スポンサー

RHINO版 V-RAY NEXT アップデート2がリリース!NVIDIA RTXカードのサポートなど

プラグイン

Chaos Groupは、V-Ray Next for Rhino アップデート2のリリースを発表しました。

このリリースでは、NVIDIA RTXカードのサポートの追加やGrasshopperの最適化などがされました。

新機能

  • RTXサポート: NVIDIA RTXテクノロジーでV-Ray GPUのパフォーマンスを向上させます。
  • デカールのサポート:デカールのサポートにより、絵画、サイン、スクリーンなどに画像を追加できます。デカールは、ネイティブ素材とV-Ray素材の両方で機能します。
  • プロキシメッシュマテリアル:プロキシメッシュアセットをインポートまたは作成すると、V-Rayはマテリアルスロットのセットを自動的に生成し、マテリアルの管理を容易にします。
  • V-Ray for Grasshopperの強化ビットマップテクスチャ、頂点カラー、バーチャルリアリティカメラタイプなど、多くの改善が行われました。
  • 部分的なシーンのエクスポート:選択したオブジェクトのみを、ジオメトリと適用されたマテリアルを含む.vrsceneファイルとしてエクスポートします。
  • 改善されたマテリアル:すべてのシーンマテリアルの基礎となるシェーディング構造が最適化されています。材料属性は、ユーザーのニーズに基づいて追加または削除できるようになりました。
  • カラーアシスタント: V-Rayカラーピッカーの新しい拡張機能であるカラーアシスタントを使用して、適切な色相、彩度、値のバリエーションで必要な正確な色を選択します。
  • VRscans Tri-planar texture: VRscansマテリアルをオブジェクトに簡単に適用でき、明示的なUVマッピングの必要性がなくなります。
  • 拡張スクリプトアクセス:更新されたV-RayスクリプティングAPIは、レンダリングを開始するためのより多くのオプションを提供します。.vroptファイルから設定を保存およびロードして、シーンのセットアップをさらに制御できます。
  • カラーテーマ:新しい「明るい」カラーテーマが利用可能になり、V-Rayユーザーインターフェイスの外観を変更できるようになりました。

このアップデートは、永続ライセンスを購入しているか有効期間ライセンスを持っているRhinoクライアントのすべてのV-Ray Nextに対して無料です。

V-Ray Next for Rhino製品ページへ

RhinoのV-Ray Next30日間無料体験はこちらから

V-RAY NEXT FOR RHINO, UPDATE 2 BOASTS NVIDIA RTX CARD SUPPORT

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました