スポンサー

[追記(4/3)]群集アニメーションソフトウェアANIMA 4.0がリリース!よりリアルな3Dキャラクターとアニメーションシステムを導入

CGソフト
*追記(3/31):ANIMA 4.0 の新機能のいくつかを説明した動画が公開されました。
追記部分へ
*追記(4/3):ANIMA 4.0.1 がリリースしました。3DS Max 2021のサポートなどプラグインの更新が行われています。
追記部分へ

AXYZ designは、群集アニメーションソフトウェアの最新バージョンであるANIMA 4.0をリリースしました。

このリリースでは、顔のジェスチャーや衣服の動きを含む、新しくユニークな超現実的な4D人物アニメーションシステムを導入しています。

AXYZ design

2006年、AXYZは、3Dプロフェッショナルが非常に使いやすい静止したアニメーション3D人間のシリーズであるmetropoly®を作成しました。 2011年後半、同社は最初のシンプルかつ強力な群衆アニメーションソフトウェアを発表しました。さらに、2014年以来、写真測量スキャナーで完全に作成された超現実的なキャラクターのコレクションを提供する最初の企業となっています。

今日では、キャラクターアニメーション業界向けの革新的な製品であるanima®4Dで再び革新を遂げています。キャラクター人口システムのこの新しいバージョンは、不気味の谷(Uncanny Valley)として知られる問題の決定的な解決策を提供します。

AXYZ designのCEO、Diego Gadlerは次のように述べています

AXYZデザインは、3Dコンテンツの作成で10年以上にわたりリーダーを務め、3Dキャラクターのコンテンツの民主化と視覚化技術の簡素化に取り組んでいます。同社は、創造的なビジョンをサポートするために、最高品質の3Dキャラクターを顧客に提供する方法を模索し続けています。

また、関連ニュースとして、Epic Gamesは、リアルタイムビジュアル化ソフトウェアの最新バージョンであるTwinmotion 2020.1にAXYZデザインキャラクターをバンドルしたことを発表しています。

Twinmotion 2020.1がリリース!品質向上や無料期間終了で価格発表など!すでに2019無償版を使用していればなんと...!
3月10日Epic Gamesは、リアルタイム 3D 没入型建築ビジュアライゼーションTwinmotion 2020.1をリリースしました。ライティングとレンダ...

ANIMA 4.0 機能ハイライト

TRULY HUMANS

新しい4D Digital Humansは、衣服の細部を保存し、印象的な顔のアニメーションを提供できます。さらに、アンビエント3Dキャラクターを使用すると、シーンの中央および前面にデータを入力して、リアリズムを高めることができます。

・ボタンをクリックするだけでフォトリアルな群衆

anima®は、metropoly®コレクションと同じ高品質な3Dの人々を使用しているため、品質を妥協する必要はありません。アクターは、実際のモーションキャプチャデータと自動プロシージャルモーションを備えた洗練されたAIエンジンによって駆動され、超リアルな群集アニメーションを実現します。

静止画レンダーとアニメーション

Archvizやその他の視覚化プロジェクトに活気を与えましょう! anima®は、3D ScannedMetropoly®Ready-PosedおよびMetropoly®Rigged 3D Humanモデルを使用して、静止画とアニメーションビデオを簡単に作成するツールセットを表示します。

ドラッグドロップ

数百のリアルな3D Humanアセットにアクセスし、シンプルで直感的なインターフェースを備えたUnreal Engine4®、3dsMax®、Maya®、Cinema4D®から静止画レンダリングプロジェクトに直接データを入力します。

ランプ、階段、エスカレーター、動く歩道

使いやすいモーション編集ツールを備えたanima®を使用すると、歩く、走る、坂道を進む、エスカレーターに乗る、動く歩道に取り組む、階段をリアルに登る俳優を作成できます。シーンのトポロジに関係なく、隅々を探索する群衆のアニメーションキャラクターを追加できます。

不規則な地形

anima®の適応配置、エリア、およびウォークウェイツールのおかげで、観客はほぼすべての地面を歩いたり、走ったり、立ったりすることができます。領域を定義するだけで、アクタは背景ジオメトリに投影されます。再生を押すと、アニメーションが地形に自動的に適応し、完璧な統合が実現します。

立っている、座っている、歓声など

広範囲のアニメーションを使用して、立っているキャラクターと座っているキャラクターでシーンを埋めるか、サードパーティのソースからさらにインポートします。キャラクターは通路から固定エリアに移動して社交することができます。

あなた自身のキャラクターと動き

ユーザーはバンドルされたコンテンツに限定されません。 anima®のクラウド編集ツールを使用すると、サードパーティの装備されたキャラクターとモーションキャプチャデータを簡単にインポートして使用できます。

3DS MAX、MAYA、CINEMA 4D、UE4のネイティブプラグイン!

数回クリックするだけで、お気に入りの3Dモデリングおよびレンダリングツールとシームレスに連携します。ネイティブプラグインは、テクスチャとメッシュをインポート、管理、最適化しながら、すぐにレンダリングできるマテリアルを数秒で適用します!

トップ産業標準エクスポーター

組み込みのエクスポーターを使用して、FBX、OpenCollada、またはV-Ray Scene形式を使用して、お気に入りの3Dモデリングで洗練された複雑な群衆アニメーションを簡単にインポートできます。

Unreal Engineでリアルタイムを探検

リアルなアニメーションキャラクターで満たされた驚くべき非現実的な没入体験を作成し、これまでになかったような人間のスケール知覚を発見してください

追記(3/31):ANIMA 4.0 の紹介動画

AXYZ design のYoutubeチャンネルでANIMA 4.0の紹介動画が公開されています。

動画では、次の機能が紹介されています。

1.アンビエント3D3:47

これまで、リグされたキャラクタと静的なReady-Posedキャラクタの品質の違いが目立っていました。anima 4.0では、新しいアンビエント3Dキャラクターを導入しており、3Dスキャンと新しい自動リギングソリューションのおかげで、アイドルアニメーションとして使用するための様々な動きをキャプチャして適用することができます。これらのアクターは、ステージを見たり、他のアクターを見たり、腕や足、呼吸の動きをシミュレートしたりすることができ、シーンの中央と正面を埋めるのに理想的です。これらすべての微妙なバリエーションは、リアリズムを大幅に向上させます。Ready-Posedライブラリ全体は、徐々にアップデートされ、無料でアンビエント(Ambient )3Dになります。

2. 4Dデジタルヒューマン6:14

Anima 4.0では、Ready-Posedキャラクター、リグされた新しいアンビエント3D、4D Digital Humansを組み合わせています。これらの新しいアニメーション化されたキャラクターは、衣服の細部をすべて保存することができ、リアリズムを提供する顔のアニメーションを提供します。これを可能にしたのは、AXYZデザインチームが開発した新しいモーションキャプチャーアルゴリズムと技術です。このプロセスにより、通常のリギングキャラクターでは失われてしまうディテールをすべてキャプチャすることができます。さらに、リアルタイム性能を向上させるために、マルチコアCPUのストリーミング機能を活用した4Dキャラクター技術を採用しており、これらのアクターを同時に多数使用してUnreal Engineで120fpsを達成することが可能です。

3. 構図が重要9:38

シーン内のカメラショットを適切に設定し、さまざまなタイプのキャラクターをインテリジェントに利用することは、基本的なことです。背景、中景、前景のエリアに応じて役者を配置することで、ショットを設定することができます。カメラに近ければ近いほど、より良いキャラクターアニメーションの必要性が高まります。背景にはリギングキャラクター、中景には3Dアンビエントキャラクター、前景には4Dデジタルヒューマンを使用することが、今日ではanima®が提案する理想的なソリューションとなっています。さらに、被写界深度などのエフェクトを使用することで、リアルで説得力のある結果を得ることができます。

4. 統合されたショップ12:27

購入したキャラクターやアニメーションへのアクセス、ダウンロード、購入、管理を行うためのAXYZ design Storeの統合機能を追加することで、ユーザー体験を向上させるために多大な努力が払われました。これにより、これらすべての作業がソフトウェア内で行えるようになり、ワークフローがより迅速かつシンプルになりました。

5. 新しいログイン/ライセンス10:38

ソフトウェアのライセンスを取得するために変なコードをコピー&ペーストする代わりに、AXYZデザインウェブサイトのログイン認証情報を使用できるようになりました。アカウントにサインインするだけで、ライセンスの管理、プロフィールへのアクセス、ダウンロード、およびすべてのアニマ関連コンテンツを簡単に行うことができます。

6. 自動ダウンロード/更新システム11:13

あなたがオンラインにいる間、システムは自動的にあなたのすべてのコンテンツを最新の状態に保ち、利用可能なソフトウェアのアップデートを通知します。

7. 新しい Maya プラグイン13:20

anima®と他のコンテンツ作成ツールとの間で優れたワークフローを実現するため、Maya® 用の新しいプラグインを導入。

ANIMA 4.0.1 リリース

ANIMA 4.0.1 がリリースされました

【新機能】

anima®:

  • 「ダウンロード」と「アップデート」オプションは、クリックしたアクターがサポートしていない場合でも、複数のアクターを選択して右クリックメニューから表示されるようになりました。

3DS Max® プラグイン:

  • 3DS Max® 2021のサポートを追加しました。
  • V-RayとCoronaレンダラのマテリアルが改善されました。

Cinema4D®プラグイン:

  •  V-Rayマテリアルをビューポートでプレビューできるようになりました。

UE4®プラグイン:

  •  4DアクターのモーションブラーとTAAのサポートが追加されました。これを有効にするには、プロジェクトの設定で “Accurate velocities from Vertex Deformation “オプションを有効にする必要があります。このオプションの名称は、将来のUE4®バージョンで変更される可能性があります。

Maya® プラグイン:

  • アウトライナーでの整理がしやすくなるように、animaSceneRoot とすべての anima® オブジェクトの間にトランスフォーム ノードを追加しました。
  • anipackファイルのシーンロードで自動検出とアンパックのサポートを追加しました。

リリースノートを見る

価格

ANIMAPROライセンスは 279ユーロ(約33000円)、1つのワークステーションと
3レンダーノードを含む永続ライセンスです。さらに1年間無料のアップグレードの権利がついています。 それ以降のアップグレードは79ユーロ(約9300円)。パイプラインを増やし、レンダリング速度を向上させるレンダリングノードは39ユーロ(約4600円)で追加できます。

Anima4 ウェブサイトへ

ANIMA® 4 RELEASED!

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました