スポンサー

3ds Max 2020.3 アップデートがリリース!ビューポートの機能強化や Arnold MAXtoA アップデートなど

CGソフト

3ds Max 2020.3 アップデートがリリースされました。

アップデートは、効率、耐久性、精度の向上に重点が置かれています。このリリースでは、最近行われた面取りのアップデート内容がEditablePolyオブジェクトで直接使用できます。新しいビューポートは、Arnold Lights、Arnold Alembic、およびプロシージャルオブジェクトのサポート機能を強化。 ATFインポーターは、視覚的および組織的な精度を高めるためのSketchupおよびJT形式の強化がされています。

以下アップデート内容です。

新機能のハイライト

ATFインポーターの更新

SketchUpファイルのすべての新しいバージョンをサポートするようになりました。

  • JT 10.5ファイルをインポートする機能を追加しました
  • JTインポートのシーン階層の改善
  • CATIA V5-6R2019で作成されたCATIA V4ファイルをインポートする機能
  • エッジの可視性によるSketchUpインポーターの機能強化
  • インポートされたジオメトリのSketchUpインポーター拡張溶接

*注:開発はされていませんが、お客様がカスタムツールとパイプラインを新しいインポーターに移行できるよう、従来のSketchUpインポーターをしばらくサポートし続けます。

面取りとモデリングの改善

3ds Max 2020から3ds Max 2020.3 Updateまでの面取りの強化により、モデラーはより効率的に作業でき、モディファイヤまたはEditablePolyオブジェクトのどちらでも必要なツールを使用できます。

  • 新しい面取りマイタリングタイプ(ラジアルおよびパッチ)がEditablePolyキャディ/ダイアログで利用可能に。
  • 面取りアルゴリズムを更新して、エッジケースをより適切に処理し、全体的に快適なジオメトリを生成し、エッジの平坦化やゆがみなどの縮退を回避しました。
  • Transform Toolboxはワールド単位を使用するようになりました。

ビューポートの機能強化

既存のビューポートによる時間の節約と品質の改善。

  • ビューポートでアーノルドライトがサポートされるようになりました。
  • アーノルドアレンビックとプロシージャルにビューポートリプレゼンテーションが追加されました。
  • Active Shadeにいる間に、Active Shadeを再起動することなくレンダリング設定を変更できるようになりました

Scene courtesy of Turbosquid user CartoonFactory

Arnold MAXtoAアップデート

このアップデートは、Arnold 5.4.0.1 Core、MAXtoAプラグイン、およびArnold GPUベータからのいくつかの改善を提供し、アーティストのワークフローにさらにスピード、パワー、および柔軟性をもたらします。

MAXtoA 3.2.57「in the box」-新しいバージョンが利用できる場合があります。アップグレードについては、3ds Max Arnoldレンダリングダイアログを確認してください。

  • clip_geoシェーダーを公開する
  • shader_overrideノードを公開して、すべてのシーンのシェーダーをオーバーライドします
  • aov_readシェーダーを公開します
  • 背景を持たないオプションを追加しました
  • 法線マップと高さマップのサポート
  • ベイクエレメントの転送

フィット&フィニッシュ

ワークフローをスムーズにするために、さまざまな追加の更新が行われました。

  • PySide2は5.12.4に更新され、Qtバージョンに合わせて不安定性を解決しました。
  • Python開発者がMaxscriptにインポートされたPython APIとプロパティに一貫した結果でアクセスできない問題に対処しました。
  • 以前のバージョンのシーンからの物理カメラは、予期しない動作を引き起こしなくなりました。
  • OSLマップで使用されるビットマップは、以前は他の編集アプリケーションで保存できないようにロックされていました。
  • UnwrapUVW
    ・マテリアルIDの変更時のテクスチャ選択が修正されました。
    ・テクスチャドロップダウンでリセット時にすべてのテクスチャが失われることはなくなりました。
    ・[すべて選択]および[反転]は、非表示または固定のUVを選択しなくなりました。

Forge Design Automation API for 3ds Max

2019年10月28日に、Forge Design Automation V3 APIが公開されました。デザインオートメーションを使用すると、日常的で繰り返しの多い、時間がかかり、エラーが発生しやすいタスクを自動化できます。

  • 3ds MaxのDesign Automation APIを使用して、既存の3ds Maxスクリプトとプラグインを活用する。
  • クラウドでバッチ処理する。
  • エキスパート3ds Maxアーティストは、より意味のある作業に集中できます。
  • Forgeで構築されたカスタムWebツールを使用して、知識の少ないユーザーでもクラウドで3ds Maxのパワーを活用できます
  • ローカルハードウェアリソースとライセンスの必要性が減少します。

詳細については、次のリンクを参照してください Design Automation API Overview と Developer Guide

その他の詳しい情報はリリースノートを確認してください。

リリースノートを見る


3ds Max 2020.3 Feature Updates(area.autodesk.com)

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました