメント、カオス、周辺部のようなユニークなビヘイビアをレイヤー化して、好きなように群れを演出してください。
  • シーンオブジェクトや他のパーティクルとの相互作用のために、軌道、追跡、逃走などの群れの行動を導入。
  • 複雑な群れのダイナミクスのために、味方と敵のパーティクルシステムを設定します。
xpBranch

xpBranch モディファイアがアップデートされ、よりリアルで複雑な枝系や葉を作成するのに役立ちます。

  • 新しいカーブベンディングモードは、滑らかな螺旋状の新芽や茎を作成します。
  • 直感的なコントロールでカーブの角度、締め付け、変位を調整できるので、ほぼ無限のバリエーションが得られます。
  • 新しいシンメトリーモードを使って、非常に詳細なシダを作成できます。
  • 直感的なスプラインコントロールを使って、複数の外観を簡単に反復します。
xpBlend

xpBlendはX-Particlesの新しいコントロールモディファイアです。パーティクルの値を隣接するパーティクルとブレンドして、ユニークな効果を得ることができます。

  • 流体パーティクルの色の値をブレンドすることで、驚くべきペイントミックスの結果を作成します。
  • パーティクルの半径値をブレンドして、有機的な成長効果を得ることができます。
  • 燃料、煙、火などの物理的なパーティクル特性をブレンドすることもできます。
  • データマッピングとフィールドと完全に互換性のあるxpBlendは、パーティクルプロパティをユニークで直感的にアニメーション化するための完全な芸術的なコントロールを提供します。

Beta Access についてはこちらから

X-Particles Beta Access のページへ

X-Particles 最新アップデートがリリース

INSYDIUMは7月3日(現地時間)、最新アップデートである build884 をリリースしました。

今回のアップデートでは、コアとなる基盤、再構築、改良、強化に焦点を当てています。アップデート内容は、上のSneak Peek動画で確認することができます。

【注意】  

  • X-Particles Build 884は、Cinema 4D R14からR18をサポートする最後のアップデートとなります。今後のアップデートではR19以降のみがサポートされ、お使いのコンピュータにはAVX(Advanced Vector Extensions)を搭載したプロセッサが必要になります。
  • 新しいOpenGLディスプレイは、Cinema 4D R14からR21で動作します。最新のドライバを搭載し、サポートされたGPUが必要です。MaxonがCinema 4D S22は、OpenGLを削除したため、新機能は現在サポートされていませんが、INSYDIUMはこれに対する解決策を見つけるために取り組んでいるということです。

アップデートは、カスタマーアカウントでダウンロードすることができます。また、X-Particlesオンラインアップデータを有効にしていれば、対象となるX-Particlesユーザーは、このアップデートを自動的に受け取ることができます。

INSYDIUM カスタマーアカウントへ

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました