スポンサー

無料で Vray for Maya の主要な機能を使用できるパーソナルラーニングエディションが登場

フリーコンテンツ

Chaos Group は、無料で Vray for Maya の主要な機能が使用できるプロダクションレンダラーの新しいエディションである V-Ray PLE (Personal Learning Edition) for Maya をリリースしました。これは、個人アーティストが Vray for Maya のスキルを身につけるための支援を目的としています。

ライセンスと制限

V-Ray Personal Learning Edition(PLE)for Mayaは、無料で非営利プロジェクト、製品評価、教育、研究に使用できます。ライセンスは3か月間付与され、ライセンスの有効期限が切れればすぐに更新することができます。

また、出力解像度は4K (3,840 x 2,160px) 解像度に制限されていますが、透かしなしでレンダリングすることができます。他にも以下の制限があります。

  • 解像度は4Kに制限
  • 分散レンダリングなし
  • レンダリング可能なVRSceneファイルのエクスポートなし

より詳しい情報はこちら

V-Ray for Mayaのトライアル(試用版)との違い

簡単にいうと、V-Ray PLE for Maya にはいくつかの制限がありますが、トライアル版には制限がありません。

V-Ray PLE for Mayaは、CGやレンダリングを始めたてのアーティストや、スキルを向上させるために多くの時間を必要とする独学のアーティストに適しており、トライアル版はV-Ray for Mayaのすべての機能と機能セットをテストしたいアーティスト向けとなっています。

以下の比較表に違いがまとめられています。

学習リソース

Chaos Group が、V-Ray for Maya のプラグインのインストールからチュートリアル、無料シーンのダウンロードなど、学習に役立つ資料をまとめてくれています。

V-Ray for Maya を学ぶ(英語)

V-Ray for 3ds Max や Corona の PLE も?

FAQセクションを見ていると次のような項目がありました。

Q:V-Ray for 3ds Max、Coronaなど、他のChaos Group製品のPersonal Learning Editionがないのはなぜですか?

A:V-Ray Personal Learning Editionは、V-Ray for Mayaのパイロットプロジェクトです。他のChaos Group製品の非商用バージョンを検討しています。

ということで、今後Chaos Group製品の非商用バージョンが増えてくるかもしれません。

V-Ray PLE for Maya を入手する(製品ページへ) 

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました