スポンサー

[無料]ツタの成長をシミュレートし、生成する新しい 3ds Max 用プラグイン「Gtools ivy」

フリーコンテンツ

Guillermo M Leal LLaguno 氏は、ツタを生成することができる新しい無料の3ds Max 用プラグイン「Gtools ivy」をリリースしました。

このプラグインは、Thomas Luft Ivy Generatorによって作成されたプログラムをペースに作成されており、周囲のジオメトリに沿ってツタを自動的に生成することができます。

maxのアドオンのほとんどはプラグインかmaxscriptのどちらかですが、このプラグインは両方を混合して作成されており、プラグイン部分はツタの成長とメッシュの生成を行い、maxscriptの部分は、ユーザーインターフェイス、マテリアルとCorona Scatterの作成をするということです。

以下の動画で、動作を確認することができます。

パラメータの説明

成長の速度、枝分かれの速度、重力の影響、表面の接着、葉の密度など、多くのパラメータが設定できるようになっています。

ツールのインターフェイス

 Roots Generation

  • Seed Location: このボタンを押して、シードの位置を設定します。このボタンを押すと、ツタの生える場所を指定するポイントヘルパーが作成されます。一度クリックすると、最も近いオブジェクトを見つけて、それをクライムオブジェクトとして選択しようとしますが、近くにいくつかある場合は、クライムオブジェクトボタンに注意を払ってください。このヘルパーは、インターフェイスを終了すると削除されます。
  • Climb Object: スクリプトが間違ったオブジェクトを選択した場合や、別のオブジェクトを選択したい場合は、このボタンを使用して新しいクライムオブジェクトを設定することができます。

●Forces Parameters

  • Primary Weight: 一次成長ベクトルのウェイト
  • Random Weight: ランダムな影響ベクトルのウェイト
  • Gravity Weight: 重力ベクトルのウェイト
  • Adhesion Weight: 付着力ベクトルのウェイト。どれだけ表面に付着するか

●Settings

  • Ivy Search Size: アルゴリズムがメッシュ上のアイビーの次の交点を検索する距離。数値が小さいほど、解像度の高いパスになりますが、速度も大幅に低下します。上昇オブジェクトによっては、この値を変更する必要がある場合があります。これは、成長の動作に影響します。
  • Branching Probability: 反復ごとに新しいツタの根を生成する確率。数値が小さいほど、アイビーの密度が高くなります。
  • Branch Parents: ブランチごとの親の数。
  • Vector Influence: ツタ全体の方向の影響。
  • Max Floating Length: 自由に浮遊するツタの枝セグメントの最大長。
  • Max Adhesion Distance: 上昇オブジェクトの付着の最大距離。
  • Distance Reduction Factor: ツタをそれほど密集させたくない場合は、この係数を使用して、枝が互いに近づきすぎないようにすることができます。0この効果を無効にします。
  • Max Floating Variation: 自由にフローティングするツタの枝のセグメントの長さを変化させます。
  • Avoid Starting at the same Point: 同じ位置から複数のブランチが成長するのを回避します。

●Display

  • Display Drawing: ツタの成長中の表示を有効/無効にします。
  • Lines: 線、点、またはその両方を描画する場合に選択します。
  • Display Reduction: スプラインのn番目ごとのセグメントを描画して、表示パフォーマンスの高速化を試みます。

●Grow

  • Age: ツタは、指定した年齢に達すると成長を停止します。
  • Grow Ivy Roots: ツタを押すと、指定した年齢に達するか、ユーザーがこのボタンをもう一度クリックするまでツタが成長します。年齢に達しておらず、もう一度クリックすると、元の場所に戻ります。
  • Reset Ivy: 現在のツタを消去して、再構築できるようにします。
  • R: これにより、すべてのパラメーターのデフォルト値が復元されます。\Autodesk\3ds Max 2020\en-US\plugcfg\gt_ivy_settings.ini に.iniファイルが作成されるため、maxを再起動しても、設定はセッション間で記憶されます。

●Branches

  • Branch Size: 枝のサイズ。
  • Branch Mat ID: ブランチマテリアルに使用するID
  • Add MeshSmooth Modifier:  Meshsmoothモディファイヤをブランチジオメトリに追加します。
  • Draw Mesh: ブランチを描画します。これはチェックボタンです。押された場合、ブランチが描画されます。押されている間に何かを変更すると、ブランチが再描画され、ボタンを押していない場合、ブランチは削除されます。
  • Draw Spline: ブランチのスプラインを描画します。これはチェックボタンです。押した場合はスプラインが描画され、ボタンを押した場合はスプラインが削除されます。

●Leaves

  • Leaf Probability: 新しいツタの葉を作成する確率。
  • Ivy Leaf Size: リーフメッシュのサイズ。
  • Leaf Material ID: 使用するマテリアルIDの範囲。
  • Leaves Type: 葉は、通常のメッシュまたは、Coronaがインストールされている場合はCorona Scatter になります。
  • Leaf Density: 葉の生成のための乗数です。

Guillermo M Leal LLaguno 氏のウェブサイトで、パラメータの数値によるツタの成長の違いがgifを使ってわかりやすく説明されているので、興味がある方は確認してみてください。

Guillermo M Leal LLaguno 氏は、「プラグインは無料ですが、それがあなたやあなたの会社に役立つとわかったら、プラグインの更新と修正を続けるのに役立つ寄付をすることを検討してください。」ということです。

このプラグインは、3DMax 2018, 2019, 2020で動作確認されています。

詳しい情報とプラグインのダウンロードはこちら

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました