スポンサー

[5/14更新]破壊と大規模な剛体シミュレーションプラグイン「Pulldownit 4.8」がリリース

プラグイン
5/14更新:3ds Max版のPulldownit 4.8がリリースされました。更新部分へ

Thinkineticは、Maya用破壊と大規模な剛体シミュレーションプラグインの最新アップデートバージョンPulldownit 4.8をリリースしました。

このリリースでは、12月上旬にリリースされたMaya 2020に合わせて開発され、すべての粉砕関連ツールのパフォーマンスが向上しています。

Pulldownit 4.8 for Maya

次のパフォーマンスが向上しています。

  • Shatter it 2x faster
  • Shatter “Undo last” 4x faster
  • Shatter preview mode 3x faster with hi-poly meshes
  • Apply Jagginess 5x faster
  • Modify Jagginess 3x faster
  • Soften jaggy edges 10x faster

モデルの粉砕または再粉砕は2倍速くなり、最後の破片の取り消しはほぼ瞬時に行われ、粉砕されたモデルに詳細なジャギーレベル4を適用するのは数秒で完了し、ジャギーフェイスの外観の調整は完全にインタラクティブなタスクです。

Pulldownit Webサイトバージョンログの修正の全リストを読む

価格

single license は395ユーロfloating licenseは495ユーロとなっています。

価格の確認はこちらから

Pulldownit 4.8商品ページへ

Pulldownit for Maya 2020(thinkinetic blog)

Pulldownit 4.8 for 3ds Max

Thinkineticは、3ds Max用破壊と大規模な剛体シミュレーションプラグインの最新アップデートPulldownit 4.8 for 3ds Maxをリリースしました。

このアップデートは、ダイナミクスでアニメーション オブジェクトを扱う場合や、すでに計算されたシーンに小さな変更を加える場合における 3ds Max のユーザー エクスペリエンスを向上させることに重点が置かれています。

【粉砕(Shatter) 新機能】

  • シャッタリングツールが2倍、複合メッシュでは最大8倍高速化され、異なるパーツを組み合わせて作られたモデルがより高速にシャッタリングされます。また、ハイポリメッシュのシャッタプレビューが最大3倍速くなりました。
  • ベイクドフラクチャーボディの単一フラグメントを任意の範囲で再飛散させる新機能が追加されました。
  • パスベースのシャッタが再調整され、3ds Max のフリーハンド スプラインを使用している場合に、曲線に沿ったシャッタ ポイントの生成が特にスムーズになりました。
  • ジャギー テッセレーションの品質が向上しました。ジャギー ポリゴンのテッセレーションがより規則的になり、境界線に現れるいくつかのアーティファクトが除去されました。

【ダイナミクスの新機能】

  • フラクチャボディのトランジションアニメーションダイナミクス手法が改良され、ブレイクするアニメーションオブジェクトがより正確に計算されるようになったため、スムーズなトランジションが得られ、オブジェクトがいつ、どのようにフラクチャーを開始するかを細かく制御できます。
  • 新しいフラグメントごとの2次クラックポリシーでは、オブジェクト全体ではなくフラグメントごとに2次クラックが適用されるようになり、オブジェクトの大部分がデタッチされてアニメーション化されたパーツと区別され、それに応じてエフェクトが調整されます。
  • 「すべてのシャッターを元に戻す」を確認する前に、選択したシャッターグループがハイライト表示されるようになりました。この新しい動作により、元に戻す前にどのフラグメントが選択されているかが即座にフィードバックされます。

バージョンログでアップデートの完全なリストを読む

価格

3ds Maxプラグインのライセンス価格に変更されました。

Pulldownit Pro for 3ds Max ノードロックライセンスが240ユーロ(以前は395ユーロ)、フローティングライセンスが280ユーロ(以前は495ユーロ)となっています。

価格の確認はこちらから

Pulldownit 4.8 for 3ds Max released!

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました