スポンサー

Quixel Mixer 2020 がリリース!マルチチャネル3Dペインティングやリアルタイム3D曲率追加など

CGソフト

Quixelは無料のマテリアルオーサリングツールの最新アップデートであるMixer 2020をリリースしました。Quixelは、このリリースをプレビュー版としており、インストーラにもBetaと表記されています。

このリリースでは、マルチチャネル3Dペインティング、Megascansスマートマテリアル、リアルタイム3D曲率、マテリアルIDマスキング、シームレステクスチャプロジェクションなど、単一オブジェクトのテクスチャリングとMegascansアセットのスタイル変更機能のロックを解除します。

シームレスな3Dテクスチャリングエクスペリエンス

メッシュをロードし、1つまたは2つのスマートマテリアルを適用し、最後の仕上げを3Dペイントします。定型化されたもの、写真のようにリアルなもの、またはそれ以上のものなど、創造的な制御を行い、独自の外観を定義します。

刷新された3Dブラシシステムを使用してカスタムブラシでペイントまたはスカルプトし、スキャンと手続き型マスクを使用してオブジェクトの摩耗を定義し、新しいグループ化、カラータグ付け、およびスマートマテリアルシステムでマテリアルを整理します。

Mixerにより、Megascansアセットの外観を完全に変更できるようになり、基本的にライブラリ全体が独自のスタイルに適合するように制御できるようになりました。

Mixerを使用すると、すべてのMegascansまたはカスタムアセットが動的になり、好みのアートディレクション、バイオーム、または独自のスタイルにシームレスに適応します。すべてのアセットはさまざまなスタイルや環境に適応させることができます。

新しいスマートマテリアルワークフロー

2014年に導入したスマートマテリアルシステムは、今ではMegascansライブラリをMixerのプロシージャルエンジンと融合させ、新しいものとなりました。これにより、非常に強力なテクスチャワークフローが提供され、環境全体のルックアンドフィールをすぐに変更できます。

また、スマートマテリアルの作成がかつてないほど容易になりました。選択したレイヤーをグループ化し、グループを右クリックして、スマートマテリアルとして保存するだけです。さらに、Mixerで100を超えるスマートマテリアルとMegascansアセットを無料で利用できるようになりました

リアルタイムの曲率

まったく新しいリアルタイムの曲率システムで、リアルな摩耗、裂け目、汚れの蓄積を作成します。このプロシージャルコンポーネントは、ジオメトリ、スマートマテリアル、プロシージャルレイヤー、ブラシストロークに動的に適応し、アセットの定義を制御できます。

スキャンを完全に制御

Mixerを使用すると、すべてのレイヤーのすべてのテクスチャマップを制御できるようになり、レイヤーの強力なブレンド、マッチング、コントラスト、反転、カスタムテクスチャスワッピング、不透明度の制御が可能になります。

個々のレイヤーの配置機能も一から改良され、テクスチャのタイリング、スケール、回転を完全に自由にできるようになりました。すべてのレイヤーがデフォルトでボックス投影モードを使用するようになり、3Dアセットのテクスチャリングが自動的にシームレスになります。このワークフローにより、複雑なUVレイアウトが不要になるため、テクスチャリングプロセスが大幅に簡素化されます。

新しいプロシージャルコンポーネント

テクスチャリングプロセスをさらに改善するために、ポスタライズ、投影、レイヤー参照など、3Dおよび2Dテクスチャリング用の新しいコンポーネントマスクレイヤーを追加しました。また、以前のコンポーネントレイヤーをすべて再確認して、スムーズな3Dテクスチャエクスペリエンスを確保しました。

新しいProjection Modifierは、新しいボックス投影機能のすべての機能を使いやすいプロシージャルレイヤーで提供し、プロシージャルパターンとノイズを活用できるシームレスなプロシージャルマスクを提供します。

Position Gradient maskコンポーネントを使用すると、グラデーション強度を制御する柔軟な範囲設定で、メッシュの特定の角度に特定のレイヤーを再配置できます。これを使用して、オブジェクトの特定の部分をすばやく色付けしたり、定型化されたテクスチャのグラデーションカラーを複製することを目的としたプロシージャルマスクを作成したりできます。

ユーザーエクスペリエンスの改善

Mixer 2020には、市場で最も簡単なテクスチャリングソフトウェアとなる、さまざまな改良が施されています。レイヤースタックを整理しやすくするために、グループ化タグとカラータグを導入されています。

また、丸い立方体、球、複数の円柱などのプリミティブ、スマートマテリアルを実験するためのモデルとして使用できる滑らかなシェーダーボールなど、作業を行うためのまったく新しいベースメッシュも導入されています。 Megascansアセットの読み込みは簡単です。お好みの3Dアセットをクリックするだけです。

今後について

今後のリリースでは、マルチテクスチャセットのサポート、ミラー化されたUV、さらに多くのスマートマテリアルなど、新しい3Dテクスチャ機能がロック解除される予定となってます。

 無料のQuixel Mixerのダウンロードはこちら

MIXER 2020: A NEW TEXTURING PARADIGM(Quixel公式)

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました