スポンサー

統合型ポストプロダクションソフト「DaVinci Resolve」がメジャーアップデート!新しいFairlightオーディオ機能の追加など

CGソフト

3月5日(現地時間)Blackmagic Designは、同社の編集、色、視覚効果、オーディオの統合型ポストプロダクションソフトウェアのメジャーアップデートである「DaVinci Resolve 16.2」を発表しました。 このリリースでは、新しいFairlightオーディオ機能が追加され、シンプルなマウスとキーボードで低コストのオーディオポストプロダクションが可能となります。

DaVinci Resolve 16.2の機能

●Fairlightタイムライン編集の使いやすさが向上。

今回のアップデートには、マウスとキーボードを使用してFairlightオーディオタイムラインで編集するときの新しいアップデートが含まれています。これは、新しい編集選択モードで、以前は完全なFairlightコンソールのオーディオエディターでしか使用できなかった機能がロック解除され、編集が以前よりもはるかに高速になったためです。さらに、編集選択モードでは、マウスをクリックするだけでフェード、カット、クリップの移動を追加できます。新しいスケーラブルな波形により、ユーザーは音量を調整せずにズームインできます。バウンスにより、顧客はフェアライトタイムラインから直接カスタムサウンドエフェクトを使用してクリップをレンダリングできます。

複数のクリップを追加するのは簡単です。水平方向だけでなく、タイムラインに垂直方向に追加できるようになり、オーディオの複数のトラックを一度に簡単に追加できるようになりました。タイムラインでマルチチャンネルトラックをリンクグループに直接変換できるようになったため、ユーザーはクリップを手動で変更して再インポートする必要がなくなりました。フレーム境界編集のサポートが追加され、フィルムおよびブロードキャスト配信のファイルエクスポートの互換性が向上しました。フレーム境界の編集により精度が向上するため、ユーザーはタイムラインをズームすることなくフレーム境界に簡単にトリミングできます。修飾キーがサポートされるようになったため、キーボードとマウスを使用してクリップをタイムラインに直接複製できます。ユーザーは、クリップを複数のタイムラインに簡単にコピーすることもできます。

●改良されたBlackmagic Fairlightサウンドライブラリ

メタデータベースの検索が新たにサポートされたBlackmagic Fairlight Sound Libraryのサポートも含まれているため、サウンドエフェクトを見つけるためにファイル名は必要はありません。また、検索結果にはファイル名と説明の両方が表示されるため、完璧な効果音を見つけることが以前よりも迅速かつ簡単になります。

●エフェクトとプラグインの新しい自動ソート

オーディオエフェクトの検索は、最初にカテゴリごとに、次にネイティブプラグインまたはサードパーティのプラグインごとに自動的に分類される自動ソートによって、より高速です。エフェクトはお気に入りとしてマークすることもできるため、リストの一番上に移動して、ナビゲーションをこれまでになく簡単にします。

●向上した没入型3Dサラウンドサウンドバスおよびモニタリング

MPEG-H 3D没入型サラウンドサウンドオーディオバスおよび監視ワークフローがサポートされるようになりました。さらに、パンとバランスの動作の改善には、パンを制限する機能が含まれます。

●Fairlightオーディオ編集トラックインデックスの改善

広範囲にわたるFairlightオーディオ編集では、インデックスも改善されています。編集インデックスがFairlightページで使用できるようになり、他のページと同様に機能し、使用されているすべてのメディアのリストを表示します。クリップをクリックするだけで、タイムラインのその場所に直接移動できます。トラックインデックスは、ミュート、ソロ、レコードイネーブル、ロックのドラッグ選択と可視性コントロールをサポートするようになりました。これにより、顧客は各トラックを個別にクリックすることなく、すばやくスタックをスワイプできます。オーディオトラックは、トラックインデックス内の1つのトラックまたはトラックのグループをクリックしてドラッグすることでも再配置できます。

●AAFのインポートとエクスポートの改善

AAFサポートが改良され、AAFシーケンスを使用中のタイムラインに直接インポートできるようになりました。さらに、プロジェクトのタイムスケールが異なる場合は、AAFデータをインポートして、オフセット値を一致させることもできます。マルチチャネルを含むAAFファイルも、リンクされたグループとして自動的に認識されます。 AAFエクスポートも更新され、業界標準の放送波ファイルをサポートするようになりました。オーディオクロスフェードとフェードハンドルがFairlightからエクスポートされたAAFファイルに追加され、他のアプリケーションで認識されるようになりました。

●古いレガシーFairlightプロジェクトのインポートの改善

従来のFairlightの使用については、この新しいアップデートにより、古いレガシーFairlightプロジェクトのインポートが大幅に改善されます。これには、1000を超えるメディアファイルを含むプロジェクトを開くときの速度の向上が含まれます。つまり、プロジェクトは以前よりも速くインポートされます。

●オーディオミキシングとFairlightFXフィルターの複数の改善

インスペクタのクリップEQの新しいEQカーブプリセットにより、面倒な周波数を除去できます。新しいFairlightFXフィルターには、モニターパネルまたはミキサーが閉じられている場合でもレベルを監視するために、任意のトラックまたはバスにフローティングメーターを追加する新しいメータープラグインが含まれています。また、サラウンドで低周波エフェクトをミキシングする際に、より高い周波数をスムーズにロールオフするように設計された新しいLFEフィルターもあります。

●Fairlightコンソールオーディオエディターの大幅な改善

Fairlightオーディオエディターを使用した没入型サウンドワークフローの操作が更新され、上下にパンするための専用コントロールが含まれるようになりました。さらに、エディターパネルのインスペクターでクリップEQを変更できるようになりました。コピーおよび貼り付け機能が更新され、EQ、オートメーション、クリップゲインを含むすべての属性がコピーされるようになりました。サウンドエンジニアは、クリップEQの独自のプリセットを作成して適用するなど、好みのワークフローを設定できます。プラグインのパラメーターをカスタマイズまたは追加して、ユーザーが好みのツールセットにすばやくアクセスできるようにすることもできます。

また、クリップレベルを相対的に変更できるようになりました。これにより、ユーザーは既存の調整を尊重しながら全体のゲインを調整できます。また、クリップレベルを1にリセットして、以前に行ったレベル調整を簡単に削除することもできます。フェードは、Fairlight Editorから直接削除することもでき、以前よりも高速に行うことができます。また、サウンドエンジニアは好みのトラックビューを保存できるため、毎回作成することなく、必要なビューを取得できます。レイヤー編集を含む、以前はキーボード経由でしか使用できなかったその他の機能にパネルからアクセスできるようになりました。これは、キーボードまたはオーディオパネルからオートメーションカーブも選択できることを意味します。

●Fairlightコンソールオーディオエディターのトランスポートコントロールが改善

Fairlightオーディオの大幅な改善を続けて、オーディオエディターのトランスポートコントロールも大幅に更新されました。トラックナビゲーションが改善され、何も選択されていない場合でも機能します。ユーザーは、オーディオエディターパネルからタイムラインの上のタイムコード入力ウィンドウに直接移動できます。また、高フレームレートのタイムコードのサポートが追加されています。タイムコードエントリは現在のCTIロケーションに関連する値をサポートするようになったため、再生ヘッドは設定されたタイムコードではなく、位置に関連するタイムラインに沿って移動できます。

●タイムラインのロードや切り替えなどの新しい編集機能

Fairlightオーディオの大幅な改善を続けていくなかで、オーディオエディターのトランスポートコントロールも大幅に更新されました。トラックナビゲーションが改善され、何も選択されていない場合でも機能します。ユーザーは、オーディオエディターパネルからタイムラインの上のタイムコード入力ウィンドウに直接移動できます。また、高フレームレートのタイムコードのサポートが追加されています。タイムコードエントリは現在のCTIロケーションに関連する値をサポートするようになったため、再生ヘッドは設定されたタイムコードではなく、位置に関連するタイムラインに沿って移動できます。

ユーザーが00を入力する代わりにコロンキーを使用できるようにサポートが追加されました。コンソールフェーダーのマスタースピルにより、ユーザーはすべてのトラックをバスフェーダーにスピルアウトして、ミックスをすばやく調整できます。また、パネルの回転式コントロールや、モディファイアキーを使用してマウスを使用すると、より正確になります。ユーザーは、レイアウトを変更し、Fairlightエディターでアイコンまたはテキストのみのラベルを選択することもできます。従来のFairlightユーザーの場合、従来のFairlightレイアウトを使用できるようになりました。再生ヘッドを前後にジャンプするためのサポートメディア左およびメディア右選択キーが追加されているため、タイムライン内を移動するのがさらに速くなります。

●クリップのコピーと貼り付けが高速化され、メディアプールが改善

メディアプールには、最大24の埋め込みチャネルを持つオーディオファイルのメタデータサポートが含まれるようになりました。ユーザーは、コピーおよび貼り付けコマンドを使用して、クリップとタイムラインを同じビンに複製することもできます。

●スマートフィルターなどを含む新しいカラーグレーディング機能

カラーページでコラボレーションワークフローを使用しているお客様は、ワークフローの安定性が向上しています。デュアルスクリーンモードが有効な場合、プライマリDaVinci Resolve画面をウィンドウとして実行するためのサポート

ユーザーは、スマートフィルターを使用して、キーワードや人物タグなどのメタデータフィールドに基づいてメディアをソートできるため、ユーザーは必要なクリップをすばやく見つけることができます。

●新しいカメラと標準のファイル形式サポートの改善

Blackmagic DesignのCEOであるGrant Pettyは、今回のアップデートについて次のように述べています。

「これらの新機能により、シンプルなマウスとキーボードを使用して、Fairlightページで複雑なオーディオポストプロダクション作業が可能になります。DaVinciResolveは無料でダウンロードできるため、より多くの人々が仕事にプロフェッショナルなオーディオ品質を追加できます。」

価格とシステム要件

DaVinci Resolve 16 は無償、無償版の全機能に加え、DaVinci Neural Engine機能、複数ユーザーコラボレーション、ステレオスコピック3Dツール、多数のResolveFXおよびFairlightFXプラグイン、HDRグレーディング、フィルムグレイン、ブラーおよびミストエフェクトなどを搭載したDaVinci Resolve Studio 16 は299ドル(日本語ページでは¥33,980 

DaVinci Resolveはすべての主要プラットフォームで起動可能。自宅やスタジオのMac、放送局のWindows、VFXスタジオのLinuxで使用できます。

DaVinci Resolve 16.2のダウンロードはこちらから(ページ下部) 

Blackmagic Design Announces DaVinci Resolve 16.2

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました