スポンサー

After Effects 用2D物理シミュレーションプラグイン「Physics Now!v2」がリリース

プラグイン

Crunchy Creatives(モーションデザイナーJakob Wagner)は、After Efects用の物理シミュレーションプラグインの最新バージョン Physics Now!v2をリリースしました。

Physics Now!は今年の4月にリリースされました。このプラグインは、シェイプやテキストレイヤーを剛体物理オブジェクトに変換し、重力または衝突力の影響下で自動的に飛び回ることを可能にします。バウンス、摩擦、減衰、密度など、各レイヤーの一連の基本的な物理プロパティを設定したり、タイムラインからアニメーション化したりできます。

新機能と改善点

ジョイント – おそらく最もリクエストの多い機能。 4つのジョイントタイプのいずれかでレイヤーを接続できるようになりました。または、それらを組み合わせて複雑なセットアップを行います。

デバッグレイヤー – シミュレーションの前にレイヤーから生成された正確なケージを表示する特別なレイヤー。シミュレーションの概要を把握するのに最適な方法となります。また、新しいジョイントで作業するときに非常に便利です。

ランダム化 – 一部の物理プロパティをランダム化できるようになりました。バウンス、摩擦、初期力などのプロパティをランダム化して、よりリアルなシミュレーションを簡単に作成できるようになりました。

テキスト区切りオプション – テキストを単語や行、文字に分割するオプションが追加されました。テキストチェーンを簡単にするために、すべてのキャラクターをジョイントで自動的に接続することもできます。

SHIFTを押して設定 – Physics Nowを使用したことがある場合! v1では、After Effectsの性質により、複数のレイヤーに物理設定を設定する必要があります。 バージョン2では、新しい機能がそれを可能にします。これにより、ワークフローが高速化されます。

パフォーマンス – シミュレートするとき、または実際にコンピューターで何かをするとき、結果を待ちたくありません。バージョン1も遅くありませんでしたし、実際にはかなり高速な場面もありました。ただし、バージョン2ははるかに高速です。

可能な限り高速にするために、すべてのコードを見直し、そのおかげで新しいバージョンのパフォーマンスは大幅に向上しています。幸運なことに、最適化が完了したとき、AdobeがAE2020がリリースしたことで、パフォーマンスも大幅に改善されました。

より良いケージ – もう1つの重要な改善点は、ベジェパスアナライザーです。下のビデオでは、シミュレーション前にすべての形状がどのようにポリゴンに変換されるかを説明しています。バージョン1では、AEのパス式を利用した小さなハックでこれを行いました。バージョン2では、これは代わりに高度なベジェ演算で行われます。これだけでは速くなりません。また、形状をよりよく表現する、より優れた衝突ケージを提供します。

価格とシステム要件

Physics Now!v2 はAfter Effects CC 2018+で使用できます。このアップデートは、バージョン1.0のユーザーには無料で提供されます。

新しいライセンスの価格は129ドルです。

購入や体験版のダウンロードはこちら

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました