スポンサー

フィジカルベーステクスチャペイント用のスタンドアロンソフトウェア「ArmorPaint v0.7」がリリース!

CGソフト

低価格で購入できる物理ベースのテクスチャペイント用に設計されたスタンドアロンソフトウェアArmorPaintの最新アップデート「ArmorPaint 0.7」が正式にリリースされました。

ArmorPaintとは

ArmorPaintは、フィジカルベースのテクスチャペイント用に設計されたスタンドアロンソフトウェアです。 3Dモデルをドラッグアンドドロップしてすぐにペイントを開始できます。ペイントしながら、ビューポートで視覚的なフィードバックを即座に受け取ることができます。

以下、ArmorPaintの機能紹介です。

ノードベース

ノードの便利さで高速に動作します。完全にプロシージャルマテリアルでペイントします。マテリアルノードで塗りつぶしレイヤーを構築します。ブラシノードを使用して、パターンとプロシージャルブラシを作成します。

GPUアクセラレーション

ArmorPaintはゼロから設計されており、GPUで完全に実行されます。これにより、中電力の統合ハードウェアでスムーズな4Kペイントエクスペリエンスが実現します。ハイエンドグラフィックスカードを使用すると、最大16Kのテクスチャペイントがシームレスに行われます。

レイトレーシング

開発中-Direct3D12およびVulkan上で実行されるレイトレースベイキング、ペイントエフェクト、およびビューポートレンダリング機能が進行中です。 ArmorPaintは、最高のペイント体験を実現するために、社内の3Dレンダリングエンジンを搭載しています。

ライブリンク

開発中-ライブリンクプラグインを使用して、ArmorPaintを既存の3Dソフトウェアに統合します。 Unreal EngineおよびUnityプラグインのプレビューがテスト用に利用可能になりました。

ベーキング

GPUでハイポリモデルのテクスチャマップを即座にベイクします。ハードウェアアクセラレーションレイトレーシングベイク処理を備えた最初のArmorPaintDXRビルドがダウンロード可能になりました。


 

ArmorPaint 0.7の新機能

ArmorPaint 0.7では以下の機能が追加されました。

  • Added support for .psd, .bmp, .gif formats
  • Added single material export
  • Added blend modes for layers
  • Added blend modes for brush
  • Added plugin manager
  • Added ‘auto-save’ plugin
  • Added ‘hello-node’ plugin – custom material node
  • Added ‘console’ plugin – run commands
  • Added ‘profiler’ plugin – performance graph
  • Added ‘converter’ plugin – convert .arm files into .json
  • Added ‘import_tiff’ plugin – support for .tiff format
  • Added ‘import_stl’ plugin – support for .stl format
  • Added ‘import_gltf’ plugin – support for .gltf/.glb format (alpha)
  • Added ‘uv_unwrap’ plugin – auto-generate uvs / unwrap active mesh
  • Added ‘theme-editor’ plugin
  • Added box selection to node editor
  • Added per-fill-layer uv control
  • Added option to split .obj mesh by groups or materials
  • Added ‘decal tool – scale x’ option for non-square decals
  • Added ‘menu – file – reimport mesh’
  • Added ‘menu – viewport – split view’
  • Added ‘preferences – restore’ button
  • Added ‘preferences – native file browser’ option
  • Added ‘preferences – viewport – vignette’ option
  • Added ‘preferences – usage – dilate radius’ option
  • Added texture export presets
  • Added ‘layer’ material node – drop layer onto node canvas
  • Added ‘layer mask’ material node – drop layer mask onto node canvas
  • Added ‘blur (image)’ material node
  • Added experimental dxr build
  • Added path-trace (dxr) viewport mode
  • Added ao (dxr) bake
  • Added bent normal (dxr) bake
  • Added lightmap (dxr) bake
  • Added thickness (dxr) bake
  • Added normal-map bake from high-poly
  • Added height bake from high-poly
  • Added dilation pass to baking
  • Added ‘up axis’ option for relevant bake types
  • Added support for drag and dropping multiple files at once
  • Added popup for editing RGBA node sockets

他にも改善や修正などが多く行われています、完全なリストはこちらから確認できます。


価格とシステム要件

Windows と Linux での使用が推奨されています。

価格は16ユーロまたは、19ドル。gumroad /  itch.ioArtStation で購入することができます。

また、4ユーロ/月の development fund に参加することもできます。

GitHubページへ

AromorPaint公式ウェブサイトへ

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました