スポンサー

[5/14更新]20以上の新機能と改善が行われた V-RAY NEXT for Revit がリリース!

プラグイン
5/14更新:Chaosgroupは、V-RAY NEXT FOR REVIT, UPDATE 1がリリースしました。更新部分へ

ChaosgroupはV-RAY NEXT FOR REVITのリリースを発表しました。

Chaosgroupによると

V-Ray for Revitは、シーンインテリジェンス、アセット管理、シンプルなワークフローを設計プロセスにもたらしました。建築はは、お気に入りのツールでより創造的になり、多数の新機能と改良を使用して、これまでにないスピードで写真のようにリアルな画像を作成できます。

V-Ray NEXT for Revit


【新機能】

  • 新しいアセットエディタ — 新しいAsset Editorを使用して、V-Rayマテリアルをすべて1か所で作成、編集、保存、管理します。
  • 外観マネージャー — 基本的なRevitアセットを設定して、レンダリング時により現実的なV-Rayアセットに自動的に切り替えます。
  • プロキシオブジェクトをランダム化 — V-RayプロキシおよびV-Rayシーンインスタンスのスケールと回転をランダム化することにより、シーンの側近に多様性を追加します。
  • V-Rayシーンリンク — ジオメトリ、ライト、マテリアルを備えたお気に入りのV-Rayアプリケーションから、レンダリングに対応したV-Rayシーンファイル(.vrscene)をリンクします。
  • 照明分析  — 新しい照明分析レンダー要素を使用して、実際の照明値(lux)を簡単に視覚化できます。
  • Revitデカール — 絵画、標識、スクリーンなどに画像を追加します。
  • 自動露出とホワイトバランス — V-Ray物理カメラは、正しいカメラ露出とホワイトバランスを自動的に設定できるようになりました。
  • より高速なレンダリング — RevitのV-Ray Nextは、前のバージョンの平均2倍の速度でレンダリングするように最適化されています。また、新しいアダプティブドームライトにより、画像ベースの照明がこれまで以上に高速になりました。
  • 設定とワークシェアリング — V-Ray設定はRevitファイル内に保存されるようになり、チームやプロジェクト間で同じレンダリング設定を簡単に採用して共有できるようになりました。
  • 改善されたノイズ除去 —新しいNVIDIA AI Denoiserは、人工知能を使用して瞬時にノイズを除去します。

RevitのV-Ray Nextのその他の新機能についてはこちらから

[5/14更新] V-Ray NEXT for Revit, Update 1

V-Ray NEXT for Revit, Update 1がリリースされました。

このリリースでは、Revit 2021とNVIDIA RTXのサポートとレンダリング体験をよりスムーズに、より簡単に、より速くするための新機能が追加されました。

【新機能】

  • ビュー固有の設定 — 個々のライティング、ムード、構図で複数のビューをレンダリングし、維持します。
  • バッチレンダリング— V-Rayを離れて複数のプロジェクト画像をレンダリングします、
  • Revit日照シミュレーションのサポート — Revitの日照シミュレーションにリアリズムを追加しました。
  • 自動値の転送 — 自動計算された露出値とホワイトバランス値を使用して、レンダリングの調整に費やす時間を削減します。
  • Revit 2021 & NVIDIA RTX サポート — V-Rayは最新バージョンのRevitを完全にサポートし、NVIDIA RTXカードのサポートによりGPUのパフォーマンスを活用できます。

すべてのアップデート内容の確認はこちらから.

30日間の体験版の試用は こちらかから

BOOST YOUR PRODUCTIVITY WITH V-RAY NEXT FOR REVIT, UPDATE 1

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました