スポンサー

[無料]アニメーションとポーズを別のリグに転送できるBlenderアドオン「Blender Animation Retargeting」

フリーコンテンツ

Mwni氏が無料で公開しているBlenderアドオン「Blender Animation Retargeting」の紹介です。

このアドオンはアニメーションとポーズを1つのリグから別のリグに転送できるようにします。

使用方法

シーンにターゲットアーマチュアとソースアーマチュアの両方があり、それらが互いに一致するように整列およびスケーリングしていると仮定します。

  1. ターゲットアーマチュアを選択し、3Dビューの右側にあるアドオンパネルを開きます([Rarget]タブ)。
  2. 次に、パネル上でソースアーマチュアを’Source’として選択します
  3. まだボーンマッピングがないと表示されているはずです。先に進み、「Create(作成)」をクリックします。
  4. 次に、関連する各ソースボーンを対応するターゲットにマッピングします。ボーンを複数回マッピングしないように注意してください。
  5. 次に、残りのポーズのアライメントを設定します。「Set up」をクリックし、ターゲットアーマチュアのポーズをソースアーマチュアのレストポーズに最適に合うように変更します。設定が終わったら、「Apply(適用)」をクリックします。
  6. その後、アドオンが各ボーンのドライバを自動的に作成してくれるので、問題ありません。

注:ターゲットのスケールは(1、1、1)である必要があり、ターゲットに合わせてソースをスケーリングします。


【修正機能】

●足・手の位置補正

リグの解剖学的な違いにより、著しく「foot-sliding」や腕の動きがおかしい場合は、

  • Correct Feet Position
  • Correct Hands Position

をオンにすることができます。

脚/足、腕/手のボーンをそれぞれ指定するように求められます。これにより、指定された手足のボーンが作成され、IK ボーンのセットアップが行われますが、足や手のターゲットポジションはソースからコピーされます。さらに、以下のGIFに示されているように、ターゲット位置を変換するためのコントロール空のキューブが生成されます。

●ルートボーンピボット修正

ターゲットとソースのルートボーンのピボットポイントがあまり合っていない(高さが違う)場合は、「Correct Root Pivot」を有効にしてみてください。これにより、腰に大きな動きがあったときにキャラクターが左右にふらつくのを防ぐことができます。

ルートボーンのピボット位置の違い

●ベイキング

アドオンを使ってソースのアニメーションをターゲットのアクションにベイクすることができます。

ターゲットのボーンはドライバで駆動されるので、必要に応じて全て自分でベイキングもできます。その場合は、「Visual Keying」にチェックを入れてください。

注意: アニメーションをベイクした後、実際にキーフレームを見るために「ドライバーを無効にする」にチェックを入れてください。

Mwni氏によると、「このアドオンは、自分のプロジェクトのために、この機能が必要だったので作成しました。大きなサポートは期待しないでください。」ということです。

詳しい情報や無料のダウンロードはこちら

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました