スポンサー

[6/12更新] 3D地形生成ソフトウェア Instant Terra v1.10 がリリース!地形・マスクのパターン複製の追加など

CGソフト
6/12更新: Instant Terra v1.12 がリリースされました。更新部分へ
4/27更新:Wysilabは、3D地形生成ソフトウェアの最新アップデート「Instant Terra v1.11」をリリースしました。更新部分へ

Instant Terra v1.10

Wysilabは、3D地形生成ソフトウェアの最新アップデート「Instant Terra v1.10」をリリースしました。このリリースでは、いくつかの新しい機能とノードなどが追加されています。

【新機能】

●地形とマスクのスタンピング

地形またはマスクにパターンを複製します。オカレンス(occurrences)の数、サイズ、歪み、配置オプションを制御します。非常に多数の発生をリアルタイムで簡単にサポートします。

●クレータージェネレーター


スタンピング機能で使用する新しいクレータージェネレーターノード(crater generator node)。
寸法と深さを定義し、バリエーションにさまざまなシードを試して、スタンプ機能を使用して地形に広げるか、ブレンドまたはフルコンポジションノードを使用してベーステレインに配置します。

●ブレンドモード


さまざまなブレンドモードから選択して、地形またはマスクを作成します。
完全なコンポジションノードとそのマニピュレーターを使用して、目的の正確な結果を取得します。カラーマップもブレンドするかどうかを選択します。
これらのノードで利用可能な新しいブレンドモードをご覧ください。

  • 地形:ブレンド(「構成」ノードを置き換え)、完全合成。
  • マスク:ブレンド、完全合成

●カラーマップタイリング

入力カラーマップをタイリングして、大きなカラーマップを作成します(input color map.)。

●オプションの入力マスク

オプションの定型入力が次のノードでサポートされるようになりました。
–合計(Sum)、差(Difference)、平均(Average)、ブレンド(Blend)(「合成(Composition)」ノードを置き換えます)、完全な合成。

その結果、次のノードが削除されました:マスク付き合計(Sum with mask)、マスク付き差分(Difference with mask)、マスク付き平均(Average with mask)、マスク付き合成(Composition with mask)、マスク付き完全合成(Full composition with mask)。

v1.10より前に作成されたプロジェクトは、これらの新しいノードとの互換性のために自動的に更新および保存されます。これは結果に影響を与えません。

●マスクレベルノード

マスクを変換する新機能:マスクレベルノード(Mask Level node)を使用すると、黒点と白点のしきい値を設定できます。

●すべてエクスポート

[Export All]アイコンがツールバーとファイルメニュー( File menu)に追加されました。
このアクションは、グラフ内のすべてのファイルをエクスポートします。

●コンポーネントのグループパラメーター

コンポーネントのパラメーターを整理してグループ化できるようになりました。

WYSILAB RELEASES INSTANT TERRA V1.10(Wysilab公式ブログ)

4/27更新: Instant Terra v1.11

4月24日Wysilabは、主に在宅で仕事をしている間に開発したInstant Terraの「ロックダウン版」をリリースしました。

【新機能】

●2回のクリックで地形に色をつける

事前に定義されたテーマまたは独自の色を選択して、2クリックで地形をペイントできます。地形のタイプに応じて色が自動的に配置され、最もリアルな効果が得られます。Colorize (カラーライズ)ノードで15種類の事前定義済みテーマを使って結果を出したり、Advanced Colorize(高度なカラーライズ)ノードで独自のカラー設定を使ったりできます。

●カラーマップとディストーション

新しいSwirl(渦巻き)、Warp(ワープ)、Directional Warp(方向性ワープ)、Vector Warp(ベクトルワープ)のカラーマップノードを使用して、カラーマップを直接歪ませます。

既存の渦巻き、ワープ、方向性ワープ、ベクトルワープの各地形ノードにも、地形のカラーマップがディストーション効果に含まれるようになりました。

●地形とマスクに新しいエフェクトを作成できます。

新しいTerrace(テラスノードが利用可能になりました。これは、地形全体またはオプションの入力マスクで定義された部分にいくつかのテラスを生成します。同様の効果は、新しい切り抜きノードを使ってマスクにも適用されます。

●一定の高さのマスクをペイント

Painted mask ノードで「一定値」ブラシが利用できるようになりました。この新しいブラシを使って、一定の標高を定義(またはピック)し、地形の標高を変更することができます。必要に応じて、標高の変更をレベルアップまたはダウンのみに制限することができます。

●ファイルをドロップ&ドラッグして簡単にインポート/エクスポート

サポートされている画像ファイルをInstant Terraにドラッグ&ドロップすると、地形、マスク、カラーマップのインポートノードが自動的に生成されます。

サポートされているファイルをインポートまたはエクスポートノードの「ファイル選択」エリアにドラッグ&ドロップすると、このファイルが自動的に考慮されます。

●地形、マスク、カラーマップのキャッシュ(Proのみ)

Save Point ノードを追加して、地形、マスク、またはカラーマップをキャッシュします。プロジェクトを開くときに、キャッシュされたデータの結果に影響を与えない限り、上流ノードを再計算する必要はありません。

その他にも多くの機能があります。

詳しい情報は、WYSILAB RELEASES INSTANT TERRA V1.11(Wysilab公式ブログ)

6/12更新:Instant Terra v1.12

Wysilabは6月4日Instant Terra v1.12をリリースしました。

このリリースでは、2クリックで雪を作成できる新しいsnowノードやマルチブレンド機能の改善、技術的なユーザープロファイルをターゲットとした更新が行われています。

【新機能】

●夏の雪

SnowとAdvanced snowが追加されました。どちらのノードもColorizeまたはAdvanced Colorizeノードと一緒に使用、または単独で使用することができます。

Snow ノード:2クリックでリアルな雪のカバー率を実現。最低高度と沈降角度で調節でき、簡単に満足のいく結果を得ることができます。

Advanced snowノード:積雪量を監視、すべての詳細をコントロールし、最大限のディティールを実現します。

●マルチブレンド

地形やマスクのブレンドが簡単になりました。


2つの地形やマスクだけを扱うブレンドノードやコンポジションノードの代わりに、1つのノードで任意の数の地形やマスクをレイヤーとしてブレンドできます。
レイヤーを無効にしたり、順番を変更したりできます。

●エルゴノミー(人間工学)コーナー

Instant Terra の日常的な使用をより簡単にするために、いくつかの改善が行われました。

  • フルコンポジションまたはトランスフォームノードを使用して地形やマスクを拡大縮小する際に、アスペクト比を維持します。
  • カラーランプ値を編集して正確な結果を得られるようになりました。
  • グローバル設定を使用して、部分的に選択されたノードを矩形選択に追加するかどうかを選択できます。
  • 新しい便利なショートカット:ノード、リンク、コネクタ上でAlt+左マウスボタンをクリックすると、そのノードとコネクタに接続されているすべてのリンクが削除されます。

●ノードの新機能

Has color map:このノードは、地形にカラーマップがあるかどうかの情報を取得します。
Selectノードと併用すると、カラーマップの状態に応じてグラフの分岐を切り替えることができます。

Split color map:分割カラーマップノードには、カラーマップのアルファチャンネルという追加出力があります。カラーマップに透明度がない場合、アルファチャンネルは白になります。

●テクニカルコーナー

Python: callback hooks(Instant Terra Pro only)

インポートやエクスポートの完了など、いくつかのイベントを検出するためのコールバックフックが利用できるようになりました。

Python & C# API (Instant Terra Pro only)

InstantTerra クラスは、接続の問題を処理するためのタイムアウトパラメータをサポートするようになりました。Instant Terra の現在のバージョンを取得するための新しい関数が利用可能になりました。

Lerp 機能

Lerp および LerpColor 関数 の2つの新しい関数はGPUスクリプトで使用でき、2つの値間または2つの色間の線形補間を返します。

コンポーネント

グローバルコンポーネントで使用するデフォルトフォルダを変更し、グローバル設定で定義できるようになりました。

WYSILAB RELEASES INSTANT TERRA V1.12


価格の確認やエディションによる機能確認はこちらから

1か月間の無料体験版のダウンロードはこちらから

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました