スポンサー

SpeedTree CinemaからBlenderに簡単にエクスポートできるBlenderアドオンが登場!

プラグイン

SpeedTree Cinemaは、SpeedTreeのマテリアルとジオメトリをインポートするためのカスタムスクリプトを使用して、さまざまなDCCアプリケーションとレンダラーをサポートしていますが、12月13日(現地時間)Blenderのアドオンが標準になり、アーティストがSpeedTree CinemaからBlenderに簡単にエクスポートできるようになりました。

このアドオンは、面倒なノードラングリングをスキップし、テクスチャを所定の場所にインポートして、作業の準備をします。静的メッシュ(例:.abc、.fbx、.obj)と一緒にエクスポートする.stmat(SpeedTreeマテリアル)ファイルを使用して、SpeedTreeモデルのPBRテクスチャを正しくインポートします。

アドオンのインストール、SpeedTreeのエクスポート、Blenderへのインポート、Blenderのパーティクルシステムモディファイヤを使用した平面上のツリーの分散方法については、以下のビデオで確認できます。

アドオンのインストール

エクスポート

Alembicファイルに関する重要な注意事項:WindowsのAlembic形式HDF5にはいくつかの制限があるため、代わりにOgawa形式を使用する必要があります。さらに、アニメーション化された大きなAlembicファイルをインポートしようとするとBlenderがクラッシュする可能性があるため、2 GB未満推奨です。

ブレンダーへのインポート

アドオンは、適切なマテリアルを作成してモデルに割り当てます。そこから、シーンを自由に作成および構成できます!マテリアルはEeveeとCyclesの両方でレンダリングされることに注意してください。

パーティクルシステムモディファイヤを使用したスキャタリング

Blenderでオブジェクトを散布するために利用できるいくつかのアドオンとツールがありますが、組み込みのパーティクルシステムを利用すると、植生をすばやく散布するのに最適な方法です。

(平面上に散在するヘアエミッター)

(草が散らばり、ランダムに回転し、スケーリングされます)

(木のコレクションと単一の草のモデルを散乱させる2つの粒子エミッター)

詳しい情報はこちら

 

 

 

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました