スポンサー

Apple、ARKit 3.5をリリース!新型iPad ProのLiDARスキャナーと深度感知システムを使用してAR体験を強化

ニュース

現地時間3月24日、Appleは、拡張現実体験を構築する独自フレームワークの最新バージョン ARKit 3.5をリリースしました。

これは先日発表された新型の iPad pro に搭載された新しいLiDARスキャナーと深度感知システムを使用して、AR体験をより強化するものです。

先日の新型iPad Proの紹介の時にはLiDARスキャナーに焦点を当てましたが、今回はそれを活かすソフトウェア面の情報となります。

Apple、LiDARスキャナを搭載した新しいiPad Proを発表!
3月18日、AppleはLiDARスキャナを搭載した新しいiPad Proを発表しました。 iPad Proのために作られた新しいMagic Keyboa...

ARKit 3.5 可能となること

新しいScene Geometry APIを使用すると、世界の3D表現をリアルタイムでキャプチャして、仮想オブジェクトのオブジェクトオクルージョンと現実世界の物理を実現できます。 ARKitによって実現される新しいインスタントAR配置、モーションキャプチャと人物オクルージョンの改善はすべてのエクスペリエンス向上させます。

●シーンジオメトリ( Scene Geometry )

シーンジオメトリ(Scene Geometry)を使用すると、床、壁、天井、窓、ドア、座席を識別するラベルを使用して、スペースのトポロジマップを作成できます。現実世界を深く理解することで、仮想オブジェクトのオブジェクトオクルージョンと現実世界の物理学が解き放たれ、ARワークフローを強化するための詳細情報も得られます。

●インスタントAR( Instant AR )

iPad ProのLiDARスキャナーは、信じられないほど迅速な平面検出を可能にし、スキャンせずにARオブジェクトを現実世界に瞬時に配置できるようにします。コードの変更なしで、ARKitで構築されたすべてのアプリのiPad ProでインスタントAR配置が自動的に有効になります。

●モーションキャプチャ(Motion Capture) と 人物のオクルージョン(People Occlusion) の改善

iPad ProのARKit 3.5を使用すると、人物のオクルージョンでの深度推定とモーションキャプチャでの高さ推定がより正確になります。これら2つの機能は、コードを変更することなく、ARKitで構築されたすべてのアプリのiPad Proで向上します。

その他のARKit機能

・人物のオクルージョン
ARコンテンツは現実世界の人々の後ろや前をリアルに通過するため、AR体験をより没入させると同時に、ほとんどすべての環境でグリーンスクリーンスタイルの効果を実現できます。

・モーションキャプチャ
1台のカメラで人の動きをリアルタイムでキャプチャします。身体の位置と動きを一連の関節と骨として理解することで、動きとポーズをAR体験への入力として使用でき、人々をARの中心に配置できます。

・前面と背面の同時カメラ
前面カメラと背面カメラで同時に顔と世界の追跡を使用でき、新しい可能性を切り開きます。たとえば、ユーザーは自分の顔だけを使用して、背面カメラビューでARコンテンツを操作できます。

・複数の顔追跡
ARKit Face Trackingは、iPhone X、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR、iPad ProのTrueDepthカメラを使用して、最大3つの顔を同時に追跡し、MemojiやSnapchatなどの正面カメラエクスペリエンスを強化します。

・共同セッション
複数の人の間でのライブコラボレーティブセッションでは、コラボレーティブな世界地図を作成できます。これにより、ARエクスペリエンスを開発し、ユーザーがマルチプレイヤーゲームのような共有されたARエクスペリエンスにすばやく参加できるようになります。

・その他の改善
一度に最大100枚の画像を検出し、画像内のオブジェクトの物理的なサイズの自動推定を取得します。 3Dオブジェクト検出は、オブジェクトが複雑な環境でよりよく認識されるため、より堅牢です。そして現在、機械学習を使用して、環境内の飛行機をさらに高速に検出しています。

ARKit 3.5 Now Available

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました