スポンサー

Blenderで使用できる無料のオープンソース物理ベースレンダラー「 LuxCoreRender v2.3 」

CGソフト

現地時間3月14日、LuxCoreRenderの開発チームは、オープンソースの物理ベースレンダラーの最新バージョン2.3をリリースしました。

LuxCoreRenderの特徴

LuxCoreRenderは、物理ベースのアンバイアスレンダリングエンジンです。最先端のアルゴリズムに基づいて、物理方程式に従って光の流れをシミュレートし、写真品質のリアルな画像を生成します。以下の特徴があります。

・物理ベースのレンダリング

LuxCoreRenderは、光の輸送をモデル化する物理ベースの方程式に基づいて構築されています。これにより、他のほとんどのレンダリングプログラムでは再現できないさまざまな現象を正確に捉えることができます。ハイダイナミックレンジ(HDR)レンダリングも完全にサポートしています。

Heterogeneous(異機種) computing

OpenCLを使用して、使用可能なCPUやGPUをいくつでも実行できます。今日のGPUの非常に有利なパフォーマンス/コスト比により、CPUのみのレンダリングと比較して、レンダリング時間を1桁削減。

レンダリングパフォーマンスは、OpenCLデバイスの数に比例して良くなり、単一サーバーにインストールされた8以上のGPUでテストされています。

・LUXCORE API

LuxCoreRender v2.0の計画は2013年の夏に定義され、主要なコンポーネントの1つは新しいLuxCoreRender C ++およびPython APIです。古いC APIには、動的シーン編集やインタラクティブレンダリングなどの最新の機能に関して多くの制限があるため、古いAPIを改善する代わりに、まったく新しいAPIを作成しています。LuxCoreは、新しいC ++ / Python APIの名前です。これは、SLG(別名SmallLuxGPU)が過去に示したすべての機能  (動的カメラ、テクスチャ、マテリアル、オブジェクトなどの編集に関して)などを提供します。

LuxCoreRender v2.0は新しいAPIであるだけでなく、ゼロから書き直された完全に新しいコードベースでもあります。すべての新機能とは別に、LuxCore APIは、同じシーンをレンダリングしながら同じハードウェアで古いLuxRenderよりも最大10倍高速であると測定されています。LuxCore APIは、OpenCLによるGPUレンダリングもサポートしています。

・無料

LuxCoreRenderは、Apache Public License v2.0の下でライセンスされており、個人使用または商用使用のどちらでも無料です。プログラムは、Windows、Mac OS X、Linuxで動作します。

より詳しい情報はこちらから

ギャラリーを見る

Luxcore オンライン ライブラリー

Sharlybg氏によるプロジェクト「Luxcore オンラインライブラリー」があり、LuxCoreマテリアルが設定された無料アセットを提供されています。

Patreonでこのライブラリをサポートすることで、さらにアセットが解放されます。

ライブラリーへ

新機能

最新リリースであるv2.3では3面テクスチャマッピング、glTFエクスポート、ディスプレイスメント、サブディビジョンのサポートなどが追加されました。

レンダラー用のBlender統合プラグインであるBlendLuxCoreは、新しいOpenVDBノード、イメージシーケンスのサポート、および多数のパーティクルまたはインスタンスを含むシーンでのパフォーマンスの向上を実現します。

LuxCoreの主な新機能

  • Vertex Merging(この場合はSPPM)で動作するようにリファクタリングされたPhotonGIコースティックキャッシュ
  • SDSパスの通常のコースティクスとPhotonGIキャッシュにライトトレースを使用できるようになりました
  • パストレーサー(ハイブリッドガラスとも呼ばれます)のシャドウレイ透明度のサポートが追加されました。
  • Subdivisonシェイプのサポートを追加(OpenSubdivに基づく)
    変位形状のサポートが追加されました
  • 変位形状へのベクトル変位のサポートが追加されました
  • 画面スペースのサブディビジョン制限のサポートがSubdivShapeに追加されました
  • 単純化された形状を追加しました(メッシュ内の三角形の数をできるだけ少ないエラーで間引くため)
  • 複数のUV、カラー、アルファを持つメッシュの定義のサポートを追加しました
  • BAKECPUエンジンを追加(LuxCore APIのみ)
  • glTF v2.0 FILESAVERサポートを追加(LuxCore APIのみ)
  • 三平面マッピングのサポートを追加しました
  • 三平面マッピングを使用したUVなしのバンプマッピングのサポートを追加
  • スレッド数が多い(24以上)CPUでの実行を修正および最適化

BlenderLuxCoreの主な新機能

  • BAKECPUエンジンとglTFサポートを除いて、上記のすべての新機能のサポート
  • インスタンスとパーティクルの高速エクスポート(100,000パーティクルのシーン:v2.2の33秒からv2.3の1.3秒の合計エクスポート時間)
  • BlendLuxCoreがいくつかの基本的なCyclesワールドとライト設定を読み取ることができるようになりました。
  • より物理ベースの照明ユニット(ルーメン、カンデラ)と、ゲインと露出のコントロールを備えたアーティスト向けのモード
  • OpenVDBノード。Blender以外のアプリケーションからのOpenVDBファイルを使用できます。
  • 新しいTimeInfoノード
  • 画像シーケンスのサポート
  • オブジェクトの新しい「レンダーから除外」フラグ。オブジェクトを他のレンダーエンジンでは表示できるが、LuxCoreでは表示できないようにする
  • これらのパスはとにかくホタルのみを生成するため、パスエンジンを使用するとき、太陽光はデフォルトで間接鏡面反射光から見えなくなりました。
  • ディズニーの光沢パラメータで1より大きい値を許可
  • 環境ライトキャッシュとダイレクトライトキャッシュの永続ファイルのサポート(カメラのフライスルーアニメーション用)
  • 遠隔光源を正規化するオプションを追加(デフォルトで有効)

後方互換性を損なう変更

v2.2以前で作成された古い.blendファイルは、v2.3で同じに見えるように、ここにリストされている領域で更新する必要があります。
ワンクリックでこれらのポイントのほとんどを解決できるレンダープロパティの新しい「LuxCoreツール」パネルで利用可能な自動コンバーターがあります。
これはBlenderファイルのみに関係し、スタンドアロンLuxCoreファイル(cfg / scn / bcf)には関係しないことに注意してください。

【システム要件】

LuxCoreRender 2.3は、Windows、Linux、およびmacOSのApache 2.0ライセンスで利用できます。 BlendLuxCore 2.3はBlender 2.80+と互換性があります。

Windowsユーザーへの注意:Visual Studio 2017用のMicrosoft Visual C ++再頒布可能パッケージとIntel C ++再頒布可能パッケージをインストールする必要があります。

LuxCoreRender 2.3、BlendLuxCore 2.3の新機能リリースノートを読む

無料のLuxCoreRender、BlendLuxCoreダウンロードはこちらから

 

 

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました