スポンサー

[7/16更新]LightWave 2020 がリリース!レンダリングエンジンの刷新、OpenVDBツールセットの更新など

CGソフト
7月16日追記:LightWave 3D 2020.0.2 が利用可能になりました。追記部分へ

4月23日(現地時間)NewTekは、3Dモデリング、アニメーションソフトウェアの最新バージョンであるLightWave 2020をリリースしました。NewTekがVizrtに買収されて以来、最初のアップデートとなります。

このリリースでは、レンダリングエンジンの刷新がされ、DisneyのPartioパーティクルライブラリの統合を含む、ソフトウェアのOpenVDBツールセットも更新されました。その他にも新しいヘアシェーダーの追加やレイアウト、モデラー、OpenGLビューポートのワークフローの改善など幅広く更新が行われています。

LightWave 2020 新機能ハイライト

●2つの新しいグローバルイルミネーションレンダリングエンジン

グローバルイルミネーションレンダリングエンジンの再設計が行われ、ブルートフォース(不偏不党の放射輝度エンジン)とイラディアンスキャッシュ(補間放射輝度エンジン)の2つを搭載されました。新しいレンダリング エンジンを単独で使用するか、併用して使用するかを選択でき、コントロールして求めているレンダリング結果を得ることができます。

●FiberFX の 2 つの新しいシェーダー

LightWave 2020の新しいヘアシェーダーは、物理ベースのレンダラーを活用して、よりリアルなヘアを実現します。

Principled Hair Materialは、Principled BSDFの設定に基づいており、Color、Cutical Tilt、Roughness、Radial Roughne ss、Index of Refraction の5つの入力は、シンプルなインターフェースで、目を見張るような結果を得ることができます。

AFCヘアシェーダ(Artist Friendly Control(アーティストフレンドリーコントロール) – 簡略化されたアプローチ)は、スペキュラ設定が2つのセクションに分かれており、プライマリはストロークの前面の反射、セカンダリはストロークの背面から跳ね返った反射を制御します。

これにより、シンプルなアーティストフレンドリーなシェーディングオプションを選択するか、完全にコントロールして望みの外観を得ることができるようになりました。

●OpenVDBに新しいプロダクションツールのセットが追加

Partio パーティクルオブジェクトのサポートされたことにより、他のソフトウェアからPartioパーティクルオブジェクトを取り込み、vdbオブジェクトを分割、マージすることができます。また、新しい OpenVDB ツールセットには以下のものが含まれています。

  • Advect Point Node:ベロシティグリッドによるパーティクルのアドベクト
  • Analysis Node:グリッド作成 勾配、曲率、ラプラシアン、最近接点、発散、カール、マグニチュード、正規化
  • Combine Math Node:数学演算子を使ってグリッドを結合する
  • Level Set Morph:レベルセットグリッド間のモーフ
  • Partio Node:Houdini.HClassic パーティクルファイルを読み込む
  • VectorGrid Split and Merge:ベクトルグリッドを分割してマージし、さらに実験を行います。
  • Visualize Node:オプション付きグリッドビューア

●モーションシステムの再設計

LightWave 2020では、項目ごとに回転順序を変更する機能が用意されており、シーンファイルと一緒に保存されます。これにより、他のアプリケーションからLightWaveへの移行が容易になります。さらに、ジンバルロックのインスタンスを回避し、アニメーション中のアイテムをより自然な回転順序に従うようにローディングすることができます。

ローカルアクションセンター

LightWave Modelerでは、ローカル・アクション・センターでアイテムのグループに一度に影響を与えることができます。モデル内の複数のエッジやポリゴンを選択して、ローカルで1つのアイテムとしてアクションを実行します。ローカル・アクション・センターは、一度に複数のレイヤで動作し、素早く簡単に変更できます。

●トーンマッピング

LightWave 2020の新しいピクセルフィルターを使用すると、レンダリングの外観をより細かく制御できます。トーンマッピングは、画像処理やコンピュータグラフィックスで使用される技術で、ある色のセットを別の色にマッピングして、ダイナミックレンジが制限されたメディアでの高ダイナミックレンジ画像の外観に近づけます。これは画像フィルターではなくピクセルフィルターであるため、VPR(ビューポートプレビューレンダリング)で使用できます。

●環境システムの合理化

環境ライトは環境に直接接続され、背景の直接サンプリングが追加されました。更新された環境ライトは、レイアウトのデフォルトシーンの一部として開かれます。

●Scene Editorの改善

Scene Editorのワークフローが改善され、大規模で複雑なレイヤリングされたシーンを簡単に管理できるようになりました。

●FBXインターチェンジ

LightWave 2020は、強化されたパイプラインのサポートを提供し、オートリギングのためのモーションキャプチャーへのアクセスを増やします。より多くの機能がFBXフォーマットでサポートされており、他のアニメーションツールとの作業時に大きな柔軟性を提供します。

●インスタンス化

サードパーティ製レンダリングエンジンの処理時間が改善され、レンダリング時に評価を停止するためにSurfaceインスタンスをスタティックに設定する機能が追加されました。

●OpenGL

更新されたシェーダは、最終的なレンダリングよりも近いビューポートでの視覚化を実現します。

●改善されたSSS

より優れたサブサーフェス・スキャッタリング・アルゴリズムにより、レンダリングに高速で優れたSSSを提供します。

●モバイルデバイスで進捗状況を確認

LightWave 2020では、iOSとAndroid用の新しいアプリケーションで、モバイルデバイス上でレンダリングの進捗状況を監視することができます。

新機能のより詳しい情報の確認はこちらから

LIGHTWAVE 3D® 2020 IS AVAILABLE NOW

[5/28追記] LightWave 3D 2020.0.1

5月26日、LightWave 3D 2020.0.1アップデートが利用可能になりました。LightWave 2020の所有者は無料でアップデートすることができます。

このアップデートでは、OpenGLパフォーマンスの修正、レンダリング速度の改善、LightsとSSSの改善、MISの高速化のための新しい方法や、2020.0.1にはUnreal Engineのビルド4.25への対応が含まれています。

【アップデート内容】

  • Unreal Bridge Binary を Unreal 4.24 用に更新。
  • Unreal Bridge に Unreal Engine 4.25 のサポートを追加。
  • Optix を 6.5.0 に更新。
  • OpenGL HDRの問題を修正。
  • SSS の最適化。
  • 新しいライトMISのサンプリング方法を考案。
  • 終了時のメモリリークを修正。
  • … その他にも多くの修正があります。

トライアル試用期限のリセット

LightWave  2020 トライアルの試用期限がリセットされます。以前試用したことがある方でも、新たに30日間の無料体験版を試用することができます。

無料トライアルのダウンロードはこちらから

アカウントにログインしてアップデートをダウンロードする

LIGHTWAVE 3D® 2020.0.1 IS AVAILABLE NOW

[7/16追記] LightWave 3D 2020.0.2

7月15日(現地時間)LightWave 3D 2020.0.2アップデートが利用可能になりました。LightWave 2020の所有者は無料でアップデートすることができます。

このアップデートでは、Ambient Light の復活、FiberFXとOpenVDBが設定設定外で動作する問題の修正、OpenGLとモデラーの可視性の問題など、2020と2020.0.1の使用中に社内テスターによって発見された多くの問題や、ユーザーによって発見された多くの問題が、修正されています。

【アップデート内容】

  • アンビエントライトの復活
  • 特定のライトタイプのクローンが多すぎてレイアウトが崩れる問題。
  • FiberFX 要素でシーンをインポートするとレイアウトがクラッシュする問題。
  • OpenVDB がコンテンツフォルダの外に保存されているファイルを見つけられない問題。
  • ディレクトリからのObjツールの折りたたみ問題のリターン。
  • OpenVDB のファイルパスがコンテンツディレクトリの外では動作しない問題。
  • Environment Light が LWSN 上で正しくレンダリングされない問題。

その他にも多くの修正がされているということです。

LIGHTWAVE 3D® 2020.0.2 IS AVAILABLE NOW

価格とシステム要件

LightWave 2020は、64ビットWindows 7以降、macOS 10.12以降で利用できます。新しいライセンスの価格は995ドルです。

また、5月31日までLightWaveのバージョンに関係なく、495ドルでアップグレードすることができるということです。

無料トライアルのダウンロードはこちらから

アカウントにログインしてアップデートをダウンロードする

LightWave 2020製品ページへ

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました