スポンサー

NVIDIA、フレームレートを向上させながら美しく鮮明な画像を生成できる「DLSS 2.0」を発表

ニュース

現地時間3月23日、NVIDIAはAIを活用した処理技術の最新バージョンである「 DLSS 2.0 」をを発表しました。

DLSS とは

開発者の一人であるAndrew Edelste氏は、ゲームのフレームレートを向上させるために AI のパワーを利用する NVIDIA RTX テクノロジと説明しています。DLSSは、しっかりフレームレートを維持しながら、より高い解像度とゲーム設定を利用できるようにします。

GeForce RTX GPUに内蔵されているTensorコアを使用したDLSS 2.0は、新しくて改善されたディープラーニングニューラルネットワークであり、フレームレートを向上させながら、美しく鮮明なゲーム画像を生成します。ゲーマーにパフォーマンスヘッドルームを提供し、レイトレーシング設定を最大化し、出力解像度を高めます。

DLSS 2.0の重要な機能強化

  • 優れた画像品質:DLSS 2.0は、ネイティブ解像度に匹敵する画像品質を提供し、ピクセルの1/4から1/2のみをレンダリングします。それは、より鮮明な画像の詳細とフレームからフレームへの改善された安定性のために新しい一時的なフィードバック技術を採用しています。
  • すべてのGeForce RTX GPUと解像度にわたる優れたスケーリング:新しいAIネットワークは、Tensorコアをより効率的に使用して、オリジナルよりも2倍高速に実行します。これにより、フレームレートが向上し、GPU、設定、および解像度を有効にすることができる以前の制限がなくなります。
  • すべてのゲームに1つのネットワーク:元のDLSSでは、新しいゲームごとにAIネットワークをトレーニングする必要がありました。DLSS 2.0は、ゲーム固有ではないコンテンツを使用してトレーニングを行い、ゲーム全体で機能する汎用ネットワークを提供します。これは、ゲーム統合の高速化、最終的にはより多くのDLSSゲームを意味します。
  • カスタマイズ可能なオプションDLSS 2.0は、ゲームの内部レンダリング解像度を制御する3つの画質モード(品質、バランス、パフォーマンス)をユーザーに提供します。パフォーマンスモードでは、最大4倍の超解像度(つまり1080p→4K)が可能です。これは、より多くのユーザーの選択を意味し、パフォーマンスがさらに向上します。

どのように機能するか

DLSS 2.0には、AIネットワークへの2つの主要な入力があります。

  1. ゲームエンジンによってレンダリングされた低解像度のエイリアス画像
  2. 同じ画像からの低解像度のモーションベクトル – ゲームエンジンによっても生成されます

モーションベクトルは、シーン内のオブジェクトがフレーム間を移動している方向を示します。これらのベクトルを前の高解像度出力に適用して、次のフレームがどのようになるかを推定できます。履歴を使用して未来を知らせるため、このプロセスを「temporal feedback(一時的なフィードバック)」と呼びます。

convolutional autoencoderと呼ばれる特別なタイプのAIネットワークは、低解像度の現在のフレームと高解像度の前のフレームを使用して、ピクセル単位で高品質の現在のフレームを生成する方法を決定します。

トレーニングプロセス中に、出力画像がオフラインレンダリングされた超高品質の16K参照画像と比較され、その差がネットワークに戻されて結果を学習および改善し続けることができます。このプロセスは、ネットワークが高品質で高解像度の画像を確実に出力するまで、スーパーコンピューターで数万回繰り返されます。

ネットワークがトレーニングされると、NGXはGame ReadyドライバーとOTAの更新を介して、GeForce RTX PCまたはラップトップにAIモデルを配信します。最大110テラフロップスの専用AI馬力を提供するTuringのTensorコアにより、DLSSネットワークは集中的な3Dゲームと同時にリアルタイムで実行できます。これは、TuringコアとTensorコアがなければ不可能なことでした。

DLSSに対応した4つのゲーム

Control、Deliver Us The Moon、MechWarrior 5:Mercenaries、Wolfenstein:Youngbloodの4つのゲームのそれぞれで、DLSS 2.0がパフォーマンスと画質をどのように改善するかの動画が公開されています。

Control

Remedy EntertainmentのControlは、2019年に発売されたシングルプレイヤーゲームです。

元々70%以上のフレームレートを高めるため、DLSSの前のバージョンの画像処理アルゴリズムを使用していました。Remedyは3月26日に、最新のAIベースのDLSS 2.0とともに新しいストーリーベースのダウンロード可能なコンテンツを追加するアップデートをリリースします。

Remedy EntertainmentのテクノロジーディレクターであるMika Vehkala氏は、次のように述べています。 「リアルタイムレイトレーシングとNVIDIA DLSSにより、起動時にControlが見栄えがよくなりました。DLSS2.0にアップグレードすると、ゲームの画質がかつてないほど向上しました。」

Deliver Us The Moon

KeokeN Interactiveの宇宙と月をベースにしたアドベンチャー、Deliver Us The Moon、昨年後半にレイトレースエフェクトとDLSS 2.0を追加し、その美しさとパフォーマンスを向上させました。

KeokeN InteractiveのCEO兼ゲームディレクターのKoen Deetman氏は次のように述べています。

「これは、リアルタイムレイトレーシングとDLSSの大幅なパフォーマンスブーストと相まって、プレイヤーに妥協のない究極のDeliver Us The Moon体験を提供します。」

MechWarrior 5:Mercenaries

Piranha GamesのMechWarrior 5:Mercenariesは、NVIDIA DLSS 2.0を追加する最新のゲームです。他のDLSS拡張タイトルと同様に、パフォーマンスは劇的に向上し、品質モードを使用すると最大75%の増加が記録されます。

NVIDIA DLSS 2.0は、基本的に、画質を犠牲にすることなく、プレーヤーに無料のパフォーマンスブーストを提供します。また、NVIDIAの新しいSDKを使用して実装するのは非常に簡単だったため、MechWarrior 5に追加するのは簡単でした。」と、Piranha Gamesの社長Russ Bullock氏は述べています。

Wolfenstein:Youngblood

Bethesda and Machine GamesのWolfenstein:Youngbloodは、レイトレーシングとDLSS 2.0を追加した最初のVulkan搭載タイトルです。

Wolfenstein:Youngbloodの開発者であるMachineGamesのCTOであるJim Kjellin氏は、次のように述べています。「NVIDIA DLSSを追加することで、最高のパフォーマンスを信じられないほどの画質で得ることができました。」

NVIDIAによると、

DLSS 2.0により、画像品質とパフォーマンスが飛躍的に向上し、より簡単に統合できるようになり、ゲーマーがますます多くのゲームでテクノロジーを利用できるようになりました。そして、AIの力のおかげで、当社のDLSSネットワークは時間とともに成長し、改善され続けます。

ということです。

NVIDIA DLSS 2.0: A Big Leap In AI Rendering(Geforce公式ページ)

 

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました