スポンサー

[8/24更新] Megascansとの互換性が追加された 3DCoat 4.9.34 がリリース!

CGソフト
8月24日更新:3DCoatがv4.9.57がリリースされました。更新部分へ

3/25投稿:3DCoat 4.9.34

Pilgway は、3Dモデルを作成するためのソフトウェアの最新アップデートである3DCoat 4.9.34 をリリースしました。

このリリースでは、以前紹介した“Bend tool” や “Cloth Simulation tool”など、先行公開されたツールに加えて、複数の便利なツールの追加と改善があります。

3DCoat 2020 で実装されるの新しいツールが公開!
Pilgwayは、3DCoat 2020 で実装されるの新しい3つのツール Smart Pinch tool / Bend tool / Cloth Simul...

v4.9.34 主な変更と改善

・ビルトインAppLinkを介してBlenderをネイティブサポート。:インストール方法やエクスポートに関する動画が公開されています。

【インストール方法】

【エクスポートオプションに関するビデオ】

Quixel Megascansとの完全な互換性が追加。:Quixelマテリアルを「Downloads」にダウンロードすると、3DCoatは新しいマテリアルがダウンロードされたことを自動的に通知し、マテリアルまたはシェーダーとしてインストールするように提案します。

・3DCoat PBR Scans StoreからSmart Materialsパックをダウンロードした場合も同様に、3DCoatは新しいマテリアルがダウンロードされたことを自動的に通知し、マテリアルまたはシェーダーとしてインストールするように提案します。

・3DCoatのリアルタイムクロスシミュレーションの品質と速度が向上。

・スカルプトルーム(Sculpt room)に新しいベンドツール(Bend tool)が追加。

追加されたベータ機能

・追加された曲線に沿ってシーン内でオブジェクトを曲げる「Bend volume」ツール。

・ベンドボリュームツールのジッター。現在、このツールは曲がったオブジェクトの配列として使用できます。たとえば、皮膚の鱗やスパイクの場合。

・カスタムブラシを作成するための新しいユニバーサルメカニズムとしてのBaseBrush。

・新しいブラシシステムの例としてのスマートピンチブラシ(Smart pinch brush)。折り目点を自動的に検出します。

他にも多くの改善点などがあります。

3DCoat 4.9.34のリリースノートの確認はこちらから

4日間のセールが開催中(すでに終了)

ProfessionalライセンスFloatingライセンスAmatueurライセンスからProライセンスへのアップグレードが100ドルオフになります。

価格の確認や購入はこちらから

6/11更新:3DCoat 4.9.49

Pilgwayは、3DCoat4.9.49アップデートをリリースしました。

このリリースでは、多数の便利なツールが追加や多くの修正がされています。

v4.9.49 主な変更と改善

Retopo メッシュのための様々なビューモード

wireframe、seams、sharp edges、colored islands、smooth mesh view の個別オプションがあります。

・ Megascan サポートの改善:新しいオプション Edit > Preferences > I/O > Additional Quixel フォルダが追加。起動時に 3DCoat は “ダウンロード “と “追加のQuixelフォルダ “をチェックします。

ベイク曲率の改善:曲率の平滑化された部分の品質が向上しました。

・ エクスポートダイアログがより合理化:エクスポートダイアログでテクスチャ用の特別なフォルダを設定できるようになりました。

・スタートサムネイルに3D-printing friendly modeを追加

追加されたベータ機能

ベータ版の機能(編集 -> 環境設定 -> ベータで有効にする)に以下の機能が追加されました。

“Factures “が “VerTextures “に改名されました:これは正確には “Factures “が “Vertex Texturing “であるためです。

・Quixel マテリアルを VerTextures としてインポートできるようになりました

・曲線モディファイア(curves modifiers)のパッチとチューブのための “Expand/Tie off “の品質が向上しました

retopo roomのCatmull-Clarkサブディビジョン:「選択した部分を細分化」と「グループ全体を細分化」の2つのコマンドが用意されています。

塗りつぶしツールの拡張領域が面間の角度で制限できます。

この他にも複数の改善とバグ修正が行われています。

3DCoat 4.9.49のリリースノートの確認はこちらから

新しい3DCoat 2020の発売日はまだ発表されていませんが、近日中に詳細が伝えられるということです。

7/9更新:3DCoat 4.9.53

Pilgwayは、3DCoat4.9.53 アップデートをリリースしました。

v4.9.53 主な変更と改善

右上のアクティビティバー(Activity Bar)が導入されました:これは、mask/material/shader/vertexture などの現在の状態を表示します。これはPreview/Beta機能ですので、環境設定/Betaで有効にすることができます。

・Projector tool (プロジェクターツール):このツールを使うと、プロジェクターで照らしたイメージのように、シーン全体に任意のテクスチャを投影することができます。これは、参照を使って作業するときに便利で、このツールは色やマテリアルのプロパティに影響を与えません。

Undercuts tool (アンダーカットツール)で、インジェクションモールド(射出成形金型)を作成できるようになりました:これはベータ版の機能で、3DCoat 4.9.xxのテストとプレビューのために一時的に存在します。

・ボクセルのプリミティブが改善:エッジはピクセル化の代わりに少し滑らかになりました。

(注意:上記のベータツールは、作業中の機能であり、次世代の3DCoatリリースの一部として計画されています。3DCoatの次世代バージョンのリリースまで、ベータツールセットは継続的に改善されます。)

小さな変更と改善

  • 新しい曲線を使用したカットオフが改良され、より正確なカットオフが可能になりました。
  • ボクセルの “すべてを滑らかにする “は、> 1である可能性がある程度を得ました。そのため、スムージングを複数回繰り返すことができます。
  • 曲線ツールがアクティブなときは変形ギズモを無効にしました。
  • 設定に保存されているペイントルームのボクセルを表示すると、セッション間で保存されたボクセルが保持されるようにした。
  • プリミティブアイコンのサイズ変更を修正。

バグ修正

  • カラーコントロールの問題を修正。
  • アクティビティバーが消える問題を修正。
  • マージダウン(空のレイヤー)に関する問題を修正。
  • 3D-rasso + hide に関連する問題を修正。
  • 参照を含むシーンでのクラッシュを修正。
  • ペイントルームとレトポルームでの複雑な面の三角測量を修正。
  • ユーザーが読み取り専用のフォルダをデータパスとして割り当てた場合の問題が修正されました。3DCoatはそのフォルダが書き込み可能かどうかをチェックするようになり、3DCoatが読み込めない場合には、何をすべきかの指示を提供するようになりました。

3DCoat 4.9.53のリリースノートの確認はこちらから

8/24更新:3DCoat 4.9.57

8月23日(現地時間)、Pilgwayは、3DCoat4.9.57 アップデートをリリースしました。

v4.9.57 主な変更と改善

・スクリーンスペースの反射とライトの追加

スクリーンスペースの反射とライトの追加により、レンダラは、よりリアルな結果を得られるようになりました。レンダリングルームで対応するチェックボックスにチェックを入れることで、ベータツールを有効にして機能にアクセスすることができます。


・Translation symmetry のサポートが追加(ベータ版も有効にする必要があります)これにより、空間に周期的な構造を描くことができるようになりました。以下の動画で、Translational Symmetryツールセットの動作を確認することができます。

3DCoat 4.9.57のリリースノートの確認はこちらから


3Dcoat 製品ページへ

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました