スポンサー

Sketchfabが2019年に人気のカテゴリやよく検索されているワードなど統計データを公開

ニュース

Sketchfabが2019年統計データを公開しました。

Sketchfabを利用する際の参考になるかと思いますので、確認していきたいと思います。

Sketchfab統計データ

上位カテゴリの売上高(Top Category by

Revenue Volume) 

上位カテゴリのアップロード量(Top Category by Upload Volume)

チャンスなカテゴリ(Top Opportunity Categories)

  • Car&Vehicles
  • People
  • Architecture

理由まではわかりませんが、Furniture & Homeカテゴリのモデルはアップロード量のわりに売れてないみたいですね。売上高の多いカテゴリがチャンスとされています。

人気検索ワードトップ10(Top 10 Serch Terms)

Anatomyが一番人気な検索ワードとなっています。ほかにもHumanも3位となっておりリアル系の人体モデルを探している人が多いみたいです。また。VRChatやCartoon characterも上位にあるのでキャラクター系のモデルを検索している人も多いことがわかります。

販売者の3Dモデルの平均数(Average Number of 3D Models Per Seller) 9

カテゴリー別平均アイテム価格(Average Item Price by Category)

Car & Vehiclesの平均単価が50ドルで1番高いという結果となっています。相場を知っておくとモデルを売るときに役立ちます。

上位購入国(Top Buying Countries)

英語圏でよく売れているという結果がでています。日本は9位で結構低いです。

ベストセラーの3Dモデルの平均タグ数と説明文の数(Average number of tags and at least one sentence in the description for the Best Selling 3D Models) 6+

英語が得意ではないのでニュアンスがあっているかわかりませんが、ベストセラー3dモデルは平均的にタグや説明が多いということでしょうか。販売しているモデルを見つけてもらうことも重要ですね。

上位ファイルタイプ(Top Performing Filetypes)

  1. FBX
  2. BLEND
  3. OBJ
  4. C4D
  5. 3DS

どのソフトでも読み込めるFBXやOBJが1位と3位に、2位にBlenderファイルが食い込んでいます。無料なのでユーザーが多いからでしょうか?Blenderの勢いを感じます。

2020年のSketchfab Store 3Dモデルのトレンド

sketchfabによる2020年のトレンドが予想されています。

●3Dスキャン

3Dスキャン技術はこれまで以上に発展しており、手頃な価格でリアルな3Dモデルを簡単に作成することができます。sketchfabのストア検索に3Dスキャンカテゴリが追加され、購入者がこれらの種類のモデルをより簡単に見つけられるようになっています。

●パック

以下のような複数のモデルのパックが良く売れているみたいです。

●AR対応コンテンツ

ARクリエイターはアプリで使用するために最適化された3Dを探しています。すべてのカテゴリの低ポリ3Dモデルがトレンドとなると予想されています。

以上です。Skechfabで販売を考えている人は参考にしてみてはどうでしょうか。

The Sketchfab Store turns 2(Sketchfab公式ブログ)

 

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました