スポンサー

[7/10更新] Chaos Group 100%レイトレース環境でリアルタイム「Project Lavina」ベータ版をリリース

CGソフト
[7/10更新] Project Lavina  Beta 0.4 がリリースされました。更新部分へ

2月10日(現地時間)Chaos Groupは、100%レイトレース環境内でV-Rayシーンをリアルタイムでするための新しいツールであるProject Lavinaをオープンベータとしてリリースしました。

Project Lavina

このソフトウェアは、Nvidia RTXグラフィックスカードのRTコアを使用して、環境のインタラクティブなリアルタイムで完全にレイトレースされたビューを作成します。

Project Lavinaは、Siggraph 2018で技術プレビューとして最初に公開され、昨年クローズドベータでリリースされました。Chaos Groupは「V-Rayシーンのリアルタイムの探索および操作」ツールとして説明していまうす。

ワークフローの説明

.vrsceneを開く

.vrsceneファイルは、次の2つの方法のいずれかでProject Lavinaで開くことができます。

  1. FIle > Open Scene >  .vrsceneを選択します。
  2. .vrsceneファイルをProject Lavinaに直接ドラッグアンドドロップすると、シーンが自動的にレンダリングされます。

Navigation

ホットキーの完全なリストは、[Help]タブ> [Mouse and Key shortcuts]にあります。

マウスの中ボタンを押したままにして、カメラを横に移動します。

オービットするには、Altキーを押しながらマウスの中央ボタンでドラッグします。

Ctrl + Alt +中マウスボタンを使用すると、スムーズにズームインおよびズームアウトできます。マウスホイールをスクロールして、ズームイン/ズームアウトすることもできます。

Free look モードでは、W、A、S、Dキーを使用してシーン内を移動できます。 F2を押してモードを終了します。

EキーとQキーは、カメラを上下に移動します。

LUTとHDRI

LUTファイルは、Project Lavinaの[Post]タブからロードできます。

現在のLUTファイルをクリックすると、最近使用したLUTファイルのリストが表示され、現在ロードされているLUTと同じフォルダー内のすべてのLUTファイルもリストされます。

HDRIマップは、[Load Environment]ボタンからロードできます。現在ロードされているHDRIをクリックして、最近使用したHDRIマップのリストと同じフォルダー内のすべてのHDRIマップのリストを表示します。

[Rotation]オプションから環境を回転し、[Intensity]オプションを使用して強度を調整できます。

Objects

シーンがレンダリングされているときに、.vrmeshまたは.vrsceneファイルをドラッグアンドドロップすると、新しいアセットを現在開いているシーンとマージするか、新しいファイルを開くかを選択できます。

この例では、いくつかの.vrsceneファイルをマージし、.vrmeshファイルを追加して、シーンから.vrmeshにマテリアルを割り当てます。

さらに、各オブジェクトを回転、拡大縮小、および移動できます。最初に選択ボタン(またはホットキーQ)を押して、選択モードに入ります。オブジェクトを選択し、Wを押して移動、Eを回転、Rを押します。 Qキーを押して、選択に戻ります。

[Objects]タブでオブジェクトを非表示/再表示することもできます。

[Materials]タブを使用して、[ Assign to Selection]ボタンを使用して、選択したオブジェクトにマテリアルを割り当てることができます。

Configuration (.vrdx) Files

シーンに変更を加えたら、後で使用するために構成.vrdxファイルとして保存できます。

[File]> Save scene config file]に移動し、.vrdxファイルを保存します。

この例では、保存してから比較する2つのインテリアライト構成-1つは昼光用、もう1つは夜間/夕暮れ用に示しています。

LUTファイルを使用して照明を強化し、シーンの昼夜の雰囲気に合わせて照明の強度と色を調整します。

Cameras

Project Lavinaでシーンをロードする場合、.vrsceneファイルに保存されているデフォルトのカメラが使用されます。

シーン内を移動して、多くのカメラビューを保存し、必要に応じてそれらに戻ることができます。

右上隅の[Save New Camera Slot ]ボタンを押します。現在のビューから新しいカメラスロットが作成され、名前を変更できます。

カメラを保存するもう1つの方法は、空のスロットを選択し、[カメラを保存]ボタンを押してドロップダウンメニューを表示することです。 Save This Cam Slotを選択します-現在選択されているカメラビューを保存します。その後、名前を変更できます。

ドロップダウンから[ホーム]を選択すると、.vrsceneファイルから取得したカメラにいつでも戻ることができます。

Offline Render

現在のビューから高品質のスナップショットをレンダリングできます。

[Tools ]> [Render a High Quality Snapshot]に移動します。

ポップアップウィンドウで、レンダリングの解像度とサンプルを選択できます。使用するサンプルが多いほど、レンダリングの品質は向上しますが、レンダリング時間はかかります。

デフォルトとして保存オプションを有効にして、現在の出力設定をデフォルトとして設定することもできます。

出力ディレクトリ、名前、および形式を選択します。

レンダーの進行中に、品質が十分なフレームを停止して保存するか、レンダーを一時停止または中止できます。

Recording a Walkthrough

ウォークスルーの記録を開始するには、[Tools]タブ> [Record a walkthrough]または右下の記録ボタンに移動します。

Free lookモードに入ります。ウォークスルーは、歩き回っている間に記録されます。同じボタンから記録を停止できます。

次に、[Tools]> [Render High Quality Walkthrough]またはティーポットレンダリングアイコンからウォークスルーをレンダリングできます。レンダリング解像度を選択して、[Start]を押します。出力ディレクトリとファイル名を選択するように求められます。

現在、マテリアルを編集したり、ライトを配置したりすることはできませんが、新しいアセットをマージして、インタラクティブに配置またはスケーリングし、LUTまたはHDRIマップを読み込んでシーンの照明を変更することができるようです。

Project Lavina Beta 0.4 [7/10更新]

Chaos Groupは7月9日(現地時間)、Project Lavina Beta 0.4をリリースしました。

最新のベータ・ビルドには、V-RayのフィジカルカメラとVRayBRDF Metalマテリアルのサポートが追加されています。他にも新しいアニメーション・エディターが含まれており、これによって、Project Lavinaで直接3Dアニメーション・シーケンスを作成、編集、レンダリングできるようになっています。

【新機能 beta 0.3】

  • アニメーションエディターの追加(実験的)
  • インポートされたライトにライトのグループ化(インスタンス化)を追加
  • V-Ray SunおよびSkyモデルのサポート
  • 追加されたノイズしきい値オプション
  • Simple(environment)lightポータルのサポート
  • CommonTextureおよびMappedTextureのテクスチャーパラメーターのセットのサポートが追加されました:Crop、Place、AlphaSource、MonoChannelOutput、RGBChannelOutput、Invert、OutputAmount、Clamp、RGBOffset、RGBLevel

【新機能 beta 0.4】

カメラ

  • 物理カメラパラメータ
  • カメラロール機能

マテリアル

  • 金属性のサポート(BRDFVrayMtl)

UI

  • ピボットポイント選択ボタンを上部のツールバーに
  • マウス精度切り替えボタン

MAXScript

  • Lavina MAXスクリプトから変更をインポートし、Project Lavinaから3D Maxに複数のカメラとアニメーションを再インポートします

すべてのアップデート内容の確認はこちらから

Brick Visualによるテスト

Chaos Groupは、Brick Visualに依頼して、複雑なarch-vizシーンをProject Lavinaのリアルタイム3Dレイトレースエンジンにロードした例を公開しています。

Brick Visualによるテストに関する詳しい情報はこちらから

価格とシステム要件

  • V-Ray Next Renderライセンス(V-Ray Next製品に付属)
  • 更新1809以降を適用したWindows 10
  • NVIDIA RTX GPU(最大2)
  • DXR互換GPU:NVidiaドライバー436.02以降(推奨バージョン443.18または446.14)を搭載した RTX シリーズ、バージョン451.48はサポートされていません。
  • 8GB以上のRAM

Project Lavinaは現在、「セミパブリック」ベータ版として利用できます。これを使用するには、3ds Max、Maya、Modo、Rhino、SketchUpなどのV-Rayのエディションで利用可能なV-Ray Next Renderライセンスが必要です。

Project Lavina オンラインドキュメントページへ

Project Lavina ベータ版のダウンロードはこちらから

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました