スポンサー

ヘアー作成ワークフローを簡素化するMaya用プラグイン「Coiffure」

プラグイン

Florian Croquet 氏によって作成されたヘアー作成ワークフローを簡素化するMaya用プラグイン「Coiffure」の紹介です。

Coiffure for Mayaは、ゲーム開発で通常見られるXgenワークフローを簡素化および合理化することにより、リアルタイムのヘアワークに役立ちます。

ストランドライブラリを使用して、数回クリックするだけでテクスチャをすばやく作成することができます。またリボンとUVテンプレートシステムを使用して、数分でヘアカードを作成できます。

特徴

  • ライブラリを拡張し、XGenとCoiffureで独自のストランドを作成します。
  • 時間とともに成長するCoiffureのストランドライブラリにアクセスします。
  • テクスチャプロジェクトでライブラリの任意のストランドを簡単にインポートします。
  • ワンクリックでストランドを交換して、新しいオプションをテストします。
  • ワンクリックでストランドをリロードして、更新を追加するか、変更をキャンセルします。
  • Arnoldシェーダーのヘアカラープリセット。
  • 各ストランドのシェーダー割り当てを簡単に管理します。
  • Arnoldマネージャータブを使用して、10個のAOVの間でベイクします:アルベド、アルファ、ノーマル、高さ、オクルージョン、フロー、グラデーション、ランダムヘア、Ucoords、Vcoords、DescId
  • Arnoldマネージャーを使用すると、レンダリング設定をすばやくセットアップし、すべてまたは選択したAOVをベイク処理できます。
  • Xgenグルーミングからポリストリップまたはポリチューブへの自動変換。
  • あらゆる種類の髪の質感に合わせてUVテンプレートを生成します。
  • UvBoxを使用してUVテンプレートを自動生成
  • 髪形にはカスタムリボンシステムが含まれます
  • 髪形のリボンは、頭皮の通常のメッシュに合わせて自動的に方向付けられます
  • Coiffureのリボンを複製し、インタラクティブなままにすることができます
  • Coiffureのリボンの細分化はUVを破壊しません
  • Coiffureのリボンブラシを使用すると、頭皮に新しいリボンをすばやく配置できます。
  • UVテンプレートを使用してヘアカードのUVをすばやく編集する
  • ヘアカードの実行可能性ベースとそのUV割り当てを管理します。
  • 参照オブジェクトからヘアカードへの法線の転送
  • 結果を簡単にテストするためのクイックエクスポートタブ
  • UI 4Kモニターまでの1920HDモニター用に調整
  • シーンを保存して再ロードできます。Coiffureはインタラクティブなままです
  • 各ステップは反復的で、前のステップからの変更は数回クリックするだけで更新できます
  • 共同レビューシステム
  • 完全に文書化されたツールチップ
  • Youtubeチュートリアルチャンネル
  • ArtstationアカウントのWiki
  • 洗練されたUIとクールな外観のエフェクト(

3パートからなる長時間チュートリアル動画も投稿されています。

価格とシステム要件

価格は永久個人ライセンスで75ユーロ、スタジオライセンスで150ユーロです。
ツールやソフトウェアが必要なのは短期間である場合は、月に5ユーロ/ 10ユーロのサブスクリプションライセンスを取得して、必要に応じて使用することもできます。

Coiffureを開始するには、インターネット接続が必要。 Maya 2018以降で機能しています。

1月20日月曜日(12 pm Central European Standard Time)まで発売記念セールで33%オフで購入することができます。

コードは “launch48”


詳しい情報は以下から確認できます。

Gumroad商品ページへ
Florian Croquet氏のBlogへ

 

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました