スポンサー

RenderMan 23.0 がリリース!インタラクティブレンダリングの改善など

プラグイン

Pixarは、プロダクションレンダラーの最新バージョンであるRenderMan 23.0をリリースしました。
このリリースでは、インタラクティブレンダリングワークフローを改善し、ソフトウェアの適応サンプリングシステムのアップデートなどが行われました。

新機能

インタラクティブレンダリングの改善

作業中に継続的にレンダリングする機能によって、これまでになくRenderManを使用できます。インタラクティブセッションでRIBにレンダリングする中間ステップは使用しなくなりました。芸術的な選択を洗練しながら、すぐに変更を確認し、より早く決定を下します。 RenderManには、アーティストがシーンのモデル化、レイアウトの完成、外観の開発などを実行する間に更新する機能があります。ユーザーがレンダリングを再開するか、フィードバックを待つ必要がある制限の多くを削除しました。

インタラクティブな編集がディスプレイ上で可能に

  • AOVおよびLPEの動的編集。ライブレンダーを再起動せずに、追加、削除、または編集できます。これは、ライターやTDがショットを微調整するのに最適です。
  • レンダリングを再起動せずに解像度を動的に変更します-MayaやHoudiniなどのツールでビューポートレンダリングを使用する場合に特に便利です。
  • 画面への最初の反復がどのように更新されるかを制御する新しい機能を介したアーティストのフィードバックの迅速化。

重いシーンでのインタラクティブ性

重いシーンをすばやく編集し、この設定がゼロ以外の場合、レンダラーは、「決定」と呼ばれる新しいオプションを使用してディゾルブのような効果で画面全体を徐々に更新することにより、ティアリングを減らしますが、インタラクティブな絞り込みとして公開されますアーティストワークフローを変更せずに技術の更新を可能にする製品をブリッジします。

拡張された適応サンプリングと新しいデフォルト

RenderManが適応サンプリングを実行する方法に重要な改善が行われました。

  • デフォルトのアプローチは、アダプティブサンプラーの動作方法に変更されました。以前は、サンプリングを停止するタイミングを決定するために、ピクセルのコントラストの変化の概念を使用していました。これには、メモリ効率が高いという利点がありました。ただし、表面の大きな変化のある領域で間違った動作をすることがあるという欠点がありました。新しいアプローチでは、統計的分散を使用して、ピクセルのサンプリングをいつ停止するかを決定します。新しいアプローチは、RenderManの以前のバージョンと比較して、画像全体(およびさまざまな画像全体)でより一貫したレベルのノイズを提供します。これは、ノイズの多い地域が含まれているため、ファームに戻すレンダリングを少なくする必要があることを意味します。
  • ピクセル分散テストは知覚空間で行われます。これにより、サンプラーの信頼性が向上し、人間の目で見たものにより近い動作が得られます。これにより、露出が異なる画像の領域全体でより均一なノイズが発生します。
  • 知覚空間でのテストにより、新しいRenderMan 23の適応サンプリングメトリックを制御するパラメーターとしてdarkfalloffを削除することができました(ただし、互換性メトリック「contrast-v22」のために残っています)。
  • PixelVarianceオプションのデフォルト値は変更されています。古いRenderManコントラストベースのメトリックでは、0.005がデフォルトでした。 0.015は、新しい分散メトリックのデフォルトです。
  • 「露出ブラケット」の新しいコントロール。合成中の柔軟性を高めるために、RenderManに画像の暗い領域と明るい領域でより多くサンプリングするように指示して、画像にノイズを追加せずに画像の露出を変更できます。ユニットは停止中です。
  • 古いシーンをロードする場合は、PixelVarianceとadaptivemetricの値を再確認してください。 「分散」の場合は0.015、「コントラストv22」の場合は0.005。レンダリング時間と品質の適切なバランスを見つけるには、これら以外の値を試す必要があります。これについては、サンプリングで詳しく調べることができます。
  • 「contrast-v22」適応サンプリングメトリックを選択して、RenderManを以前の動作に戻すことができます。このメトリックは非推奨であり、将来のリリースから削除されます。

USDサポート

RenderManのホームページ上ではアプリケーション間でアセットを交換するより高速で優れた方法であるUSDをサポートすることでスタジオパイプラインを強化するとしています。この新しいテクノロジーは生産パイプラインで重要な役割を果たし、RenderManのUSDサポートは、業界全体の将来のスタジオロードマップの重要な部分としています。

これらの機能強化はすべて、古いバージョンで調整した場合、適応サンプリングのデフォルトを再考する必要があることを意味します。 RenderMan 23.0ベータ版とリリースの間で微調整が行われる可能性があるため、その時点でデフォルトを再度確認することをお勧めします。


その他の更新や詳しい情報はこちらから

リリースノートを見る

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました