スポンサー

Cinema 4Dバージョンの Corona Renderer 5 がリリース!マルチシェーダや新しい空オブジェクト追加など

プラグイン

現地時間2019年11月27日、Chaos Czech はCinema 4Dバージョンの Corona Renderer 5 をリリースしたことを発表しました。

このバージョンは最適化に焦点を当て、ディスプレイスメントのメモリを節約し、コースティクスのメモリとレンダリング時間を節約します。また、Cinema 4D固有の側面から、使用する複数の空など、 LightMixでは、Select Material、Select Shader、MultiShaderが追加され、プロキシの処理が大幅に改善されました。

新機能ハイライト

  • 2.5Dディスプレイスメントにより、メモリ使用量を大幅に節約。
  • コースティクスの最適化により、メモリが節約され、レンダリングが高速化されます。
  • Coronaプロキシの処理が大幅に改善されました。これにはアニメーションを含めることができ、同じデータを使用する多数のプロキシの処理が改善されました。
  • オブジェクトまたはサブオブジェクト間の色またはテクスチャをランダム化できるようにするマルチシェーダーが追加されました。
  • UVWRandomizerは、メッシュ要素モード(サブオブジェクト全体のランダム化を可能にする)およびオブジェクトバッファーIDモードを含むように更新されました。
  • Select ShaderSelect Materialが追加され、オブジェクトに複数のシェーダーまたはマテリアルを保存できるようになりました。(オブジェクトがそれ自体で保存される自己完結型の「ミニライブラリ」と考えることができます)
  • Corona SkyオブジェクトはCorona Skyタグを置き換え、LightMixの複数の環境を許可し、環境照明として任意のシェーダーを使用できます。
  • その他、QOLの改善、バグ修正、UIの改善がたくさんあります!

 

Select Shader(セレクトシェーダ) と マテリアル

Corona Select Materialでは、複数のマテリアルをそれに接続し、ラジオボタンを使用してレンダーでアクティブにするマテリアルを選択できます。実際、これは、前の例のテーブルにマテリアルの独自の「ミニライブラリ」が含まれることを意味します。シーンのコピーが1つ、オブジェクトのコピーが1つだけ必要で、誤って削除することはありません。

マルチシェーダー

Corona Multi Shaderを使用すると、オブジェクト全体で色やシェーダーをランダム化できます。たとえば、すべて同じ素材を使用している場合でも、草の各ブレードを即座に異なる色にすることができます。

単色を使用するのではなく、各スロットに異なるシェーダーを接続すると、事態がより面白くなります。これらは完全に異なるテクスチャ(ビットマップまたは手続き型シェーダー)であるか、異なるフィルターまたはコロナ色補正シェーダーを通過した同じテクスチャーであり、明るさ、彩度などを変化させます。

最後に、重要なことですが、マルチシェーダーに接続できるテクスチャは1つだけで、組み込みの色相およびガンマランダム化を使用して、以下に示すようにオブジェクトごとに異なる結果を得ることができます。

Corona Skyオブジェクト と シェーダー

ネイティブのCinema 4D SkyオブジェクトでのCoronaスカイタグの使用に代わる新しいCorona Skyオブジェクトがあります。この新しいCorona Skyオブジェクトを使用すると、複数の環境を設定できます。これらの環境をLightMixで使用すると、1つのレンダーに異なる時刻または異なる照明条件を含めることができます。

Corona Skyオブジェクトには3つのタイプから選択できます。「物理スカイ」はCorona Skyシェーダーを使用し、すべてのパラメーターはSkyオブジェクトにあります。 「単純な色」は、環境に単一の単色を使用します。 HDRI画像を直接読み込む(コロナライトマテリアルは不要)か、ノイズなどのシェーダーを読み込んで環境として使用できる「シェーダー/ HDRI」。

1つの注意点として、同じシーンで複数のSkyオブジェクトを使用する場合、Adaptive Light Solver(以前はNew Light Solverと呼ばれていました)を無効にする必要があります。基本的に、Adaptive Light Solverのスピードブーストと引き換えに、1つのレンダーで複数のライトを設定する自由度を高めます。


デモの更新:以前のバージョンのCinema 4DのCorona Rendererを試して、45日間の試用期間が終了した人はデモ期間が自動的に更新され、全員に14日間の追加期間が与えられます。

体験版をダウンロードする

購入ページへ

Cinema 4D roadmapを見る

詳しい情報はこちらから

 

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました