スポンサー

UE4.24/Macをサポート、UnrealEngineとの統合が強化されたQuixel「BRIDGE 2019.5」がリリース!インストール方法を説明

CGソフト

Quixelは、3DスキャンデータのMegascansオンラインライブラリからゲームエンジンとDCCツールにアセットをエクスポートするためのアプリの最新バージョンであるBridge 2019.5をリリースしました。

このアップデートは、先月Epic Gamesに買収されて以来初めてのもので、ソフトウェアとUnreal Engineとの統合を刷新しています。

Epic Games が Quixel を買収!Unreal EngineでMegascansが無料で使用可能に
11月12日Epic Games は世界最大規模のフォトグラメトリー アセット ライブラリとその同梱ツールセットを制作している Quixel を買収したことを発...

Bridge 2019.5の新機能

改訂されたマスターマテリアル

この新しい統合には、完全にカスタマイズ可能なまったく新しい最適化されたマスターマテリアルが付属しており、スペキュラーワークフローのサポートが追加され、法線マップの不透明度の設定が改善されました。また、チャンネルパッキングのサポートを刷新し、ユーザーのフィードバックに基づいて改善し続けます。そして最後に、この統合は堅牢なLODサポートシステムを備えており、すべての最適化タスクに役立ちます。

ゼロから書き直され、macOSおよびLinuxで利用可能に

この統合は最初からC ++で記述されており、macOSとLinuxのネイティブエクスペリエンスと完全なサポートを提供します。スタジオの場合、これは、Unreal Engineセットアップにもう1つのpython環境をインストールする必要がなくなり、カスタムUnreal Engineビルドにこの統合を簡単にインストールできることを意味します。

新しいUE統合プラグイン

インストールプロセスは以前のものと非常に似ていますが、現在でははるかに信頼性が高くなっています。

インストール方法

まず、最新バージョンのBridgeをダウンロードし(既にインストールされている場合は通知を受け取るか、https://quixel.com/bridgeに移動してBridgeのダウンロードをクリックします)、エクスポートするアセットをクリックします。サイドパネル内で、「Export Settings」に進み、「Export To」ドロップダウンを「Unreal Engine」に設定してから、統合の最新バージョンをダウンロードします。

次に、「Engine Version」を現在使用しているアンリアルエンジンのバージョンに設定し、そのすぐ下にある「Select Folder」テキストを押します。これにより、現在のUnreal Engineインストールのプラグインフォルダーを選択する必要があるパスブラウジングダイアログが開きます。

通常、Unreal EngineのバージョンはC:/ program files / Epic Games / UE_4.XXにインストールされます

そこに行って、「Engine」、「Plugins」の順に進むだけです。たとえば、統合プラグインをUE4.24にインストールする場合、これはパスのようになります。

C:/ program files / Epic Games / UE_4.24 / Engine / Plugins

プラグインは自動的にインストールされ、Unreal Engineに戻ると、ツールバーのMegascansアイコンに気付くはずです。それをクリックすると、新しい統合ウィンドウが表示されます。

ブリッジに戻って「Export」を押すと、アセットがコンテンツブラウザに表示され、そこからビューポートにドラッグアンドドロップして、次のように表示します。

新しい統合UIを理解する

Unreal Engineの新しい統合UIは、エクスポートプロセスをカスタマイズするための幅広いオプションを提供します。ほとんどの場合、デフォルト値で良いので、目的を本当に理解していない限りここで何も調整する必要はありません。

[Megascans Settings]セクションを使用して、アセットのインポート方法をカスタマイズできます。たとえば、Megascansから3D植物をインポートするたびにUnreal foliageタブを自動的に入力できます。そのために必要なのは、「Auto-Populate Foliage Painter」チェックボックスをオンにすることだけです。

このセクションに新しく追加されたものの1つとして、「Prompt Before Batch Import」オプションがあります。これにより、10個を超えるアセットをインポートしようとするたびに警告が表示されます。構成によっては少し時間がかかるプロセスです。

[Master Material Overrides]セクションは、この統合が作成するデフォルトのマスターマテリアルをオーバーライドするのに役立ちます。特定のニーズを持つ独自のマスターマテリアルがあり、デフォルトのマスターマテリアルの代わりにそれを使用したいとき、コンテンツブラウザでカスタムマテリアルを選択するだけで、アセットタイプに応じて(このセクションのリストにはMegascansライブラリの各アセットタイプのマテリアルが表示されます)、戻る矢印アイコンを押すことでコンテンツブラウザで現在選択されているマテリアルを将来のインポートのデフォルトマテリアルとして設定することができます。

そして最後に、「Material Blend Settings」は、ブレンド機能を使用してカスタムマテリアルインスタンスを作成するのに役立ちます。

Quixelのソフトウェア、Unreal Engineを使用するかどうかに関係なく、無料でダウンロードできます。 Megascansアセットは、UE4プロジェクトでのみ無料で使用できます。

Bridgeをダウンロードする

フォーラムのリリースノートを確認

BRIDGE 2019.5: ALL-NEW UE PLUGIN WITH 4.24 & MAC SUPPORT(Quixel公式)

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました