スポンサー

Wacom どこでも自由に創作可能なコンパクトモデルの「 MobileStudio Pro 13」を12/12発売!前モデルと比較!

PC関連

株式会社ワコムは、新しくなったWindows 10搭載クリエイティブタブレット「Wacom® MobileStudio Pro 13」を2019年12月12日(木)に発売しすることを発表しました。15.6型の「Wacom MobileStudio Pro 16」(2019年10月発売)に続き発売する13.3型モデルは価格を抑えた持ち運びやすいコンパクトサイズで、どこでも自由に創作したい学生や若手クリエイター、また液晶ペンタブレットとパソコンの一体型ソリューションを求めている方に最適としています。

新しくなった MobileStudio Pro 13

特徴

ワコムによると

自然な描き味を実現
「Wacom Pro Pen 2」テクノロジーを搭載した「Wacom MobileStudio Pro 13」は8192レベルの筆圧感知やペンの傾き検知をサポートすると同時に、繊細なタッチ、精度、レスポンスを実現します。ワコム独自のEMR®(Electro Magnetic Resonance:電磁誘導方式)テクノロジーにより、バッテリーや充電は一切不要です。WQHD(2560 x 1440ピクセル)解像度とAdobe RGBカバー率最大82%(CIE 1931、標準値)の色精度を誇り、カラーキャリブレーションで高精度なカラーマネージメントも可能です。液晶パネルに、ペン先とカーソルとの視差を最小限に抑えるダイレクトボンディング方式の採用し、ガラスディスプレイにアンチグレア加工を施すことで紙に描くような描き心地を実現しました。

「Wacom MobileStudio Pro 13」はThunderbolt 3接続に対応しており、40Gbpsの高速データ転送が可能で、USB-CやDisplayPortにも互換性があります。また、ストレージ(SSD)やメインメモリ(DDR)を簡単に交換してパフォーマンスを向上させることもできます。

加えて、任意のショートカットキーを割り当てることができる6個のExpressKey®、ラジアルメニュー、マルチタッチにより、効率的に作品制作を行うことができます。さらに、指紋センサーとセキュリティロックを採用し、貴重なファイルとデバイスのセキュリティを担保することができます。

新しい「Wacom MobileStudio Pro 13」には、Intel Core i5 プロセッサー、8GBのメインメモリと128 GB のSSDストレージメモリ、Intel Iris Plusグラフィックス 655を採用し、スケッチからイラストの仕上げまで快適に行うことができます。Windows 10 HOMEを搭載した「Wacom MobileStudio Pro 13」は、CLIP STUDIO PAINTやPhotoshopなどのクリエイティブソフトウェアとの使用に十分なパフォーマンスを発揮します。

「Wacom MobileStudio Proは、高い精度と正確さを併せ持つペン性能と、場所を問わずどこでも制作可能な自由度の高いペンコンピューターです。Wacom MobileStudio Proラインアップに13.3型モデルを加え、ユーザーの皆さまに異なる性能と価格帯からお選びいただけるようになりました」とクリエイティブ・ビジネス・ユニットのエグゼクティブバイスプレジデント、ファイク・カラオグルは述べます。

カスタマイズ可能なオプション品
「Wacom MobileStudio Pro」は、お好みに応じて、鉛筆のように細い「Wacom Pro Pen slim」や3D制作のワークフローに便利な「Wacom Pro Pen 3D」のオプションペンも利用可能です。さらに、「Wacom Pro Pen 2」テクノロジー搭載前に販売した「クラシックペン」「アートペン」「エアブラシ」*なども利用することができます。また、「Wacom Link Plus」をPC(Win/Mac対応)と接続して液晶ペンタブレットとして利用したり、着脱式の専用「モバイルスタンド」を取り付けて、お好みの角度(17˚/32˚/44˚)で快適に作品制作を行うことができます。

*「Wacom Pro Pen 2」シリーズ以前の旧製品のペンをご利用される場合の最大筆圧レベルは2048となります。

前モデルとの比較

ちがいのある項目をまとめました。

型番DTHW1321LK0DDTH-W1320H/K0
(前ハイエンドモデル)
DTH-W1320M/K0
(前ミドルクラスモデル)
DTH-W1320L/K0
(前エントリーモデル)
OSWindows 10 HomeWindows 10 ProfessionalWindows 10 Home
CPUIntel Core i5-8269UIntel Core i7-6567U (3.3GHz)Intel Core i5-6267U(2.9GHz)
グラフィックIntel® Iris™ Plus Graphics 655Intel Iris Graphics 550
メインメモリ(RAM)8GB (DDR4-2400 SO-DIMM)16GB8GB
ストレージ128GB SATA3
※SATA3 M.2 2280
512GB SSD256GB SSD128GB SSD
連続駆動時間最大5.0時間

*JEITAバッテリ動作時間測定法(Ver.2.0)に準じています。

*電池持続時間は製品の使用方法によって異なります。
最大6時間
※電池持続時間は製品の使用方法によって異なります。
充電時間最大3時間最大2時間
最大輝度250 cd/m2(標準値)150cd/m2150cd/m2150cd/m2
色域Adobe RGB カバー率 82% CIE1931(標準値)CIE1931 Adobe RGBカバー率 80%・CIE1931 Adobe RGB面積比 81%
読取可能高さ10mm以上(中央)5mm
外形寸法 366.6x228.8 x 17.4 mm(グリップパッドを含む)366.6×228.8×16.4 mm(グリップパッドを含む)
質量1440g1420g

メモリやストレージは最小限で好みで拡張してくださいとうことですね。あと色域や最大輝度、読み取り可能高さなどが向上しています。

CPUのとグラフィックスの比較

新モデルと旧モデルで使用されていた3つのCPUを比較しました。

世代第8世代インテル® Core™ i5 プロセッサー第6世代インテル® Core™ i7 プロセッサー第6世代インテル® Core™ i5 プロセッサー
型番i5-8269Ui7-6567Ui5-6267U
コアの数42
スレッド数84
プロセッサー・ベース動作周波数
2.60 GHz3.30 GHz2.90 GHz
ターボ・ブースト利用時の最大周波数
4.20 GHz3.60 GHz3.30 GHz
キャッシュ6 MB Intel® Smart Cache4 MB Intel® Smart Cache
バススピード4 GT/s4 GT/s
TDP28 W28 W
コンフィグラブル TDP-down20 W23 W
最大メモリ32 GB32 GB
メモリーの種類DDR4-2400, LPDDR3-2133DDR4-2133, LPDDR3 – 1866, DDR3L-1600
グラフィックスIntel® Iris® Plus Graphics 655インテル® Iris® グラフィックス 550

新MobileStudio Pro 13で採用されているのはi5プロセッサーですが、MobileStudio Pro 13の前ハイエンドモデルに搭載されていた2世代前のi7と比べると、コアが2コアから4コアになっているなど、その他の項目でも同じか上回っています。ベースクロックが少し下がっているのが気になりますが、一般的にはコアが増えると熱の問題などからベースクロックが下げられる傾向にあるので、やむなしといったところでしょうか。


(参考:BTOパソコン ミニ館

グラフィックス性能は約1.5倍ほどに向上しています。

価格と発売日

「Wacom MobileStudio Pro 13」はワコムストアおよび一部家電量販店にて本日12月5日(木)から予約販売を開始し、12月12日(木)より販売開始します。ワコムストアの販売価格は228,800円(税込)です。

2019年12月5 日(木)から12月31 日(火)の期間にワコムストアで「Wacom MobileStudio Pro 13」をご購入いただくと購入特典として、モバイルスタンド、ペーパーライク反射防止フィルム、ソフトケース、ワコム監修の2本指タブレットグローブをプレゼントています。


Wacom MobileStudio Pro 13の詳細の確認や購入はコチラから

どこでも自由に創作可能なコンパクトモデルの「Wacom® MobileStudio Pro 13」を12/12発売(ワコム公式)

 

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました