スポンサー

V-Ray Next for SketchUp update 2 がリリース!RTXサポート、強化されたカラーピッカーなど

プラグイン

Chaos Groupは、V-Ray Next for SketchUp update 2 をリリースしました。

こののアップデートでは、RTXサポート、強化されたカラーピッカー、新しいカラーテーマ、およびジオメトリとマテリアルのワークフローを簡単にするための多くの便利な改善が導入されています。

V-Ray Next for SketchUp update 2 の新機能と改善

  • RTXサポート: NVIDIA RTXテクノロジーでV-Ray GPUのパフォーマンスが向上。
  • マテリアルを含むプロキシ:プロキシメッシュアセットをインポートまたは作成すると、V-Rayはマテリアルスロットのセットを自動的に生成し、マテリアルの管理を容易にします。
  • カラーアシスタント: V-Rayカラーピッカーの新しい拡張機能であるカラーアシスタントを使用して、適切な色相、彩度、値のバリエーションで必要な正確な色を選択します。
  • マテリアルの改善:すべてのシーンマテリアルの基礎となるシェーディング構造を最適化したため、マテリアルプロパティを乱すことなく高度な属性を追加または削除できるようになりました。
  • 統合インストーラー:V-Rayパッケージに含まれるすべてのコンポーネントのスムーズなシングルステップインストールをお楽しみください。
  • カラーテーマ:新しい「明るい」カラーテーマがV-Rayユーザーインターフェイスで利用可能になりました。
  • 部分的なシーンのエクスポート:現在選択されているもののみを、適用されたマテリアル、ライト、その他のV-Ray特殊オブジェクトを含む.vrsceneファイルとしてエクスポートします。
  • VRscansの強化: VRscansマテリアルには、3層テクスチャ投影モードが含まれるようになり、マテリアルを使用するオブジェクトのUVマッピングが不要になりました。

以下の動画で新機能がみることができます。

この更新は、永久ライセンスを購入したか、有効期限付きライセンスを持っているSketchUpクライアントのすべてのV-Ray Nextに対して無料です。

V-Ray Next for SketchUp プロダクトページへ

SketchUpのV-Ray Nextを30日間無料で体験する。

V-RAY NEXT FOR SKETCHUP, UPDATE 2 RELEASED(Chaos Group公式)

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました