スポンサー

Sketchfabが3D文化遺産をパブリックドメインに!

フリーコンテンツ

Sketchfabは、文化組織がCreative Commons(CC)0 Public Domain Dedicationを使用して、3DスキャンとモデルをPublic Domainにできるようにしたことを発表しました。

これにより、美術館などの組織が3Dデータをよりオープンに共有できるようになり、パブリックドメインに多くの3Dモデルが追加されました。3Dクリエーターは、古代から現代のアーティファクト、オブジェクト、シーンをダウンロード、再利用、再想像、リミックスすることが容易になります。

この試みには、13か国の27の文化団体が協力しています。そのなかでもSmithsonian Institutionは、新しく開始されたオープンアクセスプログラムの一環として、最初の公式3DモデルをSketchfabにアップロードしました。

また、Sketchfabチームはのパブリックドメインに3Dモデルを拡大していくことを期待しています。博物館、ギャラリー、またはアーカイブで働いていて、組織の3Dモデルをパブリックドメイン専用にする場合は、こちらから 相談することができます。

以下は、3Dアーティストが文化的、歴史的な3Dモデルをリミックスして作成された作品のコレクションです。

また、Sketchfabフォーラムに、パブリックドメイン3Dでできることとできないことに関する詳細情報を含む投稿が追加されています。 投稿を確認する。

【協力した文化団体リスト】

リンクから3D文化遺産がその組織の確認できます。

CC0の3Dモデルを検索する

Sketchfab Launches Public Domain Dedication for 3D Cultural Heritage(Sketchfabブログ)

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました