スポンサー

リアルタイム3Dエンジン Unigine に無料のコミュニティエディションが登場

CGソフト

Unigineは、リアルタイム3Dエンジン Unigine 2 Community SDK の提供を開始しました。このSDKは、ハイエンドのリアルタイム3Dエンジンの無料版で、学術・非営利活動、年間10万ドル以下の収益の商用プロジェクトで利用することができます。

Unigine について

2005年に最初にリリースされたUnigineは、より汎用的なゲームエンジンとしてスタートしました。2012年以降は、シミュレーション、トレーニング、エンジニアリング、都市計画などのエンタープライズ市場に焦点が当てられ、広く使用されてきました。

さまざまなニーズや業界向けのSDKエディションがあり、UNIGINE SDK(ソフトウェア開発キット)は、インタラクティブ3Dアプリで作業する開発チーム(C ++ / C#プログラマー、3Dアーティスト)向けに設計されています。

Unigine 2 Community SDK

Unigine 2 Community SDK のリリースにより、これまでは主に企業レベルのシミュレーション、エンジニアリング、建設プロジェクトで使用されていたUnigineが、ゲーム開発、VFX、建築物のビジュアライゼーションなどで利用しやすくなりました。

UNIGINEエンジンは、オープンワールド向けに設計されています。Community SDKでは、64ビット精度の座標、3D楕円体惑星モデル、地理座標、GISデータ形式などのエンタープライズ向けの機能は制限されていて使用できませんが、独自の地形テクノロジーにより、ランタイムの変更、共同編集など、ピクセルごとに最大1 mmのディテールを実現、パフォーマンスが最適化されたオブジェクトクラスターシステムと大きな視認距離を組み合わせることで、これらのオープンワールドに膨大な数の細部を表示することができます。

また、複雑なシーンを完全に処理することを得意としており、多くのオブジェクト、膨大なポリゴン数、高度なシェーダーは、VRモードでも問題ないということです。

【その他の特徴】

グラフィック

  • 物理ベースの高度なシェーディング技術
  • SSRTGIおよびボクセルベースのGIを含む独自の照明技術
  • 実物そっくりの手続き型効果:大気、体積雲、幾何学的な水
  • ポストエフェクトの映画品質
  • すべてのエフェクトが箱から出してすぐにシームレスに連携します
  • デスクトップとVR向けに最適化

生産性の高いツール

  • チームのコラボレーションを念頭に置いて作成されたビジュアルツール、VCSフレンドリー
  • 標準データ形式(FBX、COLLADA、gtTFなど)のサポート
  • 業界標準のコンテンツワークフロー
  • 複雑なプロジェクト向けの高度な資産管理システム
  • 組み込みのパフォーマンス最適化ツール
  • WindowsおよびLinux用の開発ツール一式

柔軟性

  • C ++とC#の両方が100%サポートされているため、アプリを自由に構築できます
  • エンジンの各機能を制御する10000以上のAPI関数
  • カスタムエフェクトを導入するための構成可能なグラフィカルパイプラインとディープアクセス
  • 完全な機能スイート:3Dレンダリング、物理シミュレーション、GUI、オーディオ、AIコンポーネント

機能の詳細リストはこちら

価格とシステム要件

現在、Unigine は64ビットのWindows 7+とLinux (kernel 3.0+)で利用可能です。サポートされているAMD、Intel、NvidiaのGPUのリストはこちら

Community Free版は、過去12ヶ月間に10万ドル以下の収益または資金を得ている非商業的な作業や商業的なプロジェクトであれば、無料で利用できます。

Community Pro版には収益の上限がなく、サブスクリプションはVATを含めて年間180ドルとなっています。エンタープライズ版との機能比較表はこちら

Unigine ウェブサイトへ

無料の Unigine Community のダウンロードはこちら

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました