スポンサー

Unity 2019.3 がリリース!新しいエディターUIなどアップデート内容チェック

CGソフト

1月28日(現地時間) Unity 2019.3 が利用可能になりました。unityの公式ブログで紹介されている更新内容を一部まとめて紹介します。

このリリースでは、最新のエディターインターフェイス、新しい入力システム、エディター内での反復時間の短縮、およびその他の多くの改善が行われています。 High Definition Render Pipelineおよび多くの2Dパッケージが2019.3で検証されました。

Unity 2019.3 はTECHストリームリリースと位置づけられており、最新の機能と改善を提供しています。それに対して、春ごろにリリースが予定されているUnity 2019.4 LTSリリースでは安定性と品質に焦点を当てています。LTSリリースはUnity 2019.3と同じ機能があり、クラッシュ、リグレッション、より広いコミュニティに影響する問題に対処する修正のみを行います。また、隔週の更新があり、2年間のサポートがされます。実稼働中のプロジェクトがあるか、ライブプロジェクトを更新する場合は、2019.4長期サポート(LTS)リリースを待つことが推奨されています。

アップデート内容

アーティストとデザイナーのためのツール

terrain updates

最新の地形の更新により、Unity 2019.3で簡単に穴、洞窟、トレンチを作成できるようになりました。

・ animation rigging

タイムラインでアニメーションのリギングとキーフレーミングをプレビューして、反復を高速化し、タイムラインツールを活用します。

・ Presets

プリセットを使用すると、Unityのほぼすべてのデフォルト状態(コンポーネント、インポート設定、カスタムアセットなど)をコーディングなしでカスタマイズできます。プリセットは、反復タスクの合理化や設計決定の検証から、標準の適用やプロジェクトのテンプレート化まで、あらゆる規模の開発チームに利益をもたらします。

・ third-party renderer materials

Unityはサードパーティのレンダラーマテリアルをサポートするようになり、Autodesk Arnold Standard Surfaceシェーダーなどの特定のマテリアルをインポートして、プロパティを正しく表示できるようになりました。

・ Scene Picking 

シーンピッキングを使用すると、シーンの特定の部分をロックできるので、意図しない変更を行う心配をせずに、実際に更新するものに集中できます。

・ DOTS-powered artist tooling 

Unity 2019.3には、アーティストとデザイナーがDOTSベースのプロジェクトで簡単に共同作業を行い、改善された反復速度とデバイス上のパフォーマンスを活用できるようにする、DOTSを使用したアーティストツールへのいくつかの新しい追加もあります。

2Dツールの進化

新しい2Dツールスイートは、個々のアーティストから大規模なチームに至るまで、すべてのクリエイターに新しく改善されたワークフローをもたらすことにより、ハイエンドの2D作成にアクセスしやすくします。次のパッケージは、Unity 2019.3で動作することが確認されています。

2D PSD Importer 

2D PSD Importerを使用すると、レイヤー化されたPhotoshop画像をUnityに直接インポートして、レイヤー情報とスプライトを保存できます。これは、2D Animationパッケージを使用する場合に特に便利です。

2D Animation 

2Dアニメーションは、スプライトエディターで骨格アニメーションを作成するために必要なすべてのツール(スプライトリギング、テッセレーション、ボーン作成など)を提供します。

2D Tilemap Editor と  2D Sprite Shape 

Unityには、2Dワールドビルディング用の2つの強力なツールも含まれています。2DTilemap Editorを使用すると、正方形、六角形、等尺性のタイルマップを簡単に作成できます。2DSprite Shapeを使用すると、オーガニックスプラインベースの2D地形とオブジェクトを作成できます。

・ 2D Pixel Perfect 

2Dピクセルパーフェクト機能により、ピクセルアートがさまざまな解像度で鮮明で安定した動きを維持できるようになり、Cinemachineには2Dピクセルパーフェクトとの互換性を改善する Pixel Perfect Virtual Camera extension が含まれています。

このリリースには新しい2D機能のプレビューも含まれています。

・ 2D Lights と 2D Shadows 

新しい2Dライトと2Dシャドウは、2Dレンダラーの一部としてユニバーサルレンダリングパイプラインに含まれています。

Secondary Textures 

セカンダリテクスチャを使用すると、スプライトエディタのスプライトに法線マップとマスクマップを追加して、これらのゲームオブジェクトを2Dライトの条件によりリアルに反応させることができます。

・ Sprite Swap

2D AnimationのSprite Swapを使用すると、同じリギングとアニメーションを維持しながら、キャラクターの外観をすばやく変更できます。

この2Dの進化を紹介する新しいサンプルプロジェクト Lost Cryptダウンロードできます。

プログラマー向けツール

このリリースでは、多くのシリアル化が改善されています。新しいSerializeReference attribute は、オブジェクト(例:グラフ)とポリモーフィックコンテナー(例:List <IFoo>)間の関係を表現するためのScriptableObjectsの代替を提供します。つまり、通常のC#オブジェクトが相互に参照できるため、コードが簡単になります。また、新しい最適化された UnityYAML ライブラリへの移行により、シーンの読み込みや保存など、テキストのシリアル化が高速化されます。

Configurable Enter Play Mode を実験的機能として追加しました。 (コードの変更がない場合)プレイモードに入るプロセスからのドメインやシーンのリロードを無効にすることで、反復時間を大幅に短縮できます。

また、 PhysX library を v3.4 から v4.1 に アップグレードしました。これには、新しいAPIとより高速なMeshColliderのインスタンス化時間、および布の多くの改善が含まれています。

Profiling improvements には、構成可能なフレームカウントが含まれます。これにより、より大きなフレームウィンドウでパフォーマンスデータを検査できます。 Deep Profileにより、すべてのプレーヤーでC#コードをインスツルメントでき、管理された割り当て、コールスタックサポートにより、C#関数がすべてのプレーヤーでガベージコレクターをトリガーするタイミングを識別できます。

また、このリリースでは、コードの行数を減らしてより多くのことを実現できるように、DOTS game code の効率が改善されています。 (以下の Data-Oriented Technology Stack (DOTS) も参照してください。)

DOTSに関心のあるプログラマー向けのその他のニュースでは、Unityの Havok Physics がUnity Package Managerで利用可能になり、Unity ProユーザーのサブスクリプションプランがUnity Asset Storeで利用可能になりました( subscription plans for Unity Pro users now available in the Unity Asset Store)。この統合は、 Unity Physics と同じC#DOTSフレームワークを使用して記述されており、より複雑な物理的ニーズを持つ開発者向けにネイティブC ++で記述された、クローズドソースの独自のHavok Physicsエンジンの機能、パフォーマンス、安定性、および機能が含まれています。

グラフィックス

High Definition Render Pipeline(HDRP)は、2019.3の検証済みパッケージであり、ハイエンドハードウェアで高性能で忠実なグラフィックスとフォトリアリズムを提供するために推奨されます。 HDRPアセットは、利用可能なハードウェアリソースを活用して品質が向上します。 Unity 2019.3のHDRPの更新には、カスタムレンダーパスとカスタムポストプロセッシング( Custom Render Pass and Custom Post processing )、物理ベースのスカイ(Physically Based Sky)が含まれます。また、 VRでHDRPが機能するようになりました。

HDRPには、プレビューパッケージとして real-time ray tracing 機能 も含まれています。レイトレーシングは、シーン内のオブジェクトを考慮し、真の光、影、反射をシミュレートします。オフラインの世界では、長いレンダリング時間や大きな予算が必要になります。

以前は Universal Render Pipelineとして知られていた Lightweight Render Pipelineを使用すると、クラス最高の視覚品質とパフォーマンスで、Unityがサポートする幅広いプラットフォームに到達できます。コンテンツ作成用のアーティストツールの完全なスイートで構成されているため、2D、3D、VR、ARのいずれのプロジェクトを構築する場合でも、1回開発するだけでどこにでも展開できます。 Universal Render Pipelineには、パフォーマンスを向上させるために完全に改良された統合後処理スタックが付属しています。また、Unityのビルトインレンダリングパイプラインからプロジェクトを更新して、パフォーマンスとスケーリングを向上させることができます。

Visual Effect Graph パッケージは、Unity 2019.3で検証され、Shader Graphと統合されているため、忠実度の高い視覚効果を簡単に作成できます。また、モーションエフェクトグラフにモーションベクトルとパーティクルストリップ( motion vector and Particle Strips )を追加して、パーティクルエフェクトをさらに制御できるようにしました。

シェーダーグラフ( Shader Graph )では、シェーダーキーワードを追加して、グラフに静的ブランチを作成し、独自のシェーダーLODシステムを構築するために使用できるようになりました。また、DOTS Animationの頂点スキニングのサポートと、ワークフローを改善するための付箋を追加しました。これにより、プロジェクトで作業している人にコメントや説明を残すことができます。

このリリースには、複数の照明の更新も含まれています。たとえば、 Light Probes を追加的にロードされたシーンにマージできるようになり、小さなチャンクに分割された大きなシーンの照明を簡単に処理できるようになりました。また、Progressive Lightmapperに多くのパフォーマンスの改善と更新を追加しました。

“The Heretic” –フルシネマティックが利用可能に

“The Heretic” は、Unityの受賞歴のあるデモチームによる短編映画で、YouTubeで完全に公開されています。プロジェクトの最初の部分はGDC 2019で明らかにされ、Unite Copenhagen 2019で2番目の部分のプレビューを共有しました。

HereticプロジェクトはUnity 2019.3で実行され、HDRPのあらゆる可能性のある側面や視覚効果グラフなど、すぐに使えるグラフィック機能を幅広く使用しています。

編集者とチームのワークフロー

・ Editor UI

使いやすさ、読みやすさ、パフォーマンスを改善し、高DPIディスプレイ解像度をサポートするために、新しいアイコン、新しいフォント、視覚的なフィードバックなどにより、エディターUIを改良しました。

Quick Search

新しいクイック検索機能を使用すると、アセット、ゲームオブジェクト、設定、さらにはメニュー項目など、あらゆるものをエディターで簡単に見つけることができます。

UIElements と  UI Builder

UIElementsには、USSスタイルシートに便利な機能を追加するいくつかの新しい機能が含まれています。新しいUIビルダーは、UIElementsの基盤となるフレームワークにユーザーがアクセスできる視覚的なオーサリング環境です。

・ Package Manager

URLを介してGitリポジトリからパッケージをインストールするオプションを提供するなど、パッケージマネージャーを改善しました。さらに、パッケージマネージャーを使用してAsset Storeコレクションを直接管理できるようになりました。

・ Accelerator

新しいUnity Acceleratorは、ローカルネットワークプロキシとキャッシュサービスを提供し、CollaborateソースコードのダウンロードとAsset Pipeline Importingの反復時間を短縮します。

・ Addressable Asset System

新しいAddressable Asset System(つまり、Addressables)を使用すると、どこからでも呼び出すことができるアドレスでアセットを読み込むことで、複雑なライブコンテンツを効率的に管理できます。

・ AssetDatabase Pipeline

AssetDatabase Pipelineをバージョン2に更新しました。これにより、資産の依存関係の追跡と、信頼性、パフォーマンス、拡張性に優れたパイプラインの基盤となるその他の多くの改善が提供されます。また、以前にインポートしたアセットのバージョン間のプラットフォームの切り替えとスワッピングを大幅に改善します。

バグ修正、改善、およびAPIアップデート

2019.3には多数のマイナーな改善とバグ修正も含まれています。  2019.3 release notesで完全なリストを見ることができます。また、Issue Tracker を使用して、個々のバグに関する特定の情報を見つけることもできます。

2019.3ベータ懸賞の勝者

以前Unity 2019.3ベータを紹介しましたが、そのとき行われた懸賞企画の当選者が発表されています。

Unity 2019.3 beta が利用可能に!GeForce RTX™ 2080 GPUゲットのチャンスも!
2019サイクルの最後のベータリリースであるUnity 2019.3bが利用可能に。 新しい機能、改善、完全に更新されたインターフェイスが満載されています。 ダウンロードして、これらのハイライトを早期に確認し、新しい入力システム、Universal Render Pipeline(以前のLWRP)での後処理、physicsの更新、エディター内の反復時間の短縮、レイトレーシングのデビューを体験してください。

2020.1ベータでも懸賞が行われるようですので、また開催時に当サイトで取り上げたいと思います。

Unity 2020.1に興味がある場合、今すぐ alpha version にアクセスすることができます。プレビューパッケージについて詳しく知りたい場合は、 こちらの概要をご覧ください。

2020年の予定

より多くの機能がパッケージとして配布され、継続的に更新されているため、TECHストリームのリリース数は年間3から2に減少しています。 2019年の長期サポート(LTS)リリースは、2020年春に利用可能になります。

Unity 2017 LTSは2020年3月にサポートが終了します。

2020.1 TECHストリームのリリースは2020年春に予定されており、2020.2のリリースは2020年秋に予定されています。バグ修正とリグレッションを伴う更新のリズムは変更されていません。

Unity 2019.3 is now available(unity公式ブログ)

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました