スポンサー

[6/15更新]無料のオープンソース画像編集ソフト「 GIMP 」がアップデート!ユーザビリティの改善や新しい3D変換ツールなど

CGソフト
6月15日更新:GIMP 2.10.20がリリースされました。更新部分へ

GIMP 2.10.18

GIMP Teamは、無料のオープンソース画像編集ソフト最新バージョン GIMP 2.10.18 をリリースしました。

今回のリリースは、重大なバグによりバージョン2.10.16の発表をスキップしたため2回分のアップデートが含まれています。いくつかの主要なユーザビリティの改善、3D空間での変換のための新しいツール、新しいリリースチェッカーなどがされています。

新機能ハイライト

グループ化されたツール

ツールをツールボックスでグループ化できるようになりました。このオプションはデフォルトで有効になっています。

Created with GIMP

グループをカスタマイズするには、新しいグループを作成し、それらの間にツールをドラッグします。変更はすぐに有効になります。または、グループ化を完全に無効にすることができます。 [Preferences]ダイアログの[Interface/Toolbox]ページに設定オプションがあります。

コンパクトなスライダー

GEGLベースのフィルターとツールのオプションで通常使用されるスライダーは、デフォルトでコンパクトなスタイルになりました。垂直方向のスペースが大幅に削減され、インタラクションモデルが大幅に改善されました。

Created with GIMP

左クリックまたはマウスホイールスクロールで複数の修飾子を使用できます。

  • 左クリック+ドラッグは、デフォルトの増分で値を変更します。
  • Shift +左クリック+ドラッグ(または右クリック+ドラッグ)は値を小さなステップで変更します。
  • Ctrl +左クリック+ドラッグ値を大きく変更して変更します。

ドッキングUXの改善

「ドッキング可能なダイアログをここにドロップできます」というメッセージは、ツールボックスおよび他の空のドッキング可能な領域から消えています。ただし、ダイアログをドッキングできる場所を示唆する必要があるため、ダイアログをドラッグするたびに、すべてのドッキング可能な領域が強調表示されます。

変換プレビューの改善

Composited Previewという新しいオプションが、ほとんどの変換ツールで利用可能になりました。レイヤースタック内の変更されたレイヤーの正しい位置、および正しいブレンドモードで、変換プレビューのレンダリングを可能にします。

2つのサブオプションがあります。リンクされたアイテムをプレビューすると、現在選択されているアイテムだけでなく、レイヤーなどのすべてのリンクされたアイテムの変更をプレビューできます。

同期プレビューでは、マウス/スタイラスポインターを移動してプレビューをレンダリングし、移動が停止するのを待つのではなく、変換を変更します。これは、GIMPが十分な速度でディスプレイを更新できる場合に即座にフィードバックを提供しますが、通常は大きなレイヤーの場合はそうではありません。

GIMPは、変換されたレイヤーのクリッピングも自動的にプレビューするようになりました。これにより、試行錯誤の量を減らすことができます。

新しい3D変換ツール

新しい変換ツールは、レイヤーの遠近感を変更したり、3D空間でパンしたりするのに役立ちます。消失点を設定してから、X、Y、Z軸でレイヤーを回転できます。

複数の修飾子を使用して、回転とパンを1つの軸のみに制限できます。 [統合された相互作用]チェックボックスを使用すると、キャンバス上の設定ダイアログでタブを切り替えることなく、消失やパン、回転を切り替えることができます。最後に、[ローカルフレーム]オプションを使用すると、グローバルフレームではなく、レイヤーのローカル参照フレームの変換を制御できます。

対称ペイントの機能強化

Mandala対称ペインティングモードには、回転と反射の両方を組み合わせる万華鏡オプションが追加されました。

万華鏡オプションを有効にすると、後続のストロークが対称スライスのエッジ全体にミラーリングされます。

その他のアップデート

その他にも以下のアップデートが行われています。

  • 高コントラストのシンボリックテーマが利用可能に
  • ブラシのアウトラインと品質の改善
  • ABRブラシの高速読み込み。
  • PSDサポートの改善。
  • レイヤーを統合および固定するための統合されたユーザーインターフェイス。
  • 利用可能な新しいリリースをユーザーに通知する更新チェック。
  • 28個のバグ修正、15個の翻訳アップデート。

今後について

GIMP Teamは今後の開発について次のように記述しています。

私たちの主な目的は、まだGTK3ポートを完成させ、GIMP 3.0をリリースすることです。これにはしばらく時間がかかります。

私たちが検討しているアイデアの1つは、デフォルトの単一ウィンドウレイアウトを改善し、一般的な編集、Webデザイン、デジタル写真、ペイントなどの一般的なユースケース向けに合理化された名前付きワークスペースを導入することです。

デフォルトのGIMPレイアウトをカスタマイズした場合は、スクリーンショットを投稿して、このカスタマイズに影響を与えたGIMPのユースケースについて教えてください。これは、Twitterまたはユーザーのメーリングリストで行うことができます。

一般的な使用例ごとに代表的な量のサンプルを取得したら、データを分析し、好みに合わせてさらに調整できるデフォルトのワークスペースを作成できるかどうかを確認します。

当面の間は、GIMPの開発を促進するための方法として、プロジェクトに寄付し、複数のGIMP開発者に個人的に資金を提供できることを忘れないでください。

GIMPの公式Twitter

GIMP開発への寄付ページへ,

より詳しい情報は GIMP 2.10.18 Released で確認できます。

GIMP 2.10.20 (6/15更新)

6月11日、GIMP 2.10.20 がリリースされました。このリリースには新機能と重要なバグフィックスなどが含まれています。

新機能ハイライト

ツールボックス アップデート

前回のリリースでツールボックスにツールグループが導入されましたが、ユーザーフィードバックによってこれが改善され、ツールリストをクリックしなくてもツールグループメニューを表示できるようになりました。このオプションは、ツールボックスが単一の列に配置されているときにデフォルトで有効になっていますが、任意のツールボックスレイアウトに対して有効にしたり、環境設定ダイアログのツールボックスページで完全に無効にしたりすることができます。

さらに、この新しい動作を使用していない場合、ツールボックスのツールチップにはグループ内のすべてのツールが一覧表示されるようになり、発見しやすくなりました。

非破壊クロッピング

デフォルトで非破壊的なクロッピングを追加しました。切り抜いたピクセルを削除してレイヤーとキャンバスの両方を変更するのではなく、単にキャンバスのサイズを変更します。画像をエクスポートする場合、結果のファイルはキャンバスの境界内に表示されるものだけになります。

古い「破壊的な」動作に戻したい場合は、切り抜きツールの設定で[切り抜きピクセルを削除]チェックボックスをオンにします。

新しいフィルターと改良されたフィルター

ビネットフィルターの改善、ピンぼけの模倣に関連した3つの新しいフィルタなど追加されています。

・ビネット(Vignette)フィルター

キャンバス上のコントロールが追加され、 ダイアログで数値を入力するのではなく、 ビネットの形状を視覚的に操作できるようになりました。マウスポインタを外側のコントロールの外側のどこかにドラッグすると、ヴィネットの形状が回転することになります。

また、 新たに「水平」と「垂直」の2つの形状が追加されました。

・可変ぼかしフィルタ

レイヤーまたはチャネルを定型入力として使用して、ぼかす必要のあるピクセル(ユーザー定義の最大ぼかし強度の何パーセント)と変更せずに残すかを決定し、ガウスぼかしを使用してピクセルをぼかします。

・レンズぼかしフィルター

レンズブラーも同様ですが、背景のハイライトをぼかすことで、シャープな前景のオブジェクトを部分的に閉塞させるなど、よりリアルなボケ味を実現しています。また、ハイライト部分の影響の度合いもコントロールできます。

・フォーカスぼかしフィルター

[フォーカスぼかし]は、更新された [ビネット] フィルタと同じキャンバス上のコントロールを使用して、シンプルなユーザー インターフェイスでピンボケぼかしを行うことができます。ぼかし方は ガウシアンぼかし と レンズぼかし の2種類から選択できます。このフィルターの用途のひとつに、 通常の写真からミニチュアのフェイクを作成することがあります。

・新しいブルームフィルター

ソフトグローフィルターに似た効果を適用しますが、 ソフトグローフィルターとは異なり、彩度を下げることはありません。技術的には、ブルームフィルターはハイライト部分を分離してぼかしをかけ、 元の画像に再結合します。

フィルターダイアログの改善

GEGL フィルターのオプションダイアログにブレンドオプション セクションが新設され、 フィルターの適用するブレンドモードと不透明度を制御できるようになりました。これはバージョン 2.10.10 で削除された フェード 機能に取って代わるものです。

PSDサポートの改善

GIMPは既に16ビット/チャネルのPSDファイルをロードできましたが、高ビット深度の画像は、チャネルあたり16ビットを使用してエクスポートできるようになりました。さらに、 チャンネルは正しい順序で元の色で書き出されるようになりました。

その他にも多くの変更やバグ修正がされています。

詳しい情報はこちらから

今後の予定

v2.99.2 のマスターブランチでの開発を終了しました。これは2.99シリーズの最初の不安定リリースであり、将来的にはv3.0に至る予定とのことです。v2.99.2を本番環境で使用することは推奨されていませんが、フィードバックやバグレポートは募集しているということです。

GIMP のgithubページへ

GIMP開発への寄付ページへ

GIMP のダウンロードはこちらから

GIMP 2.10.20 Released

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました