スポンサー

[3/30追記あり]リアルな火や煙が作成できるシミュレーションプラグイン FumeFX が Cinema 4D をサポート!

プラグイン
*追記(3/30):Sitni Satiは、Cinema4D用のFumeFX™5.0.2アップデートをリリースしました。 このアップデートには、Cinema 4Dの主要なプラグインである、Redshift3.0.17以降のサポート、X-Particlesのサポートの追加やバグ修正がされています。
リストはこちら

Sitni Satiは、流体力学ソフトウェアFumeFX™5.0のCinema4D用プラグインをリリースしました。

Cinema4D版FumeFXの開発が発表され、今年6月ごろFumeFX 5.0 for Cinema 4D public beta がアナウンスされていましたが、このたび正式にリリースされました。

FumeFXとは

13年の歴史があり、 Justice League、Deadpool、Independence Day 2、Dr.Strange、Thor、Roland Emmerich’s 2012、Ghost Rider:Spirit of Vengeanceなどのゲーム映画や大ヒット映画など、幅広いビジュアルエフェクトの作成に使用されてきた実績のある流体力学シミュレーションソフトウェアです。リアルな火や煙、爆発を作成することができます。

FumeFX 5.0 ハイライト

・ビューポート
FumeFX GPU加速ディスプレイは、Cinema 4Dビューポート内に統合されており、ボリュームシャドウ、適切なジオメトリオクルージョン、インスタントシェーダーフィードバックが含まれています。

・シミュレーション
FumeFXのQCGソルバーは、最も要求の厳しい生産要件に対しても信頼できるソリューションです。arsenal に Conservative advection type を使用すると、FumeFXは、900フレームのアニメーションの後でも数値の散逸を最小限に抑える流体の流れを簡単に作成できます。

・ファイルI / O
FumeFXは、ロスレスで損失の多い.fxd圧縮を備えており、チャネルごとの圧縮タイプと品質設定が可能です。最先端のマルチスレッド.fxd I / Oにより、超高速キャッシュの保存と読み込みが可能になります。キャッシュは、アーティストが簡単にビューポートを操作およびレンダリング設定できるようにする、ユーザー定義の低解像度でロードできます。 VDBおよびF3Dキャッシュのサポートは、FumeFXプラグインに統合されています。

・ウェーブレット
既存のFumeFXシミュレーションに詳細を追加することは、かつてないほど容易になりました。これは、グリッドの解像度を向上させるための、高速でメモリ効率の良い予測可能な方法です。ウェーブレット乱流パスでは、シミュレーション速度を変更することもできます。

・ポストプロセッシング
FumeFXの後処理を使用すると、ワークフローで不要になったチャネルを除外することで、キャッシュのリタイム、レンダーワープのベイク、さまざまなキャッシュファイル形式間の変換、キャッシュフェッチの改善、ディスクスペースの節約ができます。また、アーティストはキャッシュをリタイミングし、フロー特性を維持しながらシミュレーション速度を効果的に変更できます。

・レンダーワープ
FumeFXは、さまざまなCinema 4Dデフォーマをサポートしています。これらは、レンダリング時または後処理中に使用して、シミュレーションの完了後にFumeFXボクセルを曲げたり、ねじったり、その他の変形を実行したりできます。特殊効果を作成するか、最終アニメーションを微調整する必要があるかどうかに関係なく、レンダーワープではさらに多くの可能性があります。

・エフェクター
ボクセルごとに、ほぼすべてのシミュレーションパラメーターとフィールドを創造的に制御します。エフェクタを使用すると、速度によって渦度を制御したり、他のチャネル値に基づいて煙を生成したりするのが簡単です。エフェクタは、チャネルデータを次のレベルに引き上げます。

・XpressoとPython
FumeFXはCinema 4Dに統合されており、Xpressoエディター内のユーザーダイアログパラメーターのほとんどすべてにアクセスできます。最大限の柔軟性を得るために、ユーザーはPython言語を使用してさまざまなFumeFXシミュレーションボクセルデータにアクセスできます。

・レンダリング
Standard、Physical、Arnold®レンダラーの標準サポート。拡張されたArnoldレンダラーのサポートは、優れた柔軟性と高度な機能を必要とするVFXアーティストにとって大きな価値があります。 Arnoldサポートは、Arnold Standard VolumeシェーダーおよびFumeFX Standardシェーダーで利用可能です。 FumeFXデータを.vdbファイル形式にエクスポートし、Redshift®のVolume GridまたはOctaneRender®のVDBローダーを使用することで、他のレンダラーを使用できます。


以下の動画で、ワークフローを確認できます。

FumeFX 5.0.2 アップデート

価格

FumeFX 5.0 [C4D] Workstation and 2 FumeFX Simulation bundle845  USD
FumeFX 5.0 [C4D] Workstation695  USD
FumeFX 5.0 [C4D] Simulation195  USD
FumeFX 5.0 [C4D] Workstation rental – 365 days395  USD
FumeFX 5.0 [C4D] Workstation rental – 90 days195  USD

購入ページへ


日本の代理店:Born Digital Inc.IndyzoneOak Corporation

FumeFX™ 5.0 for Cinema 4Dの詳しい情報を見る

FumeFX™ 5.0 for Cinema 4D® release(Sitni Satiブログ)

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました